写真

氏名
矢田 哲士 (ヤダ テツシ)
YADA Tetsushi
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
生命情報工学研究系
職名
教授
出身大学
  • 九州大学  理学部  生物学科

    大学 、 1988年03月 、 卒業 、 日本国

取得学位
  • 博士(理学) 、 情報学基礎 (Fundamental informatics) 、 東京大学 (The University of Tokyo) 、 論文 、 1998年06月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 情報工学部 、 情報工学部生命情報工学科長 、 2017年04月 ~ 2018年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 、 情報工学研究院生命情報工学研究系長 、 2017年04月 ~ 2018年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院情報工学府 、 情報工学府情報工学専攻長 、 2017年04月 ~ 2018年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院情報工学府 、 情報工学府学際情報工学専攻長・情報システム専攻長 、 2017年04月 ~ 2018年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系 、 教授 、 2013年05月 ~ 継続中

    Department of Bioscience and Bioinformatics, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2013.05 -

学外略歴
  • 京都大学 大学院情報学研究科 、 准教授 、 2007年04月 ~ 2013年04月

  • 京都大学 大学院情報学研究科 、 助教授 、 2003年10月 ~ 2007年03月

  • 東京大学 医科学研究所 、 助教授 、 2001年04月 ~ 2003年09月

  • 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター 、 研究員 、 1999年04月 ~ 2001年03月

  • 株式会社三菱総合研究所 、 研究員 、 1988年04月 ~ 1999年03月

論文(2006.4~)
  • 英語 、 A new computational method to predict transcriptional activity of a DNA sequence from diverse datasets of massively parallel reporter assays 、 Nucleic Acids Research 、 45巻 13号 、 2017年07月 、 Liu Y., Irie T., Yada T., Suzuki Y.

    DOI:10.1093/nar/gkx396、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Estimating optimal sparseness of developmental gene networks using a semiquantitative model' 、 PLoS ONE 、 12巻 4号 、 2017年04月 、 Ichinose N., Yada T., Wada H.

    DOI:10.1371/journal.pone.0176492、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 miRNA-target prediction based on transcriptional regulation. 、 BMC genomics 、 14 Suppl 2巻 、 2013年06月 、 Fujiwara T., Yada T.

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Identification of hundreds of novel UPF1 target transcripts by direct determination of whole transcriptome stability 、 RNA Biology 、 9巻 11号 (頁 1370 ~ 1379) 、 2012年01月 、 Tani H., Tani H., Imamachi N., Salam K., Mizutani R., Ijiri K., Irie T., Yada T., Suzuki Y., Akimitsu N.

    DOI:10.4161/rna.22360、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Large-scale motif discovery using DNA Gray code and equiprobable oligomers 、 Bioinformatics 、 28巻 1号 (頁 25 ~ 31) 、 2012年01月 、 Ichinose N., Yada T., Gotoh O.

    DOI:10.1093/bioinformatics/btr606、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
総説・解説記事
  • 日本語 、 Long Noncoding RNA NEAT0-Dependent SFPQ relocation from promoter region to paraspeckle mediates IL8 expression upon immune stimuli 、 Molecular Cell 、 Molecular Cell 、 54巻 6号 、 2014年06月 、 Imamura K., Imamachi N., Akizuki G., Kumakura M., Kawaguchi A., Nagata K., Kato A., Kawaguchi Y., Sato H., Yoneda M., Kai C., Yada T., Suzuki Y., Yamada T., Ozawa T., Kaneki K., Inoue T., Kobayashi M., Kodama T., Wada Y., Sekimizu K., Akimitsu N.

    DOI:10.0006/j.molcel.2004.06.003、 大学紀要 、 共著

担当授業科目
  • 2016年度 、 科学技術英語Ⅱ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 データヘ゛ースB 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 バイオインフォマティクス特論 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 教育実習 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 解析Ⅰ・演習 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 新学術領域研究 、 2015年04月 ~ 2017年03月 、 次世代シークエンサー解析と情報科学解析で迫る転写調節コードの普遍性と多様性

    研究課題番号:15H01358

  • 新学術領域研究 、 2014年04月 ~ 2016年03月 、 プロモーター配列の情報科学的解体と再構成による遺伝子回路の設計

    研究課題番号:26119717

  • 挑戦的萌芽研究 、 2013年04月 ~ 2016年03月 、 遺伝子のde novo誕生の機序に迫るバイオインフォマティクス研究

    研究課題番号:25640112

2017/11/17 更新