写真

氏名
今給黎 明大 (イマキイレ アキヒロ)
IMAKIIRE Akihiro
所属専攻講座
大学院工学研究院
電気電子工学研究系
職名
助教
研究室住所
(日)北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho, Tobata-ku, Kitakyushu
研究室電話
(日)093-884-3247
(英)+81-93-884-3247
ホームページ
http://www.epsilon.ele.kyutech.ac.jp/main.html
研究分野・キーワード
(日)永久磁石同期電動機,インバータ,電動機制御,非接触給電システム
(英)Permanent Magnet Synchronous Motor, Inverter, Motor Control, Contactless Power Transfer System
出身大学
  • 鹿児島大学  工学部  電気電子工学科

    大学 、 2007年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 鹿児島大学  理工学研究科  博士前期課程電気電子工学専攻

    修士課程 、 2009年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) 、 電力工学・電気機器工学 (Electric power engineering/electric equipment engineering) 、 鹿児島大学 (Kagoshima University) 、 課程 、 2016年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 電気電子工学研究系 、 助教 、 2013年04月 ~ 継続中

    Department of Electrical Engineering and Electronics, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2013.04 -

学外略歴
  • 富士電機株式会社 技術開発本部 製品技術研究所 EVプロジェクト部 、 研究員 、 2011年04月 ~ 2012年09月

  • 富士電機システムズ株式会社 技術開発本部 パワエレ技術センター 共通技術開発部 、 研究員 、 2009年10月 ~ 2011年03月

  • 富士電機アドバンストテクノロジー株式会社 エレクトロニクス技術センターパワエレ機器開発部 、 研究員 、 2009年04月 ~ 2009年09月

所属学会・委員会
  • 産業応用工学会 、 2015年12月 ~ 継続中 、 日本国

  • IEEE 、 2014年03月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

    IEEE , 2014.03 - , UNITED STATES

  • 電気学会 、 2007年04月 ~ 継続中 、 日本国

専門分野(科研費分類)
  • 電力工学・電気機器工学 (Electric power engineering/electric equipment engineering)

専門分野(ReaD分類)
  • 電力機器一般

研究経歴
  • 埋込磁石形同期電動機の等価磁気回路による設計法に関する研究 、 2016年10月 ~ 2018年03月

    磁気回路,有限要素法,埋込磁石形同期電動機,ブリッジ 、 電力工学・電気機器工学 、 電力機器一般 、 個人研究 、 その他の研究制度

  • 走行中に非接触充電可能な無人搬送車用非接触充電装置の研究 、 2015年04月 ~ 継続中

    非接触給電,無人搬送車,インバータ,コンバータ 、 電力工学・電気機器工学 、 電力機器一般 、 未設定 、 科学研究費補助金

  • ハイブリッド自動車向けSiC耐熱モジュール実装技術の研究 、 2014年11月 ~ 継続中

    Niメッキ,高耐熱,SiC,寄生インダクタンス,ハイブリッド自動車 、 電力工学・電気機器工学 、 電子デバイス・電子機器 、 電力機器一般 、 電気・電子部品 、 国内共同研究 、 科学研究費補助金

  • 弱め磁束制御と直流リンク電圧制御を組み合わせた電流可逆チョッパ付PWMインバータ駆動PMモータシステムの研究 、 2013年04月 ~ 2016年03月

    弱め磁束制御,直流リンク電圧制御,電流可逆チョッパ,インバータ,埋込磁石同期モータ 、 電力工学・電気機器工学 、 電力機器一般 、 未設定 、 (選択しない)

  • 半導体チップ温度推定技術に関する研究 、 2011年04月 ~ 2012年03月

    半導体チップ,温度推定,パワーモジュール,ジャンクション温度 、 電力工学・電気機器工学 、 電力応用一般 、 未設定 、 (選択しない)

全件表示 >>
論文(2006.4~)
  • 英語 、 Induction machine with localized voltage unbalance compensation 、 2019 IEEE International Electric Machines and Drives Conference, IEMDC 2019 (頁 1248 ~ 1255) 、 2019年05月 、 Imakiire A., Lipo T.

    DOI:10.1109/IEMDC.2019.8785168、 国際会議proceedings 、 共著

  • 日本語 、 自動車運搬船内電源用の非接触給電システム構成の検討 、 産業応用工学会論文誌 、 7巻 1号 (頁 14 ~ 24) 、 2019年03月 、 今給黎明大,徳永英明,匹田政幸

    Investigation of System Configuration of Wireless Power Transfer System for Power Supply in Pure Car Carrier Ship , vol.7 (1) (p.14 - 24) , 2019.03

    学術雑誌 、 共著 、 電力工学・電気機器工学

  • 英語 、 Electrical Characteristics of Wireless Power Transfer System with Repeating Coil for AGV Considering the Misalignment of Coils 、 Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers 、 6巻 4号 (頁 165 ~ 172) 、 2018年10月 、 Akihiro Imakiire, Hideaki Tokunaga, Akihiro Kawagoe, Masayuki Hikita

    学術雑誌 、 共著 、 電力工学・電気機器工学

  • 英語 、 Development of Packaging Technology for High Temperature Resistant SiC Module of Automobile Application 、 Proceedings - Electronic Components and Technology Conference (頁 1316 ~ 1321) 、 2017年08月 、 Tatsumi K., Inagaki M., Kamei K., Iizuka T., Narimatsu H., Sato N., Shimizu K., Ueda K., Imakire A., Hikita M., Kamimura R., Sugiura K., Tsuruta K., Toda K.

    DOI:10.1109/ECTC.2017.103、 国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Investigation of prototype SiC power module structure for low inductance and high heat operation 、 2017 IEEE International Workshop on Integrated Power Packaging, IWIPP 2017 、 2017年05月 、 Imakiire A., Nakamura K., Tanabe H., Kaisyakuji H., Kubo T., Kozako M., Hikita M.

    DOI:10.1109/IWIPP.2017.7936767、 国際会議proceedings 、 共著

全件表示 >>
学会・委員会等活動
  • 電気学会 、 交流電動機可変速駆動技術の未来動向調査専門委員会 調査専門委員 、 2019年07月 ~ 2021年06月

  • 電気学会 、 平成28年度基礎・材料・共通部門大会実行委員 、 2016年02月 ~ 2016年12月

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 若手研究(B) 、 2019年04月 ~ 2022年03月 、 不平衡電圧補償機能を備えた誘導機の駆動法

    研究課題番号:19K14965
     従来,パワーシステム用途では誘導電動機が電力系統より直接駆動される場合が多く,電力系統で不平衡電圧が生じれば,誘導電動機の停止や故障に至る課題があった。
     本研究の目的は,外部の補償回路を用いずに,小型化・低コスト化を狙い,誘導電動機自体で不平衡電圧の補償を行いながら駆動して誘導電動機の停止や故障の課題を解決できる不平衡電圧補償機能付き誘導電動機を開発することである。高電圧,大容量の外部の補償装置は電力系統の電圧を一括して制御できる利点があるが,サイズが大きく,コストも高く,導入が困難な場合がある。電力系統の電圧の安定を前提とした従来の誘導電動機の設計に対し,あらかじめ電力系統の電圧の不安定を前提とした新しい誘導電動機の設計法を確立し,不平衡電圧に対する新たな対策を提案する。

  • 若手研究(B) 、 2015年04月 ~ 2018年03月 、 走行中に非接触充電可能な自動搬送車用非接触充電装置の開発

    研究課題番号:15K18022
    従来の非接触給電の研究では非接触給電装置と充電対象の電動車両駆動装置は個々に研究が行われており,実際にシステム全体を構築した場合,複雑で高価となる課題がある。
     本研究は,工場生産ラインに用いる自動搬送車を対象に,省エネルギー化,作業工程の高効率化を実現するシンプルで安価な自動搬送車走行中充電システムの提案が目的である。これまでの非接触給電装置の充電効率と電動車両駆動装置の電力変換効率の検討結果を踏まえ,非接触給電装置と電動車両駆動装置を一体化したシステムの設計,試作,実験により,シンプルで安価な走行中充電システムの提案を行う。提案システムは,充電用の一次コイルを工場床に埋設し,自動搬送車は充電スタンドに行く必要がないため,作業工程を止めない。また,電池の充電電流制御に用いる電力変換装置を,PM モータ駆動用の電力変換装置と共用して,シンプルで安価なシステムにできる可能性がある。

2019/09/03 更新