写真

氏名
松平 和之 (マツヒラ カズユキ)
MATSUHIRA Kazuyuki
所属専攻講座
大学院工学研究院
電気電子工学研究系
職名
准教授
研究分野・キーワード
(日)固体物性、低温、磁性
(英)Solid State Physics, Low Temperature Physics, Magnetism
出身大学
  • 北海道大学  理学部  物理学科

    大学 、 1992年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 北海道大学  理学研究科  物理学専攻

    博士課程 、 1997年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(理学) (Doctor(Science)) 、 物性II (Physical properties II) 、 北海道大学 (Hokkaido University) 、 課程 、 1997年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 電気電子工学研究系 、 准教授 、 2012年07月 ~ 継続中

    Department of Electrical Engineering and Electronics, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2012.07 -

  • 九州工業大学 大学院工学研究院 、 助教 、 2008年04月 ~ 2012年06月

    Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2008.04 - 2012.06

学外略歴
  • 東京大学物性研究所 、 客員所員(准教授) 、 2015年04月 ~ 2016年03月

  • 北海道大学大学院理学研究科 、 助手 、 1999年05月 ~ 2001年03月

  • 日本学術振興会 、 日本学術振興会特別研究員 、 1996年04月 ~ 1998年03月

所属学会・委員会
  • 日本物理学会 、 1993年03月 ~ 継続中 、 日本国

    The Physical Society of Japan , 1993.03 - , JAPAN

  • 電気学会 、 2015年11月 ~ 継続中 、 日本国

    The Institute of Electrical Engineers of Japan , 2015.11 - , JAPAN

  • アメリカ物理学会 、 2016年01月 ~ 2016年12月 、 アメリカ合衆国

    The American Physical Society , 2016.01 - 2016.12 , UNITED STATES

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会 、 2016年04月 ~ 2018年03月 、 日本国

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会 、 2014年04月 ~ 2016年03月 、 日本国

全件表示 >>
専門分野(科研費分類)
  • 固体物理学 (Solid State Physics)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Experimental signature of the attractive Coulomb force between positive and negative magnetic monopoles in spin ice 、 Nature Physics (頁 1 ~ 6) 、 2016年03月 、 C. Paulsen, S.R. Giblin, E. Lhotel, D. Prabhakaran, G. Balakrishnan, K. Matsuhira, S.T. Bramwell

    DOI:10.1038/nphys3704、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Far-from-equilibrium monopole dynamics in spin ice 、 Nature Physics 、 10巻 (頁 135 ~ ) 、 2014年01月 、 C. Paulsen, M. J. Jackson, E. Lhotel, B. Canals, D. Prabhakaran, K. Matsuhira, S. R. Giblin, S. T. Bramwell

    DOI:10.1038/nphys2847、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Giant Magnetoresistance Effect in the Metal–Insulator Transition of Pyrochlore Oxide Nd2Ir2O7 、 Journal of the Physical Society of Japan 、 82巻 2号 (頁 023706 ~ ) 、 2013年01月 、 K. Matsuhira, M. Tokunaga, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, S. Takagi

    DOI:10.7566/JPSJ.82.023706、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Spin Dynamics at Very Low Temperature in Spin Ice Dy2Ti2O7(共著) 、 Journal of the Physical Society of Japan 、 80巻 12号 (頁 123711-1 ~ 123711-4) 、 2011年12月 、 K. Matsuhira, C. Paulsen, E. Lhotel, C. Sekine, Z. Hiroi, S. Takagi

    DOI:10.1143/JPSJ.80.123711、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Metal-insulator Transitions in Pyrochlore Oxides Ln2Ir2O7(共著) 、 Journal of the Physical Society of Japan 、 80巻 9号 (頁 094701-1 ~ 094701-7) 、 2011年09月 、 K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, S. Takagi

    DOI:10.1143/JPSJ.80.094701、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 高圧技術を用いたスクッテルダイト化合物の合成と物性 未来を拓く高圧力セミナーシリーズ(29) 、 日本高圧力学会 、 2004年07月 、 松平和之, 城谷一民, 伊藤英司, 木方邦彦, 滝沢博胤, 関根ちひろ, 清水克哉, 上床美也

    その他 、 充填スクッテルダイトが示す多様な物性ーリン化合物を中心にー (pp.1-8) 、 共著

学術関係受賞
  • 日本物理学会第21回論文賞(2016年) (21th Outstanding Paper Award of the Physical Society of Japan (2016)) 、 2016年03月20日 、 日本国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 日本物理学会 、 松平和之,分島亮,日夏幸雄,高木精志,"Metal–Insulator Transitions in Pyrochlore Oxides Ln2Ir2O7", J. Phys. Soc. Jpn. 80, 094701 (2011). (K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, S. Takagi, Metal-Insulator Transitions in Pyrochlore Oxides Ln2Ir2O7, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 094701 (2011).)

  • 日本物理学会第22回論文賞(2017年) (22th Outstanding Paper Award of the Physical Society of Japan (2017)) 、 2017年03月19日 、 日本国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 日本物理学会 、 門脇広明,土居直弘,青木勇二, 田畑吉計, 佐藤 卓, Jeffrey W. Lynn, 松平和之, 廣井善二,"Observation of Magnetic Monopoles in Spin Ice", J. Phys. Soc. Jpn. 78, 103706 (2009). (Hiroaki Kadowaki, Naohiro Doi, Yuji Aoki, Yoshikazu Tabata, Taku J. Sato, Jeffrey W. Lynn, Kazuyuki Matsuhira, and Zenji Hiroi, Observation of Magnetic Monopoles in Spin Ice, J. Phys. Soc. Jpn. 78, 103706 (2009).)

工業所有権
  • 特許 、 電気伝導性材料およびそれを用いた抵抗温度計 、 松平和之,徳永将史,分島 亮

    出願番号( 2013-93414 、 2013年04月26日 ) 公開番号( W02014/175004A1 、 2014年10月30日 ) 、 国立大学法人九州工業大学,国立大学法人東京大学,国立大学法人北海道大学 、 日本国 、

研究発表(2006.4~)
  • 日本物理学会第71回年次大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2016年03月 、 Effect of Ca-substitution on the magnetic ordered state of (Na1-xCax)2Ir2O7 studied by μSR 、 口頭(一般)

  • 理研シンポジウム:ミュオン科学応用の最先端 (Frontier of the Muon Science Applications) 、 国際会議 (査読無し) 、 2016年02月 、 Magnetic Properties and Carrier Doping Effect in Pyrochlore Iridates Ln2Ir2O7 、 ポスター(一般)

  • Asia-Pacific Workshop (APW)-CEMS Joint Workshop "Highlights of modern condensed matter physics" 、 国際会議 (査読無し) 、 2016年01月 、 µSR Study on the Pyrochlore Iridates R2Ir2O7 (R= Nd, Sm) 、 ポスター(一般)

  • 第121回日本物理学会九州支部例会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年12月 、 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12におけるキャリアドープ効果 、 口頭(一般)

  • 東大物性研短期研究会「スピン系物理の深化と最前線」 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 東京大学物性研究所(柏市) 、 µSR Study on the Pyrochlore Iridates R2Ir2O7 (R= Nd, Sm) 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
共同研究希望テーマ
  • 極低温における磁気冷凍材料の開発 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

  • 微小材料の熱電特性の評価 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

  • 新しい抵抗温度計の開発 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 未設定

講演
  • OIST INTERNATIONAL WORKSHOP ON NOVEL QUANTUM MATERIALS AND PHASES,

    招待講演 、 Metal-Insulator Transitions in Pyrochlore Iridates 、 OIST, Okinawa, Japan 、 2014年05月

  • International Workshop on Frustration and Topology in Condensed Matter Physics,

    招待講演 、 Magnetic Properties of the Pyrochlore Iridates 、 NCKU, Tainan, Taiwan 、 2014年02月

  • 6th International Conference on Highly Frustrated magnetism 2012 ,

    招待講演 、 Metal-Insulator Transition in Pyrochlore Oxide Nd2Ir2O7 、 Hamilton, Canada 、 2012年06月

  • 日本物理学会2016年秋季大会,

    招待講演 、 パイロクロア酸化物Ln2Ir2O7における金属絶縁体転移 、 金沢大学 、 2016年09月

  • 日本物理学会 2013 年秋季大会 シンポジウム「Quantum Spin Ice: Dynamics and Quantum Electrodynamics of Magnetic Monopoles」,

    招待講演 、 Spin Dynamics in Spin Ice 、 徳島大学,日本 、 2013年09月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 電磁気学Ⅲ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 電磁気学演習 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 電子物性基礎論 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 電磁気学演習 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

  • 2015年度 、 電子物性基礎論 、 2015年04月 ~ 2015年09月 、 専任

全件表示 >>
教育活動に関する受賞
  • 平成27年度電気学会九州支部長賞 、 2016年03月 、 電気学会九州支部 、 修士課程2年 前田 賢

学内委員会等
  • 大学院工学府・ 工学部安全環境委員会委員 、 2014年04月 ~ 2016年03月

  • 工学部学生委員会委員 、 2013年04月 ~ 2014年03月

学会・委員会等活動
  • 電気学会 、 九州支部 総務企画幹事 、 2016年05月 ~ 2018年05月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会 、 委員 、 2016年04月 ~ 2018年03月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会 、 委員 、 2014年04月 ~ 2016年03月

  • 電気学会 、 編修専門第3部会委員 、 2017年07月 ~ 2018年06月

  • 電気学会 、 総務会議委員 、 2017年06月 ~ 2018年05月

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2015年04月 ~ 2019年03月 、 パイロクロア型イリジウム酸化物における特異な磁気秩序および輸送特性の研究

    研究課題番号15H03692

  • 基盤研究(C) 、 2011年04月 ~ 2014年03月 、 パイロクロア型イリジウム酸化物における金属絶縁体転移の機構解明

    研究課題番号:23540417

  • 新学術領域研究 、 2009年09月 ~ 2011年03月 、 熱的物性測定による多f電子系におけるcーf混成効果とラットリングの研究

    研究課題番号:21102518

  • 基盤研究(C) 、 2008年04月 ~ 2011年03月 、 多極子秩序を発現させる高い対称性を有する結晶構造を持つf電子系化合物の物質探索

    研究課題番号:20540339

  • 特定領域研究 、 2007年09月 ~ 2012年03月 、 フラストレーションが創る新しい物性 A01班「幾何学的フラストレート磁性体の新奇秩序」

    研究課題番号:19052005

全件表示 >>

2017/07/26 更新