写真

氏名
横野 照尚 (オオノ テルヒサ)
OHNO Teruhisa
所属専攻講座
大学院工学研究院
物質工学研究系
職名
教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
研究室電話
(日)093-884-3318
(英)+81-93-884-3318
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)光触媒、二酸化チタン、可視光応答化、酸化チタンナノチューブ、カーボンナノチューブ、熱電素子、エネルギー変換
(英)photoctalysts, titanium dioxide, visibile light sensitivity, titania nanotube, carbon nanotube, thermoelectric device, Energy conversion
出身大学
  • 九州大学  工学部  合成化学科

    大学 、 1983年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 九州大学  工学研究科  合成化学

    博士課程 、 1988年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 工学博士 (PhD) 、 生体関連化学 (Chemistry related to living body) 、 九州大学 (Kyushu University) 、 課程 、 1988年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 工学部 、 工学部応用化学科長 、 2017年04月 ~ 2018年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院工学府 、 工学府物質工学専攻長 、 2017年04月 ~ 2018年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院工学研究院 物質工学研究系 、 教授 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Materials Science, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2008.04 -

専門分野(科研費分類)
  • ナノ材料・ナノバイオサイエンス (Nano materials/nano bioscience)

  • 環境関連化学 (Environmental chemistry)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Effect of core@shell (Au@Ag) nanostructure on surface plasmon-induced photocatalytic activity under visible light irradiation 、 Applied Catalysis B: Environmental 、 211巻 (頁 11 ~ 17) 、 2017年08月 、 Kamimura S., Kamimura S., Yamashita S., Abe S., Tsubota T., Ohno T., Ohno T.

    DOI:10.1016/j.apcatb.2017.04.028、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Constructing hydrogen bond based melam/WO<inf>3</inf> heterojunction with enhanced visible-light photocatalytic activity 、 Applied Catalysis B: Environmental 、 205巻 (頁 569 ~ 575) 、 2017年05月 、 Jin Z., Jin Z., Zhang Q., Hu L., Chen J., Cheng X., Zeng Y., Zeng Y., Ruan S., Ohno T.

    DOI:10.1016/j.apcatb.2016.12.069、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Improving g-C<inf>3</inf>N<inf>4</inf> photocatalytic performance by hybridizing with Bi<inf>2</inf>O<inf>2</inf>CO<inf>3</inf> nanosheets 、 Catalysis Today 、 284巻 (頁 27 ~ 36) 、 2017年04月 、 Zhang Q., Zhang Q., Xu B., Xu B., Xu B., Yuan S., Yuan S., Zhang M., Zhang M., Ohno T., Ohno T.

    DOI:10.1016/j.cattod.2016.10.027、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Trapping-Induced Enhancement of Photocatalytic Activity on Brookite TiO<inf>2</inf> Powders: Comparison with Anatase and Rutile TiO<inf>2</inf> Powders 、 ACS Catalysis 、 7巻 4号 (頁 2644 ~ 2651) 、 2017年04月 、 Vequizo J., Matsunaga H., Ishiku T., Kamimura S., Ohno T., Yamakata A., Yamakata A.

    DOI:10.1021/acscatal.7b00131、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Synthesis and photocatalytic performance of yttrium-doped CeO<inf>2</inf> with a hollow sphere structure 、 Catalysis Today 、 281巻 (頁 135 ~ 143) 、 2017年03月 、 Xu B., Xu B., Xu B., Zhang Q., Zhang Q., Yuan S., Yuan S., Liu S., Zhang M., Zhang M., Ohno T., Ohno T., Ohno T., Ohno T.

    DOI:10.1016/j.cattod.2016.06.049、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 英語 、 Controlled Nanofabrication: Advances and Applications 、 Pan Stanford Publishing Pte. Ltd., Singapore 、 2012年07月 、 Teruhisa Ohno

    Controlled Nanofabrication: Advances and Applications , Pan Stanford Publishing Pte. Ltd., Singapore , 2012.07 ,

    単行本(学術書) 、 単著

研究発表(2006.4~)
  • 214th ACS national meeting 、 国際会議 (査読無し) 、 2014年03月 、 Photocatalytic reduction of (CO2) over a hybrid photocatalyst composed of (WO3) and graphitic carbon nitride (g-C3N4) under visible light 、 口頭(招待・特別)

  • The 18th International Conference on Semiconductor Photocatalysis and Solar Energy Conversion (SPASEC-18) 、 国際会議 (査読無し) 、 2013年11月 、 Photocatalytic Reduction of CO2 Using Water Over Morphology Controlled Brookite TiO2 and Nanocomposite Photocatalyst of g-C3N4 and BiVo4 or WO3 、 口頭(招待・特別)

  • Semiconductor Photochemistry (SP4) 、 国際会議 (査読無し) 、 2013年06月 、 Photocatalytic Reduction of CO2 over Morphology Controlled Brookite TiO2 and Nanocomposite Photocatalyst of g-C3N4 and WO3 Without Sacrificial Reagent 、 口頭(招待・特別)

  • STAC-7 Seventh International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics 、 国際会議 (査読無し) 、 2013年06月 、 Photocatalytic Reduction of CO2 over Morphology Controlled Brookite TiO2 or Nanocomposite Photocatalyst of g-C3N4 and WO3 under Wide Range of Irradiation Light 、 口頭(招待・特別)

  • International Symposium on Advanced Mesostructured Catalysts and Photocatalysts 、 国際会議 (査読無し) 、 2013年05月 、 Development of High Efficient Hybrid Photocatalysts for Environmental Cleanupunder Visible Light 、 口頭(招待・特別)

全件表示 >>
共同研究希望テーマ
  • 可視光応答型二酸化チタン光触媒を用いた環境浄化システムの開発 (Development of Enviromental clean up by using visible light responsive TiO2 hotocatalyst) 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

担当授業科目
  • 2016年度 、 光触媒機能工学特論 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 物理化学Ⅳ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 応用化学基礎実験 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 物理化学Ⅰ 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 光触媒機能工学特論Ⅱ 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

全件表示 >>
共同研究実施実績
  • 反応サイトが分離された可視光応答型酸化チタン光触媒量産プロセス開発 、 2011年04月 ~ 2012年03月 、 学内共同研究

  • 可視光応答型光触媒の有効性評価 、 2011年08月 ~ 2012年02月 、 国内共同研究

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2009年04月 ~ 2012年03月 、 反応サイトが分離制御された環境浄化用超高感度酸化チタンナノチューブ光触媒の開発

    研究課題番号:21350084

  • 特定領域研究 、 2005年04月 ~ 2007年03月 、 分子認識能を発現する超撥水型ナノ反応場制御二酸化チタン光触媒の創製

    研究課題番号:17029052

  • 基盤研究(B) 、 2003年04月 ~ 2007年03月 、 ナノレベルで表面構造制御された可視光応答型機能集積金属酸化物光触媒の開発

    研究課題番号:15310091

  • 萌芽研究・萌芽的研究 、 2003年04月 ~ 2006年03月 、 遷移金属元素化合物と二酸化チタン光触媒の連携による機能集積ナノ反応場の創製

    研究課題番号:15651045

  • 特定領域研究 、 2003年04月 ~ 2005年03月 、 表面構造制御された可視光応答型硫黄ドープ二酸化チタン光触媒の開発

    研究課題番号:15033240

その他競争的資金獲得実績
  • JST ACT-C 、 2012年10月 ~ 2018年03月 、 CO2の資源化を実現するナノ構造を制御した光触媒電極の構築

    文部科学省

  • JST さきがけ 、 2011年10月 ~ 2015年03月 、 反応サイト分離型ナノコンポジット光触媒を用いたCO2固定化系の構築

    文部科学省

2017/07/10 更新