写真

氏名
合田 寛基 (ゴウダ ヒロキ)
GODA Hiroki
所属専攻講座
大学院工学研究院
建設社会工学研究系
職名
准教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
研究室電話
(日)093-884-3122
(英)+81-93-884-3122
研究室FAX
(日)093-884-3122
(英)+81-93-884-3122
ホームページ
http://www.civil.kyutech.ac.jp/pub/goda-h/conken_hp/web-content/home.html
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)ジオポリマー,デジタル画像相関法, アルカリ骨材反応, 脱塩, コンクリート強度, レジンコンクリート
(英)Geopolymer, Digital Image Correlation Method, Alkali Aggregation Reaction, Desalination, Concrete Stress, Resin Concrete
取得学位
  • 博士(工学) (Doctor Eng.) 、 土木材料・施工・建設マネジメント (Civil engineering materials/execution/construction management) 、 九州大学 (Kyushu University) 、 論文 、 2010年02月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 建設社会工学研究系 、 准教授 、 2016年04月 ~ 継続中

    Department of Civil and Architectural Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2016.04 -

所属学会・委員会
  • 土木学会 、 2002年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Japan Society of Civil Engineers , 2002.04 - , JAPAN

  • 日本プレストレストコンクリート工学会 、 2016年04月 ~ 継続中 、 日本国

  • 実験力学会 、 2010年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The Japanese Society for Experimental Mechanics , 2010.04 - , JAPAN

  • 日本コンクリート工学会 、 2002年04月 ~ 継続中 、 日本国

  • 九州橋梁・構造工学研究会 、 2002年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Kyushu Association for Bridge and Structural Engineering , 2002.04 - , JAPAN

専門分野(科研費分類)
  • 土木材料・施工・建設マネジメント (Civil engineering materials/execution/construction management)

専門分野(ReaD分類)
  • 建設材料

論文(2006.4~)
  • 日本語 、 ジオポリマーコンクリートはりの曲げせん断特性 、 コンクリート工学年次論文集 、 39巻 1号 (頁 2089 ~ 2094) 、 2017年06月 、 合田寛基,原田耕司,佐川康貴,西崎丈能

    学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 ジオポリマーコンクリートはりの曲げ耐荷性状に関する基礎的研究 、 コンクリート工学年次論文集 、 39巻 1号 (頁 2095 ~ 1000) 、 2017年06月 、 佐川康貴,太田周,合田寛基,大西俊輔

    学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 ジオポリマーモルタルの化学的侵食への抵抗性 、 土木構造・材料論文集 、 32巻 (頁 151 ~ 158) 、 2017年03月 、 深野雄三,合田寛基,原田耕司,日比野誠

    Resistance to chemical attack of Geopolymer mortar , vol.32 (p.151 - 158) , 2017.03

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 The Effect of Anode Chloride Contents in Macro-Cell Corrosion 、 International Journal of Innovative Science, Engineering & Technology 、 4巻 2号 (頁 333 ~ 340) 、 2017年02月 、 Gaozai Xu,Makoto Hibino,Hiroki Goda,Zhonglu Cao

    学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 静的破砕材の膨張圧特性に関する研究 、 九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集 、 4巻 (頁 124 ~ 128) 、 2016年12月 、 中川太貴,日比野誠,合田寛基

    Expansion characteristics of static smash material , vol.4 (p.124 - 128) , 2016.12

    学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
学術関係受賞
  • 土木学会西部支部技術賞 、 2017年04月22日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 土木学会西部支部 、 耐久性に優れた低炭素型新材料ジオポリマーコンクリートの開発

研究発表(2006.4~)
  • 土木学会西部支部研究発表会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 佐賀大学 、 ジオポリマーの化学的侵食における温度依存性 、 口頭(一般)

  • 土木学会第71回年次学術講演発表会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2016年09月 、 東北大学 、 ジオポリマーコンクリートを用いたRC はりの曲げ挙動 、 口頭(一般)

  • 土木学会第70回年次学術講演発表会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年09月 ~ 2016年09月 、 岡山大学 、 ジオポリマーモルタルの化学的浸食に対する抵抗性 、 口頭(一般)

  • 土木学会第70回年次学術講演発表会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年09月 ~ 2016年09月 、 岡山大学 、 共通試験結果に基づくコンクリートプリズムを用いたASR 加速試験方法に関する考察 、 口頭(一般)

  • Proceedings of ConMat'09 、 その他の会議 (査読有り) 、 2009年08月 、 日本 名古屋 、 The Mechanism of ASR’s rebar fracture evaluated by distribution chart of Vickers hardness and digital image correlation method 、 口頭(一般)

全件表示 >>
共同研究希望テーマ
  • 短繊維コンクリート・超軽量コンクリートのせん断メカニズムに関する研究 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

担当授業科目
  • 2016年度 、 コンクリート構造工学Ⅱ 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 コンクリート構造工学Ⅱ 、 2015年04月 ~ 2015年09月 、 専任

  • 2014年度 、 コンクリート構造工学Ⅱ 、 2014年04月 ~ 2014年08月 、 専任

  • 2013年度 、 コンクリート構造工学Ⅱ 、 2013年04月 ~ 2013年08月 、 専任

  • 2012年度 、 コンクリート構造工学Ⅱ 、 2012年04月 ~ 2012年08月 、 専任

学内委員会等
  • 工学部学生委員会委員 、 2017年04月 ~ 2019年03月

学会・委員会等活動
  • 一般社団法人ツタホルドボク 、 理事 、 2017年05月 ~ 継続中

  • 九州橋梁・構造工学研究会 、 既設道路橋の当初設計再現に関する研究分科会 、 2017年06月 ~ 2019年03月

  • 土木学会 、 亜鉛めっき鉄筋指針改定小委員会 委員 、 2016年02月 ~ 2018年07月

  • 日本コンクリート工学会 、 情報コミュニケーション委員会 委員 、 2015年04月 ~ 2017年06月

  • 九州橋梁・構造工学研究会 、 ツタワルドボク研究分科会,副査 、 2015年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(C) 、 2016年04月 ~ 2019年03月 、 天然資源のサステナビリティーと硫酸土壌環境への適用を想定したジオポリマーの展開

    課題番号:16K06441

  • 基盤研究(B) 、 2016年04月 ~ 継続中 、 アルカリラッピングを適用したASR加速試験法の確立および膨張劣化予測への応用

    16H04389

  • 若手研究(B) 、 2013年04月 ~ 2015年03月 、 光学的全視野計測手法により空間性を考慮したASRの経時的膨張挙動の評価

    研究課題番号:25820193

  • 若手研究(B) 、 2006年04月 ~ 2008年03月 、 非接触全視野ひずみ計測技術を用いたASR劣化によるRC鉄筋破断メカニズムの解明

    研究課題番号:18760338

2017/07/28 更新