写真

氏名
畠中 清史 (ハタケナカ キヨシ)
HATAKENAKA Kiyoshi
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
知的システム工学研究系
職名
講師
取得学位
  • 博士(工学) (Doctor of Engineering) 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー (Design engineering, machine functional elements/tribology) 、 東京大学 (The University of Tokyo) 、 課程 、 1998年09月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系 、 講師 、 2019年04月 ~ 継続中

    Department of Intelligent and Control Systems, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Lecturer, 2019.04 -

  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 機械情報工学研究系 、 講師 、 2008年04月 ~ 2019年03月

    Department of Mechanical Information Science and Technology, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Lecturer, 2008.04 - 2019.03

専門分野(科研費分類)
  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー (Design engineering, machine functional elements/tribology)

論文(2006.4~)
  • 日本語 、 ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル 、 トライボロジスト 、 63巻 5号 (頁 360 ~ 367) 、 2018年05月 、 畠中 清史, 馬場 祥孝, 亀山 裕樹

    A New THL Model for High Accuracy of Predicted Journal Surface Temperature , JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS , vol.63 (5) (p.360 - 367) , 2018.05 , HATAKENAKA Kiyoshi, BABA Yoshitaka, KAMEYAMA Yuki

    DOI:10.18914/tribologist.17-00024、 学術雑誌 、 共著

    論文を表示する

  • 日本語 、 新しい熱伝達モデルを組み込んだ熱流体潤滑モデル 、 トライボロジスト 、 63巻 4号 (頁 294 ~ 302) 、 2018年04月 、 畠中 清史

    A New THL Model with Non-Traditional Heat Transfer Model Incorporated , JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS , vol.63 (4) (p.294 - 302) , 2018.04 , HATAKENAKA Kiyoshi

    DOI:10.18914/tribologist.17-00022、 学術雑誌 、 単著

  • 日本語 、 k-εモデルに基づくティルティングパッドジャーナル軸受の乱流熱流体潤滑性能解析および実測値との比較 、 日本機械学会論文集 、 81巻 829号 (頁 15-00253 ~ ) 、 2015年09月 、 畠中清史

    A new turbulent thermohydrodynamic performance analysis of tilting pad journal bearing based on a k-ε model and comparison with measurements (in Japanese) , Transactions of the JSME (in Japanese) , vol.81 (829) (p.15-00253 - ) , 2015.09 , Kiyoshi HATAKENAKA

    DOI:10.1299/transjsme.15-00253、 学術雑誌 、 単著

  • 日本語 、 バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼすトップフォイルの浮上および取付状態の影響(第2報:軸受設計変数に関する広範な調査) 、 日本機械学会論文集 、 77巻 777号 (頁 1866 ~ 1878) 、 2011年05月 、 畠中清史,道田大樹,橋元洋人

    学術雑誌 、 共著 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 日本語 、 バンプフォイル軸受の理論安定限界速度とホワール比(第2報) 、 トライボロジスト 、 55巻 8号 (頁 585 ~ 591) 、 2010年08月 、 畠中清史,生島大喜,道田大樹

    学術雑誌 、 共著 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • トライボロジー会議2019春 東京 、 その他の会議 (査読有り) 、 2019年05月 、 日本 東京 、 動圧型空気フォイル軸受の流体潤滑特性 、 口頭(一般)

  • トライボロジー会議2019春 東京 、 その他の会議 (査読有り) 、 2019年05月 、 日本 東京 、 ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル 、 口頭(一般)

  • 日本機械学会九州支部第72期総会講演会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2019年03月 、 福岡県北九州市 、 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する実験的研究 - 実験装置の開発 - 、 口頭(一般)

  • 日本機械学会九州学生会第50回卒業研究発表講演会論文集 、 その他の会議 (査読無し) 、 2019年03月 、 佐賀県佐賀市 、 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する実験的研究 - 実験装置の設計 - 、 口頭(一般)

  • 日本機械学会九州学生会第49回卒業研究発表講演会論文集 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 大分県大分市 、 大型低速回転機械に対する動圧ジャーナル軸受の適用可能性 -遊星歯車の公転を考慮した過渡解析 - 、 口頭(一般)

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2018年度 、 トライボロジー特論 、 2018年12月 ~ 2019年03月 、 専任

  • 2018年度 、 解析Ⅱ 、 2018年12月 ~ 2019年03月 、 専任

  • 2018年度 、 機械数学 、 2018年10月 ~ 2018年12月 、 専任

  • 2018年度 、 解析Ⅰ・同演習 、 2018年06月 ~ 2018年09月 、 専任

  • 2017年度 、 トライボロジー特論 、 2017年12月 ~ 2018年03月 、 専任

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 若手研究(B) 、 2002年04月 ~ 2004年03月 、 超高速浮動ブッシュ軸受に関する研究

    研究課題番号:14750101

2019/06/07 更新