写真

氏名
我妻 広明 (ワガツマ ヒロアキ)
WAGATSUMA Hiroaki
所属専攻講座
大学院生命体工学研究科
人間知能システム工学専攻
職名
准教授
ホームページ
http://www.brain.kyutech.ac.jp/~waga/
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)非線形力学, 脳型知能,記憶と情動,社会脳ロボット, 計算論的神経科学, ニューロインフォマティクス,スポーツ・バイオメカニクス, リハビリテーション支援
(英)Nonlinear dynamics, Emergent intelligence, Episodic memory and emotion, Societal robot, Computational neuroscinece, Neuroinformatics, Sport biomechanics, Rehabilitation support
取得学位
  • 博士(理学) 、  非線形システム理論 (Non-linear (hybrid) dynamics ) 、 東京電機大学 (Tokyo Denki University) 、 論文 、 2005年02月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 自動運転・安全運転支援総合研究センター 、 運営委員 、 2014年05月 ~ 継続中

    Kyushu Institute of Technology, Center for Automated and Safe Driving Technology , board member, 2014.05 -

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 、 准教授 、 2014年04月 ~ 継続中

    Department of Human Intelligence Systems, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2014.04 -

  • 九州工業大学 社会ロボット具現化センター 、 構成員(兼任教員) 、 2013年04月 ~ 継続中

    Center for Socio-Robotic Synthesis, Kyushu Institute of Technology, Center for Socio-Robotic Synthesis, interlocking member for teaching and researching, 2013.04 -

  • 九州工業大学 カーロボ連携大学院推進室・知能ロボット教育研究部門 、 部門長 、 2013年02月 ~ 継続中

    Kyushu Institute of Technology, Joint Graduate School in Intelligent Car & Robotics Course, Director, 2013.02 -

  • 九州工業大学 研究戦略室 、 研究戦略室員 、 2012年04月 ~ 継続中

    Research Strategy Office, Kyushu Institute of Technology, member, 2012.04 -

全件表示 >>
学外略歴
  • 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 、 客員研究員 、 2009年10月 ~ 継続中

    RIKEN Brain Science Institute , Visiting Scientist , 2009.10 -

  • 東京工業大学 、 非常勤講師 、 2009年04月 ~ 2009年09月

  • 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 、 シニア研究員 、 2008年04月 ~ 2009年09月

    RIKEN Brain Science Institute , Senior Research Scientist , 2008.04 - 2009.09

  • 独立行政法人理化学研究所 理研BSI-トヨタ連携センター 、 研究員 、 2008年04月 ~ 2009年09月

    RIKEN RIKEN BSI-TOYOTA Collaboration Center , Researcher , 2008.04 - 2009.09

  • 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 、 研究員 、 2003年04月 ~ 2008年03月

    RIKEN Brain Science Institute , Researcher , 2003.04 - 2008.03

全件表示 >>
所属学会・委員会
  • 電子情報通信学会(ソサイエティD  情報・システム) 、 1995年04月 ~ 継続中 、 日本国

    IEICE, Society D , 1995.04 - , JAPAN

  • IEEE Robotics and Automation Society 、 2013年04月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

  • IEEE Systems, Man, and Cybernetics Society 、 2013年04月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

  • 日本神経回路学会 、 1995年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Japanese Neural Network Society , 1995.04 - , JAPAN

  • 人工知能学会 、 2012年07月 ~ 継続中 、 日本国

    The Japanese Society for Artificial Intelligence , 2012.07 - , JAPAN

全件表示 >>
専門分野(科研費分類)
  • 生体生命情報学 (Biological/living body informatics)

  • 感性情報学・ソフトコンピューティング (Sensitivity informatics/soft computing)

  • スポーツ科学 (Sports science)

  • 知能情報学 (Intelligent informatics)

  • 医療社会学 (Medical sociology)

専門分野(ReaD分類)
  • ニューロコンピュータ・その他の計算機

  • システム・制御工学一般

  • ロボット工学

  • 人工知能

  • 知能情報学

全件表示 >>
研究経歴
  • 生体信号解析,スパース表現の数理とその応用に関する研究 、 2013年04月 ~ 継続中

    Bio-medical signal processing, efficient sparse coding and the applications , 2013.04 -

    MCA, 基底関数, 信号処理, ウェーブレット分析 (MCA; UDWT, DCT and other basis functions (filters)) 、 感性情報学・ソフトコンピューティング 、 知能情報学 、 医療社会学 、 数値解析、近似法 、 ニューロコンピュータ・その他の計算機 、 人工知能 、 機関内共同研究 、 受託研究

  • 脳・身体・環境を系とする非線形ダイナミクスからヒントを得た人工知能設計・制御理論・機構設計・リハビリテーション支援機器に関する研究 、 2009年10月 ~ 継続中

    Artificial intelligence, control theory, system design, rehabilitation supports inspired from non-linear dynamics in the brain-body-environment coordination. , 2009.10 -

    力学系, 拘束条件, ダイナミクス, 位相幾何, 解析学, 多様体 (Dynamical system, Multibody dynamics, Topology, Differential equations, Manifold theory) 、 生体生命情報学 、 スポーツ科学 、 知能情報学 、 位相幾何学 、 リハビリテーション 、 医用生体工学・生体材料学 、 国内共同研究 、 共同研究

  • スポーツダイナミクス,神経科学—生体工学融合における数理解析に関する研究 、 2009年10月 ~ 継続中

    Sport dynamics and synergy analysis based on mathematical methods focusing on the non-linearity , 2009.10 -

    弾性体, 偏微分方程式 - 常微分方程式の融合解析 (Elastic materials (such as Carbon fibers), integrative analysis between ordinary and partial differential equations) 、 生体生命情報学 、 スポーツ科学 、 医療社会学 、 計算機シミュレーション 、 リハビリテーション 、 医用生体工学・生体材料学 、 国内共同研究 、 共同研究

  • 大脳海馬神経回路のシータリズム位相コード理論モデルに関する研究 、 2000年04月 ~ 継続中

    Computational neuroscience focusing on theta phase coding in the hippocampus and the application to brain-inspired robotics , 2000.04 -

    海馬位相コード, エピソード記憶, 前頭前野機能連携, 感情の神経基盤(扁桃体との連携) (Hippocampal theta phase coding, Episodic memory, Prefrontral-hippocampal interplay for emergent intelligence, Neuronal basis for emerging emotion, feelings and realistic sensations) 、 生体生命情報学 、 感性情報学・ソフトコンピューティング 、 知能情報学 、 ニューロコンピュータ・その他の計算機 、 知能情報学 、 神経科学一般 、 個人研究 、 科学研究費補助金

  • ニューロインフォマティクス事業の脳情報工学データベースに関する研究 、 2000年04月 ~ 継続中

    Neuroinformatics project; Multi-scale modeling of biological systems including body morphology, brain computation, cellular mechanisms , 2000.04 -

    ニューロインフォマティクス, 計算論的神経科学 (Neuroinformatics, Computational Neuroscience) 、 生体生命情報学 、 感性情報学・ソフトコンピューティング 、 知能情報学 、 神経科学一般 、 計算機シミュレーション 、 知能情報学 、 国際共同研究 、 脳科学研究

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Direction and viewing area-sensitive influence of EOG artifacts revealed in the EEG topographic pattern 、 Cognitive Neurodynamics (頁 1 ~ 14) 、 2016年03月 、 Ai, G., Sato, N., Singh, B., Wagatsuma, H.

    DOI:10.1007/s11571-016-9382-4、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Viewing-Area Sensitive EOG Influences in EEG Topographic Map That Contribute to Ocular Artifact Removals in Future Combined Analyses with Eye-Tracker System 、 ICIC Express Letters, Part B: Applications 、 7巻 、 2016年03月 、 Ai, G., Sato, N., Singh, B., Wagatsuma, H.

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 A determinant analysis to detect the singularity of the extended Theo Jansen mechanism in the phase-rotation-amplitude parameter space 、 Journal of Computer Science & Systems Biology 、 9巻 1号 (頁 010-022) 、 2015年12月 、 Komoda, K., Wagatsuma, H.

    DOI:10.4172/jcsb.1000215、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 A Comparison of Joint Energy for Sit-Stand Motion Generated by Human learned Trajectories and Artificial Trajectories 、 Proceedings of the 19th International Conference of Mechatronics Technology (ICMT-2015) 、 19巻 75号 (頁 1 ~ 6) 、 2015年11月 、 Tripathi, G. N., Wagatsuma, H.

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 PCA Based Algorithms to Find Synergies for Humanoid Robot Motion Behavior 、 International Journal of Humanoid Robotics 、 12巻 3号 (頁 1550037-1--21) 、 2015年09月 、 Tripathi, G.N., Wagatsuma, H.

    DOI:10.1142/S0219843615500371、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 英語 、 Neuromorphic and Brain-Based Robot 、 Cambridge University Press 、 2011年09月 、 1. Krichmar J, Wagatsuma H.

    Neuromorphic and Brain-Based Robot , Cambridge University Press , 2011.09 , 1. Krichmar J, Wagatsuma H.

    単行本(学術書) 、 pp.3-7, 274-302. 、 共編著

  • 英語 、 Information Extraction from the Internet 、 iConcept Press Ltd. 、 2011年08月 、 Dimitrova, M., Wagatsuma, H.

    Information Extraction from the Internet , iConcept Press Ltd. , 2011.08 , Dimitrova, M., Wagatsuma, H.

    単行本(学術書) 、 Chapter 3. Web Agent Design Based on Computational Memory and Brain Research 、 共著

総説・解説記事
  • 日本語 、 人工知能による運転支援・自動運転技術の現状と課題 、 公益社団法人計測自動制御学会 、 計測と制御 、 54巻 11号 (頁 808 ~ 815) 、 2015年11月 、 我妻広明

    Artificial Intelligence for Autonomous Cars and Mobility Services: Trends and Perspectives , Journal of The Society of Instrument and Control Engineers , vol.54 (11) (p.808 - 815) , 2015.11 , Hiroaki Wagatsuma

    DOI:10.11499/sicejl.54.808、 学会誌 、 単著

  • 日本語 、 海馬が担う高次機能とシミュレーション手法の展望 、 社団法人人工知能学会 、 人工知能学会誌 、 30巻 5号 (頁 652 ~ 664) 、 2015年09月 、 我妻広明

    Hippocampal Functions Related with Working Memory and Meta-Cognition and Its Foresight Implementations , vol.30 (5) (p.652 - 664) , 2015.09 , Hiroaki Wagatsuma

    学会誌 、 単著

  • 日本語 、 自律分散制御から知能創発の工学化への視点 、 日本ソフトウェア科学会 、 コンピュータソフトウェア 、 28巻 1号 (頁 2 ~ 20) 、 2011年01月 、 我妻広明

    DOI:10.11309/jssst.28.1_2、 学術雑誌 、 すべて 、 単著

学術関係受賞
  • 日本ソフトウェア科学会 第4回解説論文賞 、 2013年09月12日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 日本ソフトウェア科学会 、 我妻広明

  • 日本神経回路学会 創立記念20周年記念論文 優秀論文賞 、 2009年09月25日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 日本神経回路学会 、 我妻広明

研究発表(2006.4~)
  • INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2008) (INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2008)) 、 国際会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 RIKEN 、 An Ontology-Based Model Search Extended to Deal with Accessibility Issues of Neuroinformatics Metadata with Multidirectional Attributes 、 ポスター(一般)

  • INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2015) (INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2015)) 、 国際会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 RIKEN 、 Cognitive Workloads Depending on Tasks and its Difficulty Levels Revealed on a Portable Electroencephalogram Device 、 ポスター(一般)

  • INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2014) (INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2014)) 、 国際会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 RIKEN 、 Investigation of Cognitive Workload in Distracted Driving with EEG Measurements 、 ポスター(一般)

  • INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2013) (INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2013)) 、 国際会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 RIKEN 、 Driving Distraction Design Based on a Tablet Computer: An Application-Driven Approach 、 ポスター(一般)

  • INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2012) (INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2012)) 、 国際会議 (査読無し) 、 2015年11月 、 RIKEN 、 3D morphology design of the CFRP support device for brain-body coordination prosthetics 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
作品
  • 詩『なまえをつける』 、 2008年12月

    芸術活動

その他研究活動
  • 書評「意識と脳―思考はいかにコード化されるか, スタニスラス・ドゥアンヌ 著」 、2015年08月 ~ 2016年02月

    書評

  • 書評「コンピュータ理論の起源 第1 巻, A. M. チューリング 著」 、2015年03月 ~ 2015年04月

    書評

  • 寄稿「ダイナミクスから知能を考える」 、2012年12月 ~ 2013年01月

    その他

  • 解説記事「脳科学 (brain science)」 、2012年06月 ~ 2012年07月

    その他

  • 書評「生命と情報通信 情報通信技術に生命機能を吹き込む 澤井秀文編著」 、2011年04月 ~ 2011年05月

    書評

共同研究希望テーマ
  • 情動とリズム協調の原理から人と共感する社会脳ロボットの開発 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

  • しなりバイオメカニクスについての研究 、 大学等の研究機関との共同研究を希望する 、 共同研究

  • 自動運転・安全支援技術に関する研究 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

講演
  • The 4th International Conference on Robot Intelligence Technology and Applications (RITA) 2015,

    基調講演 、 Understanding Attention Selection and Working Memory Capacity in Driving and Robot Instruction 、 Bucheon, Korea 、 2015年12月

  • 第23回 汎用人工知能と技術的特異点(AGI: Artificial General Intelligence)輪読会,

    招待講演 、 時間と空間の話:大脳海馬の振動神経回路から身体性まで 、 2015年09月

  • 平成26年度「秋の会」,

    招待講演 、 脳・身体・社会からの着想を手掛かりとした脳情報工学から人間知能システム工学研究へ至る展開と課題 、 九州工業大学情報工学部 、 2014年11月

  • 京都大学応用数学セミナー,

    招待講演 、 脳中枢神経系と末端神経系・筋骨格系間の位相同型を考える〜脳性麻痺児のリハビリ支援とグローバル・エントレインメント再考 〜 、 京都大学 、 2014年02月

  • Symposium on emergent trends in artificial intelligence & robotics,

    招待講演 、 Brain-Inspired Robotics and Nonlinear Dynamics to Build Robots with Sociality and Emotion, Symposium on emergent trends in artificial intelligence & robotics 、 SETINAIR Organizing Committee, Center for Intelligent Technologies, Department of Cybernetics and Artificial Intelligence, TU Kosice 、 2013年09月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 脳型知能創発 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 脳型システム 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 数学基礎2 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 脳型システム 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

  • 2015年度 、 脳型知能創発 、 2015年04月 ~ 2015年09月 、 専任

全件表示 >>
教育活動に関する受賞
  • 平成26年度修士論文 優秀賞 、 2015年03月 、 九州工業大学 、 小路健太(我妻研)

  • Best Poster Award of the 14th POSTECH-KYUTECH Joint Workshop on Neuroinformatics 、 2014年08月 、 Brain Research Center, Postech and Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyutech 、 Shoji, K., Wagatsuma, H.

  • 平成25年度修士論文 優秀賞 、 2014年03月 、 九州工業大学 、 石川琢朗(我妻研)

  • Best Presentation Award of the 13th KYUTECH-POSTECH Joint Workshop on Neuroinformatics 、 2013年08月 、 Brain Research Center, Postech and Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyutech 、 Akaike, S., Wagatsuma, H.

  • Best Presentation Award of the 13th KYUTECH-POSTECH Joint Workshop on Neuroinformatics 、 2013年08月 、 Brain Research Center, Postech and Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyutech 、 Shoji, K., Wagatsuma, H.

全件表示 >>
その他教育活動及び特記事項
  • 授業の形成的評価システムKWMによる教育効果向上 (2016年度脳型知能創発) 、 2016年04月 ~ 2016年06月

  • 授業の形成的評価システムKWMによる教育効果向上 (2015年度脳型知能創発) 、 2015年04月 ~ 2015年06月

  • 授業の形成的評価システムKWMによる教育効果向上 (2014年度 情報工学部 全学科共通科目 脳型システム) 、 2014年11月 ~ 2014年12月

  • 授業の形成的評価システムKWMによる教育効果向上 (2014年度脳型知能創発) 、 2014年06月 ~ 2014年08月

  • 授業の形成的評価システムKWMによる教育効果向上 (2013年度 情報工学部 全学科共通科目 脳型システム) 、 2013年11月 ~ 2013年12月

全件表示 >>
学内委員会等
  • 研究戦略室員 、 2012年04月 ~ 継続中

  • 留学生・海外対応部会委員 、 2012年04月 ~ 継続中

学会・委員会等活動
  • 国際学会 20th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2013) Brain Inspired Systems - Exploring Functional Roles of Brain Dynamics and Implementation of Brain Functions 、 Session Organizer and Chair 、 2013年05月 ~ 2013年11月

  • 国際学会 The 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS2013) Human Assist Intelligent Systems for Mobility, Force Control and Sensations 、 Session Organizer and Chair 、 2013年05月 ~ 2013年11月

  • 神経情報基盤センター Dynamic Brain Platform委員会 、 代表 、 2012年10月 ~ 継続中

  • 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会年会 JWEIN'13 、 プログラム委員長 、 2012年09月 ~ 2015年09月

  • 人工知能学会学会誌編集委員会 、 編集委員 、 2012年06月 ~ 継続中

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 平成26年度小倉工業高等学校文化祭における基調講演 、 2014年12月

  • 第12回北九州学術研究都市ひびきの祭における基調講演 、 2014年11月

受託研究受入実績
  • NEDO 次世代ロボット中核技術開発/次世代人工知能フレームワーク研究・先進中核モジュール研究開発「理論知識型AIとデータ駆動型AIの統合による自動運転用危険予測装置の構築と公道実証」(分担,代表 大屋勝敬) 、 2015年07月 ~ 2017年03月 、 一般受託研究

  • SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)インフラ 維持管理・更新・マネジメント技術/維持管理ロボット・災害対応ロボットの開発「近接目視・打音検査等を用いた飛行ロボットによる点検システムの研究開発」(分担,代表 大屋勝敬) 、 2014年04月 ~ 2017年03月 、 一般受託研究

  • JST研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)トライアル事業可能性調査「高齢者・障がい者等の立ち上がり支援に向けた神経科学・リハビリテーション・ロボット工学の融合による自立生活トータルソリューションの提供 」(分担,代表者 柴田智広)  、 2014年07月 ~ 2014年11月 、 一般受託研究

  • AS2421672K認知運動協調リハビリテーションからヒントを得た弾性体を用いたトイレ動作自立支援機器の開発 、 2013年01月 ~ 2013年12月 、 一般受託研究

  • AS232Z02250Bトイレ動作自立のための認知運動発達支援トレーニングに基づくリハビリ支援機器の開発 、 2012年04月 ~ 2012年07月 、 一般受託研究

全件表示 >>
共同研究実施実績
  • ダイナミックブレインプラットフォーム(PF)の構築 、 2016年04月 ~ 2017年03月 、 国内共同研究

  • ダイナミックブレインプラットフォーム(PF)の構築 、 2015年04月 ~ 2016年03月 、 国内共同研究

  • ダイナミックブレインプラットフォーム(PF)の構築 、 2013年04月 ~ 2015年03月 、 国内共同研究

  • ダイナミックブレインプラットフォーム(PF)の構築 、 2012年04月 ~ 2013年03月 、 国内共同研究

  • ダイナミックブレインプラットフォーム(PF)の構築 、 2010年04月 ~ 2012年03月 、 国内共同研究

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 新学術領域研究 、 2016年04月 ~ 2018年03月 、 脳-身体-環境における動的関係性を扱う情報の時空間階層性:ロボット設計原理の検討

    脳身体の発達過程における手遊びの寄与に注目し,脳-身体-環境における動的関係性を扱う情報の時空間階層性の数理モデルを,非線形振動子系として発振現象の観点から構築し,人-ロボット実験系において視覚・聴覚・触覚・運動感覚等の欠損時に互いに補完し課題達成する相補性を探求し,認知運動発達支援やリハビリテーションへの応用に向かう数理基盤を構築する.

  • 基盤研究(A) 、 2013年04月 ~ 2017年03月 、 群知能型手法と数理モデル化手法を組み合わせた多段マイニングによる農業暗黙知抽出

    研究課題番号:26240032/分担者, 代表者:栗原 聡(電気通信大学・教授)

    本研究では,高付加価値な野菜・果物の生産ノウハウを持つ熟練農家の農作業暗黙知を,農作業従事者の行動や農作物の状態,土壌や気温・天候といった多様なデータから構成されるビッグデータから顕在化し,知的農業システムとしてパッケージ化することを目的とする.そのために,農作業現場(圃場)でのセンシング基盤,並びにビッグデータ収集基盤を構築する.また,農作業暗黙知を抽出するために,ビックデータから複雑な因果関係を発見するための「群知能型因果関係抽出法」と,抽出された因果関係を生物学的知見に基づいて数理モデル化する「数理的暗黙知モデリング法」を創出する.さらに,抽出された暗黙知を熟練農家や農業試験場にて具体的な検証を行ってその正当性を評価する.

  • 萌芽研究・萌芽的研究 、 2013年04月 ~ 2016年03月 、 加速度計を用いた車いす利用者のスポーツ活動中の活動量測定法開発のための基礎的研究

    研究課題番号:25560326/分担者,代表者:橘 香織(茨城県立医療大学・保健医療学部・准教授)

    身体に障がいがある場合,日常活動性が低下し,外出や運動頻度も減少する傾向がある.車椅子ユーザーの中にはメタボリックシンドロームに悩む方も少なくなく,身体活動量の定量的測定と適切な運動処方が課題となっている.本研究は,スポーツ用車椅子を使用した運動中の身体活動量の定量的評価方法の確立を目的に車椅子に加速度計を取り付けた計測方法の開発,ならびにスポーツ活動中の車椅子加速度計側法によるエネルギー消費量推定を行うことを目的としている.具体的には,車椅子ユーザーの運動中の身体活動量計測を健康増進のための基礎的データとして計測・分析し,加速度データと動作解析データ,さらには運動中の代謝を計測する呼気ガス分析器等を用いて,スポーツ用車椅子を用いたスポーツ活動中の運動量推定を進めていく.

  • 研究成果公開促進費・データベース 、 2012年10月 ~ 2015年03月 、 ダイナミックブレインプラットフォーム

    研究課題番号:228077/代表者

    マルチユニット解析,オプティカルレコーディング,fMRI,MEGなどのダイナミックな脳活動計測技術にともなう神経生理学研究の急速な進歩により,脳のダイナミックな機能である学習,記憶,思考,推論,さらには自意識に関連する研究が急速に進んでいる.このような状況において,神経回路網の理論的研究である神経回路網のダイナミクスとその情報表現の研究,合成的手法による新しい情報創発などの研究が一段と進み,記憶,学習,思考,推論に関する理論モデルとその実験的検証,さらには工学的応用を迎えている.このような状況の下で,神経生理学,心理物理学,神経回路理論およびモデルの研究者が協力し,その定式化から具体的な実験タスク,さらには実験結果の検証やその結果に基づくモデルの整合性を吟味できるようなデータベースの構築が求められている.特に,脳のダイナミックな情報表現とそのモデルに関する研究では本申請グループが世界的にトップクラスにある. 我々は過去15年にわたり世界各国においてダイナミックブレイン国際フォーラムを開催し,その成果は国際的に高く評価されている.この実績に基づいて世界に発信するダイナミックブレインプラットフォームはこの分野の発展に大きく寄与する.
    このプラットフォームにより,脳科学研究者ばかりでなく,広く,ロボットなどの工学的研究者,臨床医学研究者,認知科学研究者,社会科学研究者などの交流を深め,実際に人間の教育などの実践者にも活用できるプラットフォームを構築する.

  • 挑戦的萌芽研究 、 2012年04月 ~ 2014年03月 、 脳型リズムベース回路を用いたウェアラブルデバイスの適応的自律支援

    研究課題番号:24650107/代表者

    近年コンピュータの小型化や携帯電話の多機能化に加え,インターネット上の様々な情報資源にアクセスできるクラウド化に伴い,多くの人が外出する際に電子機器を持ち歩く日常となった.しかし,そのようなデバイスは便利さと同時に,電車内の迷惑行為や運転中の事故誘発など新たな社会問題を生み出している.多種の刺激提示の技術開発も進むが,問題はユーザの状況を無視した「機械から人へ」の一方通行性にある.人の脳が円滑に処理できる情報の量とタイミングを推定できる機構で,ユーザの状況に合わせて情報提示し,分類・記憶・外部参照などの判断の一部を代替して行う能力がデバイスに求められている.本研究は申請者らの脳型(Brain-inspired)技術を結集し,脳身体の状態計測と連動し適応的な知的処理を行う装着型機器の開発を行う.

全件表示 >>
その他競争的資金獲得実績
  • 平成26年度新成長戦略推進研究開発事業 (研究開発プロジェクト創出・育成事業補助金) 、 2014年04月 ~ 2015年02月 、 炭素繊維素材の弾性特性を用いた非電動立ち上がり介助機能付き歩行器の開発

    リハビリテーション医療からヒントを得たトイレ動作支援機器開発。価格目標十万円とする立ち上がり力支援機構付き歩行器で、CFRP素材の弾性特性を応用し、非電動機器で脳性麻痺児童者、脳卒中リハビリ患者、高齢者筋力弱者を対象とした根幹技術を確立する。

    公益財団法人北九州産業学術推進機構(FAIS)

提供可能な資源
  • Dynamic Brain Platform

    当サイトでは、脳の動的原理を解明することを目的として、細胞、局所回路、脳全域、行動などの様々なレベルでの実験的計算論的アプローチの統合的な研究を推進します。これらの研究から生命の自律性と情報創成の原理を捉え、さらに自然や人間社会の複雑性の理解を進めることを目指します。

    This site promotes studies on the dynamic principles of brain functions through unifying experimental and computational approaches in cellular, local circuit, global network and behavioral levels. Our goal is to capture the autonomy and the creativity in living organisms which enlightens the complexity of nature and society.
    https://dynamicbrain.neuroinf.jp

企業・学生向けPR
  • 企業向けPR

    情動とリズム協調の原理から人と共感する社会脳ロボットの開発を

    研究テーマ

    ❖脳型ロボット工学
    ❖生命体のリズム協調原理の理論的研究
    ❖ニューロインフォマティクス

    ● 分野

    ソフトコンピューティング・生体生命情報学・知能ロボット

    ● キーワード

    ニューロコンピューティング・Brain-IS・脳型知能 、当研究室では、Brain-IS(Brain-Inspired Systems・脳型知能創発システム)エンジニアを育成する教育プログラムとして,ものづくり技術からチームマネージメント能力を備える実践的エンジニア技術を身につけて研究を進めます。年功序列でなく、一人一人が責任を持って研究プロジェクトを進めるため、先輩や教員を含めたフラットチームを編成し各々リーダーとして指揮することで、「主体性」「コミュニケーション能力」「実行力」など企業が必要とする三大要素を鍛えます。
    研究テーマは「既存技術で何かできるか」というシーズ中心でなく「社会に何が必要で、そのための総合技術をどう創出するか」のニーズに注目して、研究を進めます。脳型ロボット工学では、事故や病気で脳に障害を持った方などに必要な支援をするロボット設計を機構設計/電子回路/脳型理論を総動員して行います。映画「ターミネーター」のように人が恐れるロボットではなく、阿吽の呼吸で、かゆいところに手が届く支援装置を、小さなものから大きなものまで開発できる共通基盤化を行っています。特に、脳の情動回路やリズム協調の原理から人と共感する社会脳ロボットの開発を、脳神経系の生理学者やリハビリテーションの理学療法の専門家と一緒に共同研究しながら進めています。来年度は、キッチンやリビングルームなど家庭環境で人間と共同作業できるロボット製作を進め、ロボカップ@ホームへの参加を検討しています。知能ロボットや特殊機構を持ったロボット設計に興味がある人はどうぞお問い合わせ下さい。

    https://www.kyutech.ac.jp/professors/wakamatsu/w2/w2-3/entry-916.html

  • 学生向けPR

    心を創る
    「心」のメカニズムを解明し、工学的に再現するということ
    、脳のような知的システムを創ろうとする“Brain-Inspired Systems”。その設計原理を解明する一つの手がかりとして、私たちの研究室では “心の世界”に着目しています。たとえば、子どもの発達段階で心はどのように育つのか?何かをしたいという動機や嗜好が外に出てくる過程とはいかなるものか?そうした心の内部、情動のメカニズムを脳科学と工学の分野から探究し、再現したいと考えています。また、そのための方法論として「脳」「身体」「社会」の3つの発想から探求していきます。脳の回路を再現するロボット、人間の自然な身体の動きに沿うようなロボット、脳の損傷を抱える人への支援装置の開発など、何か具体的なカタチとなる研究テーマを設定しています。
     また、社会人向け大学院プログラムでは、あなた自身の「適性」と「興味」を引き出し、紡ぐことを根幹とします。それはすなわち、社会人として「今」直面する問題点を明らかにし、その解決の糸口となるテーマを模索することと考えています。脳の損傷によって記憶や認知機能に問題が出てしまったときに、「人」の何が失われるのか?人格が変わってしまったのだろうか?というような「脳と心」の問題。そして、人の意図や感情と共鳴して連動するデバイスは開発できないのか?などを一緒に考えて行きましょう。当研究室では人を取り巻く、様々な社会現象を「脳科学」と「数学的センス」で「科学する」ための技を、ひと手間かけて習得して頂くことができます。ご自身が経験している多様な問題を、論理的かつ分析的に議論し、科学論文に仕上げていくことに、大学院という場の方法論と実績でお応えいたします。よりよい「心と社会」を創るために。

    http://www.brain.kyutech.ac.jp/research/23wagatsuma.html

おすすめURL
  • Wagatsuma Laboratory -我妻研-(九州工業大学)

    Wagatsuma Laboratory official Facebook page

    https://www.facebook.com/wagalabkyutech/

    当研究室の日々の研究教育活動を紹介しています。

    We introduce our research and educational activities of the laboratory in daily campus life

    複合領域

  • 研究事例/脳は、動的秩序をもった一つの社会である。

    http://www.brain.kyutech.ac.jp/gp06/dojo/23wagatsuma.html


    生命体の知性とは、情報の入出力だけで記述できるような自己完結的なシステムではなく、自己の内部で必要な情報表現を創り出すことで認知・行動し、刻々と変化する環境に適応し続けていることで成り立っていると考えています。いわば脳とは動的秩序をもったシステムであり、さまざまな自律的要素によって構成される一つの社会と捉えることが可能です。当研究室では環境と相互作用する生命情報の創発性に注目し、“脳から着想を得たシステム(Brain-Inspired Systems)”を工学的に再構成することで知能についての理解と検証が進むと考え、〈1〉神経数理モデル、〈2〉機能単位モデル、〈3〉単純原理モデルの3つのアプローチで「リアルタイム脳型ロボット」の開発に取り組んでいます。

    出稽古パッケージ/脳型ロボットの理論と実践 知能とは何か? 脳を創って考えてみよう。
    まず脳の生理学的特質や構造について概観し、脳の機能がどのように数理モデル化できるか、それをいかにシミュレーションするかの具体的メソッドを学習してもらいたいと考えています。神経回路の理論に使われる微分方程式や非線形力学は、コンピュータのプログラミングをやって来た学生にとっては少し遠回りに感じるかも知れません。しかし自分自身の脳を知るいい機会ですし、必ず面白い所にたどり着けるはずです。将来的に幅広い工学分野で生かすことができるので、ぜひトライしてみてください。この出稽古を通じて、知能って何だろう?自分の脳が『悩む』行為って何だろう?といった、いろいろなことを考えるきっかけを提供したいと思っています。

    科学技術一般領域

2017/07/26 更新