写真

氏名
パンディ シャム スディル (パンディ シャム スディル)
PANDEY Shyam sudhir
所属専攻講座
大学院生命体工学研究科
生体機能応用工学専攻
職名
准教授
生年月日
1967年01月01日
研究室住所
(日)福岡県北九州市若松区ひびきの2-4
(英)2-4 Hibikino,Wakamatsu-ku, Kitakyushu,Fukuoka,808-0196 Japan
研究室電話
(英)+81-93-695-6230
研究室FAX
(英)+81-93-695-6000
ホームページ
http://www.life.kyutech.ac.jp/~hayase/index.html
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日) 色素増感太陽電池,有機エレクtロニクス、光機能性材料の設計、合成及び応用
(英)Dye-Sensitized, Solar Cells, Organic Electronics, Photo-Functional Materials
出身大学院
  • ゴラクプール総合大学  化学研究科

    修士課程 、 1987年03月 、 修了 、 インド

取得学位
  • 博士 (Doctor of Philosophy (Ph.D.)) 、 機能材料・デバイス (Functional materials/device) 、 ゴラクプール総合大学 (NPL New Delhi/Gorakhpur University) 、 論文 、 1997年04月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻 、 准教授 、 2014年04月 ~ 継続中

    Department of Biological Functions Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2014.04 -

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能専攻 、 准教授 、 2012年04月 ~ 2014年03月

    Department of Biological Functions and Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2012.04 - 2014.03

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 、 助教 、 2009年04月 ~ 2012年03月

    Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2009.04 - 2012.03

学外略歴
  • 財団法人福岡県産業・科学技術振興財団 、 研究員 、 2008年04月 ~ 2009年03月

    Fukuoka Industry Science and Technology Foundation , Knowledge Cluster Iniative Researcher , 2008.04 - 2009.03

  • 財団法人北九州産業学術推進機構 、 招聘研究員 、 2003年10月 ~ 2007年03月

    Kitakyushu Foundation for Advancement of Industry, Science and Technology , Invited Researcher , 2003.10 - 2007.03

  • 日本学術振興会九州工業大学 、 特別研究員 、 2001年09月 ~ 2003年09月

    Japan Society for the Promotion of Science , JSPS Fellow , 2001.09 - 2003.09

  • 財団法人福岡県産業・科学技術振興財団 、 博士研究員 、 1998年04月 ~ 2001年03月

    Fukuoka Industry Science and Technology Foundation , Specialized Researecher , 1998.04 - 2001.03

所属学会・委員会
  • International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences 、 2016年12月 、 日本国

    International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences , 2016.12 , JAPAN

  • 9th International Conference on Materials for Advanced Technology (ICMAT-2017) 、 2016年07月 ~ 継続中 、 シンガポール共和国

    9th International Conference on Materials for Advanced Technology (ICMAT-2017) , 2016.07 - , SINGAPORE

専門分野(科研費分類)
  • 構造・機能材料 (Structural/functional materials)

  • 機能物質化学 (Functional material chemistry)

  • 機能材料・デバイス (Functional materials/device)

  • 薄膜・表面界面物性 (Thin film and surface interface physical properties)

  • 構造・機能材料 (Structural/functional materials)

全件表示 >>
論文(2006.4~)
  • 英語 、 Anisotropic charge transport in highly oriented films of semiconducting polymer prepared by ribbon-shaped floating film 、 Applied Physics Letters 112 (12), 123301 (2018). 、 112巻 12号 (頁 123301-1 ~ 123301-5) 、 2018年03月 、 Atul SM Tripathi, Manish Pandey, Shifumi Sadakata, Shuichi Nagamatsu, Wataru Takashima, Shuzi Hayase, Shyam S Pandey

    DOI:https://doi.org/10.1063/1.5000566、 学術雑誌 、 単著

  • 英語 、 Implications of doping and depletion on the switching characteristics in polymer-based organic field-effect transistors 、 Organic Electronics 、 56巻 (頁 152 ~ 158) 、 2018年02月 、 Shashi Tiwari, Manish Pandey, Wataru Takashima, Shuichi Nagamatsu, SK Balasubramanian, Shuzi Hayase, Shyam S Pandey, Rajiv Prakash

    DOI:https://doi.org/10.1016/j.orgel.2018.02.012、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 1. Rapid Formation and Macroscopic Self-Assembly of Liquid-Crystalline, High-Mobility, Semiconducting Thienothiophene 、 Advanced Materials Interfaces 、 5巻 6号 (頁 1700875(1) ~ 1700875(11)) 、 2018年01月 、 Manish Pandey, Ashwathanarayana Gowda, Shuichi Nagamatsu, Sandeep Kumar, Wataru Takashima, Shuzi Hayase, Shyam S. Pandey

    DOI:10.1002/admi.201700875、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Parametric Optimization of Dye-Sensitized Solar Cells Using Far red Sensitizing Dye with Cobalt Electrolyte 、 Journal of Physics: Conference Series 、 924巻 (頁 012001(1) ~ 012001(9)) 、 2017年11月 、 A Pradhan, M Saikiran, G Kapil, S S Pandey, S Hayase

    DOI:https://doi.org/10.1088/1742-6596/924/1/012001、 学術雑誌 、 共著

    論文を表示する

  • 英語 、 Casting Control of Floating-films into Ribbon-shape Structure by modified Dynamic FTM 、 Journal of Physics: Conference Series 、 924巻 1号 (頁 012014(1) ~ 012014(6)) 、 2017年11月 、 Tripathi, M Pandey, S Nagamatsu, SS Pandey, S Hayase, W Takashima

    DOI:https://doi.org/10.1088/1742-6596/924/1/012014、 学術雑誌 、 共著

    論文を表示する

全件表示 >>
学術関係受賞
  • Orientation Characteristics in Ribbon Shaped Floating Thin-Films of Conjugated Polymers Prepared by Dynamic FTM (Orientation Characteristics in Ribbon Shaped Floating Thin-Films of Conjugated Polymers Prepared by Dynamic FTM) 、 2016年12月16日 、 日本国 、 国際学会・会議・シンポジウム等の賞 、 President, 12th International Conference on Naoomolecular Electronics 、 Atul Tripathi*, Manish Pandey, Shyam. S. Pandey, Shuzi Hayase,Wataru Takashima, Shuichi Nagamatsu (Atul Tripathi*, Manish Pandey, Shyam. S. Pandey, Shuzi Hayase,Wataru Takashima, Shuichi Nagamatsu)

  • 亜鉛をアクセプターに使用した有機無機ハイブリット太陽電 ("Organic-Inorganic Hybrid Solar Cells utilizing ZnO" ) 、 2012年06月30日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 48th Kyushu Branch of Chemical Society Japan 、 ○山下大樹, Sandeep K Das, 田中宏樹, 田作優美,尾込裕平, Pandey Sham S1, 吉野賢二, 早瀬 修二. (Yamashita Daiki, Sandeep K. Das, Tanaka Hiroki, Tasaku Yuumi, Ogomi Yuhei, Pandey Shyam S, Yoshino Kenji and Hayase Shuzi)

工業所有権
  • 特許 、 太陽電池用化合物半導体ナノ粒子の作製方法 、 吉野 賢二、早瀬 修二、パンデイ シャム スディル

    出願番号( 2013-185403 、 2013年09月06日 ) 公開番号( 2015-53391 、 2015年03月19日 ) 登録番号( 6281835 、 2018年02月02日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 化合物半導体ナノ粒子による光吸収層の作成方法 、 吉野 賢二、早瀬 修二、シャムSパンディ

    出願番号( 2013-185404 、 2013年09月06日 ) 公開番号( 2015-53392 、 2015年03月19日 ) 登録番号( 6209796 、 2017年09月22日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 フタロシアニン色素並びにフタロシアニン色素を用いた色素増感太陽電池及び光電変換素子 、 早瀬 修二、山口 能弘、シャムSパンディ

    出願番号( 2012-114541 、 2012年05月01日 ) 登録番号( 5906522 、 2016年04月01日 ) 、 新日鐵化学株式会社 、国立大学法人九州工業大学 、 日本国 、

  • 特許 、 スクアリリウム色素及びそれらの色素を用いた色素増感太陽電池、光電変換素子 、 早瀬 修二、山口 能弘、シャムSパンディ

    出願番号( 2012-503122 、 2011年02月28日 ) 登録番号( 5725459 、 2015年04月10日 ) 、 新日鐵化学株式会社 、国立大学法人九州工業大学 、 日本国 、

  • 特許 、 フタロシアニン色素並びにフタロシアニン色素を用いた色素増感太陽電池及び光電変換素子 、 早瀬 修二、山口 能弘、シャムSパンディ

    出願番号( 2012-114540 、 2012年05月18日 ) 登録番号( 5906521 、 2015年04月01日 ) 、 新日鐵化学株式会社 、国立大学法人九州工業大学 、 日本国 、

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • 98th Japan Chemical Society Spring Meeting, Nihon daigaku, Funabashi, Tokyo, March 20- 23, 2018 (98th Japan Chemical Society Spring Meeting, Nihon daigaku, Funabashi, Tokyo, March 20- 23, 2018) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 Synthesis and photophysical characterization of positively charged NIR dyes for dye-sensitized solar cells. (Synthesis and photophysical characterization of positively charged NIR dyes for dye-sensitized solar cells.) 、 口頭(一般)

  • 65th Spring Meeting of Japan Applied Physics Society, Waseda University, Tokyo, March 17-20, 2018 (65th Spring Meeting of Japan Applied Physics Society, Waseda University, Tokyo, March 17-20, 2018) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 Fabrication of PBTTTC14-OTFT by adhering deposition (Fabrication of PBTTTC14-OTFT by adhering deposition) 、 ポスター(一般)

  • 65th Spring Meeting of Japan Applied Physics Society, Waseda University, Tokyo, March 17-20, 2018 (65th Spring Meeting of Japan Applied Physics Society, Waseda University, Tokyo, March 17-20, 2018) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 Large area molecular orientation of conjugated polymers by ribbon-shaped FTM and its implication on anisotropic carrier transport (Large area molecular orientation of conjugated polymers by ribbon-shaped FTM and its implication on anisotropic carrier transport) 、 口頭(一般)

  • 65th Spring Meeting of Japan Applied Physics Society, Waseda University, Tokyo, March 17-20, 2018 (65th Spring Meeting of Japan Applied Physics Society, Waseda University, Tokyo, March 17-20, 2018) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 Molecular weight dependence of anisotropy in the oriented films prepared by dynamic FTM (Molecular weight dependence of anisotropy in the oriented films prepared by dynamic FTM) 、 ポスター(一般)

  • 2nd Asia-Pacific Hybrid Organic Photovoltaic Conference (AP-HOPV 2018), Kitakyushu, Japan Jan. 28-30, 2018 (2nd Asia-Pacific Hybrid Organic Photovoltaic Conference (AP-HOPV 2018), Kitakyushu, Japan Jan. 28-30, 2018 ) 、 国際会議 (査読無し) 、 2018年01月 、 Synthesis and characterization of positively charged NIR dyes for Cobalt electrolyte based dye-sensitized solar cells (Synthesis and characterization of positively charged NIR dyes for Cobalt electrolyte based dye-sensitized solar cells) 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
講演
  • International Conference on Emerging Trends in Chemical Sciences (ICETCS),

    招待講演 、 Fusion of Chemistry and Electricity: Role of Dye-sensitized Solar Cells towards Amicable Solution for Future Energy Challenges 、 DDU Gorakhpur University, Gorakhpur, India 、 2018年02月

  • 5th International Conference on Advanced Nanomaterials and Nanotechnology (ICANN-2017),

    招待講演 、 Prospects and Challenges with the Development of Near Infrared Dyes for Dye-Sensitized Solar Cells 、 IIT-Guwahati, Assam, India 、 2017年12月

  • 4th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES 2016),

    特別講演 、 Mapping of Minimum Energy Barrier for Electron Injection and Dye Regeneration Utilizing Model Squaraine Dyes 、 Kyushu Institute of Technology, Tobata, Kitakyushu 、 2016年12月

  • International Conference on Communications and Computing Systems (ICCCS-2016),

    招待講演 、 Computational Molecular Design of Novel Dyes with Sensitivity in Far-red to Near Infra-red Wavelength Region for Dye-Sensitized Solar Cells 、 DCE, Gurgaon, India 、 2016年09月

  • International Conference on Electrical and Electronic Technology (ICEETech-2016),

    招待講演 、 Next Generation Solar Cells in the Realm of Future Energy Challenges: From Materials Design to Device Architecture 、 University Putra Malaysia, Malaysia 、 2016年08月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 先端電気化学工学 、 2016年06月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 先端電気化学工学 、 2015年04月 ~ 2015年09月 、 専任

  • 2014年度 、 先端電気化学工学 、 2014年10月 ~ 2015年02月 、 専任

  • 2013年度 、 先端電気化学工学 、 2013年10月 ~ 2014年03月 、 専任

  • 2012年度 、 分野横断研修1 、 2012年04月 ~ 2013年03月 、 専任

全件表示 >>
その他教育活動及び特記事項
  • DSSC Coursework 、 2017年10月 ~ 2017年11月

  • Hands on Training cum workshop 、 2017年10月 ~ 2017年11月

  • Special English Classes for the students partcipated under global mind program 、 2017年06月 ~ 2017年08月

  • DSSC Work-shop 、 2016年12月

  • DSSC Course-Work 、 2016年10月 ~ 2016年11月

全件表示 >>
学内委員会等
  • 広報・学生募集部会 、 2016年04月 ~ 継続中

  • 若松地区安全衛生委員会 、 2016年04月 ~ 継続中

  • Campus Harrasment 、 2015年04月 ~ 継続中

  • Homepage WG 、 2013年04月 ~ 継続中

  • 留学生。国際対応部会 、 2013年04月 ~ 継続中

全件表示 >>
学会・委員会等活動
  • Material Research Society, Japan 、 セッソン企画実行員、座長と発表 、 2017年12月

  • 9th International Conference on Materials for Advanced Technology (ICMAT-2017) 、 Session Organizer (Session-F), Session Chair (Session F-02) and Oral Presenter 、 2017年06月

  • Material Research Society, Japan 、 セッソン企画実行員、座長と発表 、 2016年12月

  • International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences 、 Executive Committee Member and Research Presentation 、 2016年12月

  • International Conference on Nanomolecular Electronics (ICNME) 、 国際学会ICNME-2016に実行委員役目,座長と学会の特集雑誌Nanoscale Research Letters (NRL)のLead Guest Editor 、 2016年12月

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • Special RD Memorial Lecture 、 2018年02月

  • Special invited course Lecture at IIT-Indore, India 、 2017年12月

  • Special lecture in English at Kitakyushu National College of Technology 、 2017年05月

  • Tutorial on Prospects and Challenges with Semi-transparent and Colorful Next Generation Solar cells 、 2016年08月

  • Special Class in English in Kitakyushu National College of Technology 、 2016年06月

全件表示 >>
共同研究実施実績
  • ナノデバイスおよび電子デバイスの高機能化に向けた有機材料の形態制御 、 2011年06月 ~ 2013年03月 、 国際共同研究

  • 色素増感太陽電池の近赤外/赤外領域の高効率化のための色素/酸化物半導体ナノ構造のデザイン、解析、および作製による実証 、 2010年10月 ~ 2013年03月 、 国際共同研究

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(C) 、 2018年04月 ~ 2021年03月 、 論理的分子設計により、効率的光電変換出来る近赤外色素の安定性を解明

    Enhancing the stability and efficiency of dye-sensitized solar cells (DSSCs) are currently
    the intriguing concerns in the materials scientific community, which is expected to
    accelerate the possibility of commercialization of DSSCs. To achieve the goal of high
    efficiency and stable DSSCs, applicant would like challenge the following issues:
    1. Proposal of novel molecular framework for NIR sensitive dyes having very high
    stability and efficient photosensitization.
    2. Implementation of combined experimental and theoretical (Q.C. Calculations)
    approaches in order to select the potential candidates and verify their potentialities.
    3. To investigate and understand the implication of molecular design on the differential
    photosensitization by transient photodynamics.

  • 基盤研究(C) 、 2014年04月 ~ 2017年03月 、 低電荷注入障壁に着目した近赤外領域に高い光電変換効率を持つ色素に関する研究

    研究課題番号:26410206
    Aim of this proposal is to find out and propose the most suitable dye molecular frameworks with sharp and intense absorption and efficient photon harvesting in the in the higher wavelength (600-900 nm) regions. In order to attain this targeted goal, logical efforts will be directed towards the identification of limiting factors like minimum energy barrier for efficient electron injection and dye regeneration for dye-sensitized solar cells.

2018/06/06 更新