写真

氏名
大村 一郎 (オオムラ イチロウ)
OMURA Ichiro
所属専攻講座
大学院生命体工学研究科
生体機能応用工学専攻
職名
教授
研究室電話
(英)+81-93-695-6037
研究室FAX
(英)+81-93-695-6037
研究分野・キーワード
(日)パワーエレクトロニクス、パワー半導体
(英)Power Electronics, Power Semiconductor Devices
出身大学
  • 大阪大学  理学部  数学科

    大学 、 1985年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 大阪大学  理学系研究科

    修士課程 、 1987年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 工学博士 (Doctor of Engineering) 、 未入力 (Other) 、 スイス連邦工科大学 (Swiss Federal Institute of Technology) 、 論文 、 2001年08月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻 、 教授 、 2017年04月 ~ 継続中

    Department of Biological Functions Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2017.04 -

  • 九州工業大学 大学院工学研究院 電気電子工学研究系 、 教授 、 2008年04月 ~ 2017年03月

    Department of Electrical Engineering and Electronics, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2008.04 - 2017.03

専門分野(科研費分類)
  • パワーエレクトロニクス (Electric power engineering/electric equipment engineering)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Structure-based capacitance modeling and power loss analysis for the latest high-performance slant field-plate trench MOSFET 、 Japanese Journal of Applied Physics 57 、 2018年03月 、 Kenya Kobayashi, Masaki Sudo, Ichiro Omura

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Power Loss Analysis of 60 V Trench Field-Plate MOSFETs utilizing Structure Based Capacitance Model for Automotive Application 、 The 10th International Conference on Integrated Power Electronics Systems (CIPS 2018) 、 2018年03月 、 Kenya Kobayashi, Masaki Sudo, Ichiro Omura

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Current filament monitoring under unclamped inductive switching conditions on real IGBT interconnection 、 The 10th International Conference on Integrated Power Electronics Systems (CIPS 2018) 、 2018年03月 、 M. Tsukuda, T. Arimoto and I. Omura

    国際会議proceedings 、 共著

  • 日本語 、 スケーリングIGBTが拓くパワーエレクトロニクスの新しいパラダイム 、 応用物理 、 2017年11月 、 平本 俊郎, 大村 一郎

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Modelling of the shoot-through phenomenon introduced by the next generation IGBT in inverter applications 、 Microelectronics Reliability 、 66-67巻 (頁 465 ~ 469) 、 2017年09月 、 S. Abe, K. Hasegawa, M. Tsukuda, K. Wada, I. Omura, T. Ninomiya

    学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • 電気学会電子デバイス/半導体電力変換合同研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年11月 、 ダブルパルス試験によるパワーエレクトロニクス機器用 ノイズ計測システムの構築 、 口頭(一般)

  • 電気学会電子デバイス/半導体電力変換合同研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年11月 、 電流分布に基づくパワーモジュールの新しいスクリーニング法の提案 、 口頭(一般)

  • 電気学会電子デバイス/半導体電力変換合同研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年11月 、 パワーモジュール内蔵型インバータ出力電流測定システムの開発 、 口頭(一般)

  • 第64回応用物理学会春季学術講演会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 パシフィコ横浜 、 平行デュアルレーザビーム法による自由キャリアのバルク寿命評価:酸化膜形成による表面パッシベーション効果の評価 、 口頭(一般)

  • 電気学会電子デバイス/半導体電力変換合同研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2016年11月 、 平行デュアルレーザビーム法によるシリコンウェーハのバルクキャリア寿命評価技術 、 口頭(一般)

全件表示 >>
講演
  • 大阪大学大学院:特別講義,

    特別講演 、 「How, What and Why:理系は生き残れるのか」 、 2017年01月

  • 日本機械学会2016年度年次大会「先端技術フォーラム」,

    招待講演 、 パワーデバイスの現状とその応用 、 2016年07月

  • NPERC-J第2回ワークショップ 「グリーンエレクトロニクスの創生を目指して」NPERC-Jが描く2025年のパワーエレクトロニク,

    その他 、 2025 年、先端パワー半導体デバイスが目指すビジョン 、 2015年11月

  • 北九州市環境エレクトロニクス研究所記念ワークショップ,

    その他 、 高度電力化社会を支える次世代パワー半導体の研究 、 2015年10月

  • プラナリゼーション研究会「CMP 技術の基礎を理解するサマーキャンプ 2015」,

    招待講演 、 Power semiconductor device: Past , Present, and the Future パワー半導体の、過去、現在、将来 、 2015年08月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2017年度 、 電気電子計測Ⅱ 、 2018年10月 ~ 2018年12月 、 専任

  • 2017年度 、 電磁気学Ⅳ 、 2018年06月 ~ 2018年09月 、 専任

  • 2016年度 、 半導体デバイス工学特論 、 2018年01月 ~ 2019年02月 、 専任

  • 2017年度 、 電気電子計測Ⅱ 、 2017年10月 ~ 2017年12月 、 専任

  • 2017年度 、 電磁気学Ⅳ 、 2017年06月 ~ 2017年09月 、 専任

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2018年04月 ~ 2021年03月 、 ダイヤモンド・パワーエレクトロニクス:革新的デバイス技術の提案と実証

    研究課題番号:18H01431

  • 基盤研究(B) 、 2010年04月 ~ 2013年03月 、 新原理に基づく革新的シリコン省エネダイオード

    研究課題番号:22360118

2018/12/14 更新