写真

氏名
松田 健次 (マツダ ケンジ)
MATSUDA Kenji
所属専攻講座
大学院工学研究院
機械知能工学研究系
職名
教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)トライボロジー、コーティング、硬さ試験,粗さ
(英)Tribology, Coatings, Hardness Testing, Roughness
出身大学
  • 九州大学  工学部  機械工学

    大学 、 1985年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 九州大学  工学研究科  機械工学

    博士課程 、 1990年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 工学博士 (Doctor of Engineering) 、 機械材料・材料力学 (Machine material/material mechanics) 、 九州大学 (Kyushu University) 、 課程 、 1990年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 機械知能工学研究系 、 教授 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Mechanical and Control Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2008.04 -

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Real contact area and friction property of rubber with two-dimensional regular wavy surface 、 Tribology International 、 93巻 (頁 523 ~ 529) 、 2016年01月 、 Kenji Matsuda,Daisuke Hashimoto,Kenya Nakamura

    DOI:10.1016/j.triboint.2014.11.011、 学術雑誌 、 「アイディア」,「研究の組立て」,「論文の仕上げ」 、 共著 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 英語 、 Deformation of Rough Surfaces in Point EHL Contacts 、 Tribology Letters 、 67巻 2号 、 2019年06月 、 Krupka I., Hartl M., Matsuda K., Nishikawa H., Wang J., Guo F., Yang P., Kaneta M.

    DOI:10.1007/s11249-019-1145-z、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Effect of specimen thickness on growth of real contact area of rubber with two-dimensional regular wavy surface 、 Tribology International 、 124巻 (頁 184 ~ 194) 、 2018年08月 、 Matsuda K., Mori S., Hatanaka A., Sunahara T., Nakamura K.

    DOI:10.1016/j.triboint.2018.02.010、 学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 空隙閉鎖に及ぼす応力因子の影響:―大型鋼塊の空隙閉鎖に関する研究 第3報― 、 塑性と加工 、 2018年08月 、 毛利 健吾, 有馬 猛, 福谷 理明, 松田 健次

    学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中における摩擦摩耗特性に及ぼす硫黄対モリブデン組成比の影響 、 材料 、 66巻 9号 (頁 675 ~ 681) 、 2017年09月 、 Matsuzaki K., Sasaki I., Sunahara K., Ikeda M., Matsuda K.

    Effect of Sulfur to Molybdenum Composition Ratio on Friction and Wear Characteristics in Air of Sputtered Molybdenum Disulfide Films , Journal of the Society of Materials Science, Japan , vol.66 (9) (p.675 - 681) , 2017.09 , MATSUZAKI Kazunari, SASAKI Iwao, SUNAHARA Kenji, IKEDA Michiaki, MATSUDA Kenji

    DOI:10.2472/jsms.66.675、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 トライボロジー設計マニュアル(共著) 、 株式会社テクノシステム 、 2015年05月 、 似内昭夫他

    Tribology Design Manual , Technosystem Co.,Ltd. , 2015.05 , Akio Nitanai, et. al.

    単行本(学術書) 、 第1章 第3節 固体接触理論(pp.15~26) 、 共著 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

総説・解説記事
  • 日本語 、 ビッカース硬さ試験を利用した表面被覆材の機械的特性評価法 、 株式会社 新樹社 、 月刊トライボロジー 、 31巻 8号 (頁 14 ~ 17) 、 2017年08月 、 松田 健次

    Evaluation Method for Mechanical Properties of Coatings using Vickers Hardness Test , Shinjusha , vol.31 (8) (p.14 - 17) , 2017.08 , Kenji MATSUDA

    商業雑誌 、 全体 、 単著 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 日本語 、 九州学生会の活動(学生会だより) 、 一般社団法人日本機械学会 、 日本機械学會誌 、 119巻 1168号 、 2016年03月 、 松田 健次

    学会誌 、 単著

  • 日本語 、 表面接触理論とテクスチャ ―ランダム粗さと規則性凹凸面―(共著) 、 日本トライボロジー学会 、 トライボロジスト 、 60巻 3号 (頁 171 ~ 176) 、 2015年03月 、 松田 健次,中村 研八

    Theory of Contact and Texture - Random Rough Surface and Regular Wavy Surface -,"jointly worked" , Japanese Society of Tribologists , Journal of Japanese Society of Tribologists , vol.60 (3) (p.171 - 176) , 2015.03 , Kenji MATSUDA,Kenya NAKAMURA

    学術雑誌 、 全体 、 共著 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 日本語 、 Theory of contact and texture - Random rough surface and regular wavy surface 、 Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists 、 Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists 、 60巻 3号 (頁 171 ~ 176) 、 2015年01月 、 Matsuda K., Nakamura K.

    学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 九州工業大学 トライボロジー研究室 、 一般社団法人 日本トライボロジー学会 、 トライボロジスト 、 60巻 7号 (頁 451 ~ 452) 、 2015年01月 、 松田 健次

    Tribology Laboratory, Kyushu Institute of Technology , Japanese Society of Tribologists , JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS , vol.60 (7) (p.451 - 452) , 2015.01 , MATSUDA Kenji

    DOI:10.18914/tribologist.60.07_451、 学術雑誌 、 単著

全件表示 >>
学術関係受賞
  • 日本トライボロジー学会論文賞 、 2013年05月21日 、 日本国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 日本トライボロジー学会 、 松田健次,奥田洋三,中村研八

  • 日本トライボロジー学会論文賞 、 2014年05月20日 、 日本国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 日本トライボロジー学会 、 砂原賢治,石田雄二,山下慎次,山本正治,大野信義,西川宏志,松田健次,兼田 楨宏 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

研究発表(2006.4~)
  • 41st LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY (41st LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY) 、 国際会議 (査読無し) 、 2014年09月 、 Leeds, UK 、 Real Contact Area and Friction Property of Rubber with Two-Dimensional Regular (Real Contact Area and Friction Property of Rubber with Two-Dimensional Regular) 、 口頭(一般) 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • Fifth International Indentation Workshop (Fifth International Indentation Workshop) 、 国際会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 Dallas, USA 、 Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Pyramidal Indenter – Effect of Reducing the Impact Force on Restitution Coefficient (Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Pyramidal Indenter - Effect of Reducing the Impact Force on Restitution Coefficient) 、 口頭(一般) 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 44th LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY (44th LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY) 、 国際会議 (査読無し) 、 2017年09月 、 Lyon, France 、 Effect of Specimen Thickness on Growth of Real Contact Area of Rubber with Two-Dimensional Regular Wavy Surface (Effect of Specimen Thickness on Growth of Real Contact Area of Rubber with Two-Dimensional Regular Wavy Surface) 、 口頭(一般) 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 6th International Indentation Workshop (6th International Indentation Workshop) 、 国際会議 (査読無し) 、 2018年07月 、 札幌,日本 、 Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Pyramidal Indenter - Effect of Substrate on Restitution Coefficient of Coatings - (Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Pyramidal Indenter - Effect of Substrate on Restitution Coefficient of Coatings - ) 、 口頭(一般) 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • トライボロジー会議 2018 秋 伊勢 (Proceedings of JAST Tribology Conference Ise, November 2018) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年11月 、 伊勢 、 潤滑面の反発係数に及ぼすハンマ先端の対面角の影響 (Effect of Apex Angle of Hammer Tip on the Restitution Coefficient of Lubricated Surface ) 、 口頭(一般) 、 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

全件表示 >>
講演
  • 第28回⽇本MRS年次⼤会,

    招待講演 、 規則性凹凸⾯が全⾯接触に⾄るまでの 真実接触⾯積の追跡 、 北九州 、 2018年12月

  • 第61期第3回固体潤滑研究会,

    招待講演 、 規則性凹凸面の真実接触面積と摩擦特性 、 宇部,山口 、 2016年12月

  • 平成25年度第1回高分子材料のトライボロジー研究会,

    招待講演 、 全面接触に至るまでの真実接触面積の追跡 -ゴムを用いた大気圧および減圧下における二次元規則性凹凸面の検討- 、 東京 、 2013年07月

  • 「中国四国機素潤滑設計技術研究会」第58 回,「中国四国支部MD&T 研究会」第56 回,「中国四国地区における先端機械要素・トライボロジー技術に関する研究調査分科会」第4 回例会,

    招待講演 、 反発硬さ試験の新しい展開 、 宇部,山口 、 2013年06月

  • H22年度 技術移転に係わる目利き人材育成プログラム,

    招待講演 、 お口の万歩計「そしゃく回数検出装置」 、 北九州 、 2011年01月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2018年度 、 設計工学Ⅱ 、 2018年10月 ~ 2018年12月 、 専任

  • 2018年度 、 機能表面工学特論 、 2018年06月 ~ 2018年09月 、 専任

  • 2018年度 、 トライボロジー 、 2018年04月 ~ 2018年06月 、 専任

  • 2018年度 、 設計工学Ⅰ 、 2018年04月 ~ 2018年06月 、 専任

  • 2017年度 、 設計工学Ⅱ 、 2017年10月 ~ 2017年12月 、 専任

全件表示 >>
学会・委員会等活動
  • 日本トライボロジー学会 、 理事 、 2012年05月 ~ 2013年05月

  • 日本機械学会 、 九州学生会顧問会長 、 2014年04月 ~ 2015年03月

  • 日本機械学会 、 九州支部福岡東地区 地区長 、 2013年04月 ~ 2014年03月

  • 日本機械学会 、 第69期 商議員 、 2016年04月 ~ 2017年03月

  • 日本機械学会 、 第94期地方第8区 代表会員 、 2016年04月 ~ 2017年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 北九州地域産業人材育成フォーラム(社会人プログラム)テクニカルカレッジ inアイム電機工業(株) 、 2015年03月

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 挑戦的萌芽研究 、 2013年04月 ~ 2015年03月 、 反発硬さ試験法の新しい展開

    研究課題番号:25630039

  • 基盤研究(B) 、 2007年04月 ~ 2009年03月 、 固体潤滑膜の大気中でのすべり摩耗機構に関する研究

    研究課題番号:19360076

  • 基盤研究(B) 、 2004年04月 ~ 2006年03月 、 接触腐食防止と結合層強化による真空大気両環境対応固体潤滑膜の研究

    研究課題番号:16360081

  • 奨励研究(A) 、 1998年04月 ~ 2000年03月 、 反発硬度試験を利用した皮膜の付着強度評価に関する研究

    研究課題番号:10750108

  • 奨励研究(A) 、 1994年04月 ~ 1995年03月 、 表面被覆材の機械的性質とトライボロジー特性との関係に関する研究

    研究課題番号:06750150

全件表示 >>

2019/05/07 更新