写真

氏名
佐竹 昭泰 (サタケ アキヒロ)
SATAKE Akihiro
所属専攻講座
大学院工学研究院
電気電子工学研究系
職名
助教
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
研究室電話
(日)093-884-3240
研究分野・キーワード
(日)電力工学, 電力応用, 省エネ, 電力利用 , 半導体, 光物性, 分光
(英)
出身大学
  • 東京理科大学  理学部  物理学科

    大学 、 1995年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 筑波大学  物理学研究科  物理学専攻

    博士課程 、 2000年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(理学) (Doctor (Science)) 、 応用物性・結晶工学 (Applied physical properties/crystal engineering) 、 筑波大学 (University of Tsukuba) 、 課程 、 2000年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 電気電子工学研究系 、 助教 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Electrical Engineering and Electronics, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2008.04 -

専門分野(科研費分類)
  • 電力工学・電気機器工学 (Electric power engineering/electric equipment engineering)

  • 物性I (Physical properties I)

  • 応用物性・結晶工学 (Applied physical properties/crystal engineering)

専門分野(ReaD分類)
  • 電力応用一般

  • 電気工学一般

研究経歴
  • 熱放射型冷暖システムの基礎的性能評価 、 2012年04月 ~ 継続中

    電気エネルギー, 省エネ 、 電力工学・電気機器工学 、 電気工学一般 、 国内共同研究 、 (選択しない)

  • GaN系青緑色発光ダイオードの発光機構 、 2005年04月 ~ 2012年10月

    Emission mechanizm of GaN-based blue and green light-emitting-diodes , 2005.04 - 2012.10

    未設定 、 その他 、 その他 、 未設定 、 (選択しない)

  • InGaAs量子井戸ダイオードにおける超低周波数光電流自己振動の発現機構 、 2005年04月 ~ 2012年10月

    Mechamizm of ultra-low-frequency self-oscillation of photocurrent in InGaAs quantum-well diodes , 2005.04 - 2012.10

    未設定 、 その他 、 その他 、 未設定 、 (選択しない)

  • 複合量子井戸構造における時間分解フォトルミネッセンス 、 2005年04月 ~ 2012年10月

    Time-resolved photoluminescence from in composite quantum well structures , 2005.04 - 2012.10

    未設定 、 その他 、 その他 、 未設定 、 (選択しない)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 A study on suppression of photovoltaic power output fluctuation by using thermal radiative cooling/heating system 、 International Journal of Electrical and Electronic Engineering and Telecommunications 、 8巻 3号 (頁 146 ~ 151) 、 2019年05月 、 Satake A., Jike J., Mitani Y.

    DOI:10.18178/ijeetc.8.3.146-151、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Energy-saving Operation and Optimization of Thermal Comfort in Thermal Radiative Cooling/Heating System 、 Energy Procedia 、 100巻 (頁 452 ~ 458) 、 2016年11月 、 Satake A., Ikegami H., Mitani Y.

    DOI:10.1016/j.egypro.2016.10.201、 国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Monitoring the wide area power system dynamics by phasor measurement units based on campus WAMS strategy 、 IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline) 、 19巻 (頁 2273 ~ 2278) 、 2014年01月 、 Mitani Y., Kudo T., Satake A., Basri K.

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Thermal escape process of photogenerated carriers from GaAs single-quantum-well contained in GaAs/AlAs superlattices 、 Physica E 、 42巻 10号 (頁 2665 ~ 2668) 、 2010年09月 、 A. Satake,T. Tanigawa,Y. Tanaka and K. Fujiwara

    DOI:10.1016/j.physe.2010.02.009、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Anti-Stokes and Stokes photoluminescence in non-uniform GaAs-based quantum wells 、 Physica E 、 42巻 10号 (頁 2658 ~ 2660) 、 2010年09月 、 K. Fujiwara,A. Satake,N. Takata,U. Jahn,E. Luna,and H. T. Grahn

    DOI:10.1016/j.physe.2010.02.028、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • 平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-1 、 その他の会議 (査読無し) 、 2011年11月 、 鹿児島市 、 (In,Ga)N量子井戸ダイオードの発光効率における光生成および電流注入キャリアの相互作用 、 口頭(一般)

  • 平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-6 、 その他の会議 (査読無し) 、 2011年11月 、 鹿児島市 、 青色(In,Ga)N 量子井戸ダイオードの時間分解フォトルミネッセンスの温度依存性 、 口頭(一般)

  • 平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-5 、 その他の会議 (査読無し) 、 2011年11月 、 鹿児島市 、 青色(In,Ga)N 量子井戸ダイオードの時間分解フォトルミネッセンスのバイアス依存性 、 口頭(一般)

  • 平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-4 、 その他の会議 (査読無し) 、 2011年11月 、 鹿児島市 、 非対称二重周期GaAs/AlAs 超格子ダイオードにおける空間的間接シュタルク階段遷移 、 口頭(一般)

  • 平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-3 、 その他の会議 (査読無し) 、 2011年11月 、 鹿児島市 、 GaAs/AlAs 超格子ダイオードのエレクトロルミネッセンスにおけるシュタルク階段遷移 、 口頭(一般)

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2018年度 、 電磁気学演習 、 2018年12月 ~ 2019年03月 、 専任

  • 2018年度 、 電磁気学Ⅲ 、 2018年10月 ~ 2018年12月 、 専任

  • 2017年度 、 電磁気学演習 、 2017年12月 ~ 2018年03月 、 専任

  • 2017年度 、 電気電子工学実験Ⅱ 、 2017年10月 ~ 2018年03月 、 専任

  • 2017年度 、 電気電子工学実験入門 、 2017年04月 ~ 2017年09月 、 専任

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2004年04月 ~ 2007年03月 、 半導体量子構造系におけるキャリア-量子捕獲および離脱機構

    研究課題番号:16360157

2019/09/03 更新