写真

氏名
村上 直也 (ムラカミ ナオヤ)
MURAKAMI Naoya
所属専攻講座
大学院工学研究院
物質工学研究系
職名
准教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市若松区ひびきの2番4号
(英)2-4 Hibikino, Wakamatsu-ku, Kitakyushu, Fukuoka, 808-0196, Japan
ホームページ
http://www.life.kyutech.ac.jp/~murakami/index.html
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)分光, 光触媒, 太陽電池
(英)Spectroscopy, Photocatalyst, Photovoltaic Cell
出身大学
  • 大阪大学  基礎工学部  電子物理科学科

    大学 、 2002年03月 、 飛び級 、 日本国

出身大学院
  • 大阪大学  基礎工学研究科  物理系

    修士課程 、 2004年03月 、 修了 、 日本国

  • 北海道大学  地球環境科学研究科  物質環境科学

    博士課程 、 2007年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(地球環境科学) (Doctor(Environmental Earth Science)) 、 未入力 (Other) 、 北海道大学 (Hokkaido University) 、 課程 、 2007年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 物質工学研究系 、 准教授 、 2012年11月 ~ 継続中

    Department of Materials Science, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2012.11 -

所属学会・委員会
  • 応用物理学会 、 2008年04月 ~ 継続中 、 日本国

  • 電気化学会 、 2008年03月 ~ 継続中 、 日本国

  • 触媒学会 、 2005年03月 ~ 継続中 、 日本国

  • 日本化学会 、 2005年03月 ~ 継続中 、 日本国

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Photoacoustic Fourier Transform Near- and Mid-Infrared Spectroscopy for Measurement of Energy Levels of Electron Trapping Sites in Titanium(IV) Oxide Photocatalyst Powders 、 Journal of Physical Chemistry C 、 123巻 19号 (頁 12169 ~ 12175) 、 2019年05月 、 Shinoda T., Murakami N.

    DOI:10.1021/acs.jpcc.9b02876、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Contribution of Discharge Excited Atomic N, N2*, and N2+ to a Plasma/Liquid Interfacial Reaction as Suggested by Quantitative Analysis 、 ChemPhysChem 、 20巻 (頁 1467 ~ 1474) 、 2019年01月 、 Sakakura T., Murakami N., Takatsuji Y., Morimoto M., Haruyama T.

    DOI:10.1002/cphc.201900212、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Operando Analysis of Electron Accumulation in Titanium(IV) Oxide Particles in an Aqueous Suspension Using a Photoacoustic Spectroscopic Method 、 Journal of Physical Chemistry C 、 123巻 1号 (頁 222 ~ 226) 、 2018年12月 、 Murakami N., Shinoda T.

    DOI:10.1021/acs.jpcc.8b10566、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Mid-infrared absorption of trapped electrons in titanium(IV) oxide particles using a photoacoustic FTIR technique 、 Physical Chemistry Chemical Physics 、 20巻 38号 (頁 24519 ~ 24522) 、 2018年09月 、 Murakami N., Shinoda T.

    DOI:10.1039/c8cp04885a、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Reversed double-beam photoacoustic spectroscopy of metal-oxide powders for estimation of their energy-resolved distribution of electron traps and electronic-band structure 、 Electrochimica Acta 、 264巻 (頁 83 ~ 90) 、 2018年02月 、 Nitta A., Takashima M., Murakami N., Takase M., Ohtani B.

    DOI:10.1016/j.electacta.2017.12.160、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 ルチルTiO2単結晶 、 触媒調製ハンドブック 、 2011年04月 、 村上直也,横野照尚

    単行本(学術書) 、 共著

総説・解説記事
  • 日本語 、 光音響分光法による光触媒反応にともなう反応熱の測定 、 日本興業出版 、 光アライアンス 、 28巻 3号 (頁 16 ~ 19) 、 2017年03月 、 村上直也

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 注目の論文:多核金属分子による人工光合成 、 化学同人 、 月刊化学 、 70巻 (頁 63 ~ 64) 、 2015年01月 、 村上直也

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 光音響分光法による半導体光触媒の評価 、 触媒学会 、 触媒 、 55巻 3号 (頁 172 ~ 177) 、 2013年05月 、 村上直也

    学会誌 、 単著

  • 日本語 、 ナノ構造制御による酸化チタン光触媒反応場の分離 、 電気化学会 、 Electrochemistry 、 81巻 (頁 103 ~ 107) 、 2013年02月 、 村上直也,横野照尚

    学会誌 、 共著

  • 日本語 、 高指数結晶面の形成による金属ナノ粒子触媒の高活性化 、 触媒学会 、 触媒 、 53巻 4号 (頁 259) 、 2011年06月 、 村上直也

    学会誌 、 単著

全件表示 >>
学術関係受賞
  • Honda-Fujishima Prize (Honda-Fujishima Prize) 、 2011年03月30日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 光電気化学研究懇談会 、 村上直也

  • The 18th International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy, Best Poster Award (The 18th International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy, Best Poster Award) 、 2010年07月30日 、 日本国 、 国際学会・会議・シンポジウム等の賞 、 未設定 、 Naoya Murakami,Teruhisa Ohno (Naoya Murakami,Teruhisa Ohno)

研究発表(2006.4~)
  • 第55回化学関連支部合同九州大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年06月 、 半導体光電極の光吸収と光電流の同時測定法の開発 、 ポスター(一般)

  • 第55回化学関連支部合同九州大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年06月 、 二酸化チタン粉末の欠陥準位に由来する赤外吸収の光音響解析 、 ポスター(一般)

  • 日本化学会第98春季年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 二重励起赤外光音響分光法による二酸化チタンの欠陥準位の解析 、 ポスター(一般)

  • 日本化学会第98春季年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 光音響効果を利用した酸化タングステン(VI)光電極の内部量子効率測定 、 ポスター(一般)

  • 化学工学会第83年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2018年03月 、 活性化窒素気相/水相の相界面反応場における無触媒アンモニア合成 、 口頭(一般)

全件表示 >>
講演
  • エコテクノ2017、第12回先端エコフィッティング技術研究開発センターワークショップ,

    その他 、 大気活性成分の定量 、 2017年11月

  • 第21回規則性多孔体研究会セミナー,

    招待講演 、 光音響分光法による半導体ナノ粒子の光触媒特性の評価 、 2016年12月

担当授業科目
  • 2018年度 、 物理化学Ⅳ 、 2018年12月 ~ 2019年03月 、 専任

  • 2018年度 、 光機能材料 、 2018年12月 ~ 2019年03月 、 専任

  • 2018年度 、 コンピュータ解析Ⅰ 、 2018年04月 ~ 2018年09月 、 専任

  • 2017年度 、 光機能材料 、 2017年12月 ~ 2018年03月 、 専任

  • 2017年度 、 コンピュータ解析Ⅰ 、 2017年04月 ~ 2017年09月 、 専任

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2018年04月 ~ 2023年03月 、 励起ガス相/水相の相界面反応場を形成する励起ガス成分組成と反応速度の解明

    研究課題番号:18H02015

  • 新学術領域研究 、 2018年04月 ~ 2020年03月 、 光音響分光法を用いた半導体光電極の「真の」量子効率測定システムの開発

    研究課題番号:18H05172

  • 基盤研究(C) 、 2017年04月 ~ 2020年03月 、 二重励起赤外光音響分光法による酸化チタン光触媒微粒子の欠陥準位の解析

    研究課題番号:17K06019

  • 若手研究(B) 、 2012年04月 ~ 2014年03月 、 ナノ表面構造によって光キャリア制御された高性能光触媒粒子の開発

    研究課題番号:24750204

  • 若手研究(B) 、 2010年04月 ~ 2012年03月 、 結晶面選択的金属イオン修飾による反応場分離型光触媒の可視光応答化

    研究課題番号:22750139

その他競争的資金獲得実績
  • 平成21年度シーズ発掘試験 、 2009年04月 ~ 2010年03月 、 ナノ表面複合化技術による可視光応答型光触媒殺菌材料の開発

    独立行政法人 科学技術振興機構

  • 平成21年度シーズ探索助成金 、 2009年04月 ~ 2010年03月 、 斜方蒸着により形成された酸化チタン電子輸送相を有する有機無機ハイブリッド太陽電池の開発

    民間財団等

2019/09/17 更新