写真

氏名
ジァン ドゥーソッブ (ジァン ドゥーソッブ)
JAHNG Doosub
所属専攻講座
大学院生命体工学研究科
人間知能システム工学専攻
職名
教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市若松区ひびきの2-4
(英)2-4 Hibikino, Wakamatsu-ku, Kitakyushu, Fukuoka, 808-0196 Japan
研究室電話
(日)093-695-6138
(英)+81-93-695-6138
研究室FAX
(日)093-695-6138
(英)+81-93-695-6138
ホームページ
http://www.brain.kyutech.ac.jp/~jahng/
研究分野・キーワード
(日)チーム・コミュニケーション
(英) Team Communication
出身大学院
  • 東京大学  医学系研究科  保健学

    博士課程 、 1989年12月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 保健学博士 (Doctor of Health Sciences) 、 公衆衛生学・健康科学 (Public hygiene studies/health science) 、 東京大学 (The University of Tokyo) 、 課程 、 1989年12月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 、 専攻長 、 2016年04月 ~ 継続中

    Department of Human Intelligence Systems, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Department Director, 2016.04 -

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 、 教授 、 2014年04月 ~ 継続中

    Department of Human Intelligence Systems, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2014.04 -

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 脳情報専攻 、 教授 、 2006年10月 ~ 2014年03月

    Department of Brain Science and Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2006.10 - 2014.03

学外略歴
  • 産業医科大学産業生態科学研究所産業保健経済学研究室 、 助教授 、 2003年10月 ~ 2006年03月

  • 産業医科大学産業生態科学研究所産業保健経済学研究室 、 講師 、 1993年09月 ~ 2003年09月

  • ハーバード大学公衆衛生大学院 、 インストラクター 、 1993年09月 ~ 2003年06月

  • ハーバード大学公衆衛生大学院 、 訪問研究員 、 1992年09月 ~ 1993年08月

  • 帝京大学福祉・保育専門学校 、 併任講師 、 1990年10月 ~ 1991年03月

全件表示 >>
所属学会・委員会
  • 日本学校保健学会 、 2015年01月 ~ 2017年03月 、 日本国

    The Japanese Association of School Health , 2015.01 - 2017.03 , JAPAN

  • 教育システム情報学会 、 2014年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Japanese Society for Information and Systems in Education , 2014.04 - , JAPAN

  • 日本健康教育学会 、 2014年03月 ~ 2015年03月 、 日本国

    Japanese Society of Health Education and Promotion , 2014.03 - 2015.03 , JAPAN

  • Safety and Health at Work 、 2012年05月 ~ 継続中 、 大韓民国

    Safety and Health at Work , 2012.05 - , KOREA REPUBLIC OF

  • 日本教育工学会 、 2011年05月 ~ 継続中 、 日本国

    Japan Society for Educational Technology , 2011.05 - , JAPAN

全件表示 >>
専門分野(科研費分類)
  • 教育効果 (Educational technology)

  • 産業保健マーケティング (Public hygiene studies/health science)

専門分野(ReaD分類)
  • 教育工学

  • 公衆衛生

  • 経営学

論文(2006.4~)
  • 日本語 、 企業研修におけるキーワード伝達状況の定量化 、 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌 、 19巻 1号 (頁 81 ~ 88) 、 2017年06月 、 内田信二, 栗島一博, 金子宗司, 阿部研二, 本田純久, Jahng, Doosub

    Quantification of Keyword Transmission in Corporate Training Programs , Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association , vol.19 (1) (p.81 - 88) , 2017.06 , Uchida, S., Kurishima, K., Kaneko, S., Abe, K., Honda, S., Jahng, D.

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Exercise Self-Efficacy as a Mediator between Goal-Setting and Physical Activity: Developing the Workplace as a Setting for Promoting Physical Activity 、 Safety and Health at Work 、 8巻 1号 (頁 94 ~ 98) 、 2017年03月 、 Iwasaki, Y., Honda, S., Kaneko, S., Kurishima, K., Honda, A., Kakinuma, A. and Jahng, D.

    DOI:10.1016/j.shaw.2016.08.004、 学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 女子大学生の体脂肪率と睡眠の質の関連について 、 学校保健研究 、 57巻 4号 (頁 176 ~ 182) 、 2015年10月 、 石川英子, 本田純久, 金子宗司, Jahng, Doosub

    Association between Body Fat Percentage and Sleep Disorders in Japanese Female University Students , Japanese Journal of School Health , vol.57 (4) (p.176 - 182) , 2015.10

    学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 自己組織化マップを用いた職場における労働者の健康分類 、 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌 、 15巻 1号 (頁 41 ~ 49) 、 2013年06月 、 藤末浩司, 本田純久, 磯貝浩久, JAHNG, Doosub

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Evaluation of Waist Circumference Cut-off Values as a Marker for Fatty Liver among Japanese Workers. 、 Safety and Health at Work 、 3巻 4号 (頁 287 ~ 293) 、 2012年11月 、 Abe, N., Honda, S., Jahng, D.

    DOI:10.5491/SHAW.2012.3.4.287、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 運動指導専門研修テキストⅠ 、 中央労働災害防止協会 、 2009年02月 、 ジァン ドゥーソッブ

    その他 、 第8章研究討議第2節 -健康づくりの企画と運営II(手法の紹介)- 、 共著

  • 日本語 、 元気に働くための3つの基本、目標管理、指示報告、予定管理 、 中央労働災害防止協会 、 2003年10月 、 ジァン ドゥーソッブ

    その他 、 単著

  • 日本語 、 産業保健マーケティング -働く人の健康資源を企業戦略に確保するための考え方と進め方- 、 中央労働災害防止協会 、 2002年04月 、 ジァン ドゥーソッブ

    その他 、 単著

  • 日本語 、 ヘルシーカンパニーの実現 -21世紀の企業の健康に携わる方々へ-、CHC編 、 バイオコミュニケーションズ株式会社 、 2001年12月 、 尾立源幸,ジァン ドゥーソッブ

    その他 、 第2部2章チームオペレーティングサイクル、第3部21世紀の産業医に必要な素養 、 共著

  • 日本語 、 THP指導者のための実務向上研修テキスト(Aコース) 、 中央労働災害防止協会 、 2001年10月 、 ジァン ドゥーソッブ

    その他 、 産業医に求められる健康づくりのプランニング 、 単著

全件表示 >>
総説・解説記事
  • 日本語 、 ロボットと歩む共生マネジメント 、 一般財団法人 道路新産業開発機構 、 Traffic & Business 、 114巻 (頁 15 ~ 21) 、 2017年04月 、 Jahng, Doosub

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 プレゼンテーションの進め方 、 メディカ出版 、 産業看護 、 4巻 5号 (頁 13 ~ 18) 、 2012年05月 、 Doosub Jahng

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 プレゼンテーションの考え方 、 メディカ出版 、 産業看護 、 4巻 5号 (頁 8 ~ 12) 、 2012年05月 、 Doosub Jahng

    商業雑誌 、 単著

学術関係受賞
  • 北九州コンベンションビューロ理事長感謝状 、 2005年05月01日 、 日本国 、 その他の賞 、 北九州コンベンションビューロ理事長 、 ジァン ドゥーソッブ

  • 産業医科大学産業生態科学研究所最優秀講師賞 、 1998年07月27日 、 日本国 、 その他の賞 、 産業生態科学研究所 所長 田中勇武 、 ジァン ドゥーソッブ

工業所有権
  • 特許 、 情報伝達活動の評価支援システム 、 ジァン ドゥーソッブ

    出願番号( 特願2011-178636 、 2011年08月17日 ) 登録番号( 5833376 、 2015年11月06日 ) 、 ジァン ドゥーソッブ 、 日本国 、 あり

  • 商標 、 KWM (KWM) 、 ジァン ドゥーソッブ (Jahng Doosub)

    出願番号( 商願2010-53190 、 2010年07月06日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 情報リレーモデルによる情報伝達ネットワーク形成及び情報伝達方法 、 ジァン ドゥーソッブ

    出願番号( 特願2004-177198 、 2003年04月01日 ) 、 ジァン ドゥーソッブ 、 日本国 、

研究発表(2006.4~)
  • International Congress on Physical Activity and Public Health (International Congress on Physical Activity and Public Health) 、 その他の会議 (査読有り) 、 2016年11月 、 Bangkok, Thailand 、 The Relationship between Physical Activity Level and Budget for Exercise. 、 ポスター(一般)

  • 日本教育工学会第32回全国大会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2016年09月 、 大阪 、 中学校の授業におけるKey Words Meetingの導入の効果 、 ポスター(一般)

  • 第89回日本産業衛生学会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2016年05月 、 福島 、 企業内メンタルヘルス教育におけるKey Word Meetingの導入の試み 、 ポスター(一般)

  • 日本教育工学会第31回全国大会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2015年09月 、 東京 、 学生の学習量ならびに教員の指導量に基づく評価手法の開発 、 ポスター(一般)

  • 日本教育工学会第31回全国大会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2015年09月 、 東京 、 理解度の定性的・定量的分析を可能にする教育支援ツールKWMを用いた記憶状況と課題評点の関係 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
その他研究活動
  • 健康資源マネジメント研究会 、2006年12月 ~ 継続中

    DJ & Health Resources Management Labratory , 2006.12 -

    フィールドワーク

講演
  • 産業保健マーケティング研究会,

    特別講演 、 教育研修におけるPDCAサイクル 、 東洋公衆衛生学院 、 2017年01月

  • 産業保健マーケティング研究会秋季セミナー,

    座談会 、 事例で学ぶ産業保健マーケティング 、 九州工業大学サテライト福岡天神 、 2015年09月

  • 産業保健マーケティング研究会秋季セミナー,

    特別講演 、 教育・学習の評価 、 株式会社内田洋行 新川オフィス(東京 ユビキタス協創広場 CANVAS) 、 2014年09月

  • 第19回産業保健マーケティング研究会,

    特別講演 、 教育・研修現場のMissing Link 、 岡山コンベンションセンター 3階 302会議室(第7会場) 、 2014年05月

  • 産業保健マーケティング研究会,

    特別講演 、 WESKTプレゼンテーション 、 梅田センタービル 大阪 、 2013年11月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 マネジメント 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 チーム・コミュニケーション・インタフェース 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 チーム・コミュニケーション・インタフェース 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

  • 2015年度 、 コミュニケーション 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

  • 2015年度 、 マーケティング 、 2015年04月 ~ 2015年09月 、 専任

全件表示 >>
学会・委員会等活動
  • 日本産業衛生学会 、 産業保健マーケティング研究会 代表世話人 、 2003年04月 ~ 継続中

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 挑戦的萌芽研究 、 2014年04月 ~ 2016年03月 、 KWMを用いたラーニング・アナリティクス的教育実践サイクルの開発

    研究課題番号:26560123

企業・学生向けPR
  • 企業向けPR

    (研究内容)本研究室の基幹テーマである、「包括的健康資源のためのソリューション群;Comprehensive Health Resources Integrated Solutions, CHRIS)と連携して、チーム・コミュニケーション・インタフェース(目標共有、情報伝達、時間管理、評価)のモデル構築から、評価尺度開発、教育支援までを包括的に取り組んでいます。また、様々な教育現場における教育支援ツールの開発を行っています。
    (応用可能な分野)チーム構築・活動・評価のコンサルティング、初期企業家教育、教育評価
    、チーム内のコミュニケーション不全は業績不振はもちろんメンタルヘルスへの影響など、様々な問題を持っています。私たちが取り組んでいるチームコミュニケーションインタフェースを用いた評価尺度は、御社のチーム内のコミュンケーションの現状を、「教育により改善できる項目」で把握し、そのための教育方法から教育効果測定まで、課題発見から改善までを包括的に支援するソリューションを提供できると思います。

2017/10/24 更新