写真

氏名
長山 暁子 (ナガヤマ ギョウコ)
NAGAYAMA Gyoko
所属専攻講座
大学院工学研究院
機械知能工学研究系
職名
准教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
ホームページ
http://www.heat.mech.kyutech.ac.jp/faculty/nagayama/nagayama.html
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)熱工学,ナノ・マイクロスケール熱・物質伝達,気・液・固体界面,相変化,分子シミュレーション,燃料電池
(英)Heat transfer, micro-nanoscale heat and mass transfer, interface, phase change, molecular simulation, fuel cell
出身大学院
  • 九州工業大学  工学研究科  設計生産工学専攻

    修士課程 、 1998年03月 、 修了 、 日本国

  • 九州工業大学  工学研究科

    博士課程 、 2001年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) (Doctor of Engineering) 、 熱工学 (Thermal Engineering) 、 九州工業大学 (Kyushu Institute of Technology) 、 課程 、 2001年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 機械知能工学研究系 、 准教授 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Mechanical and Control Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2008.04 -

  • 九州工業大学 工学部 、 准教授 、 2007年04月 ~ 2008年03月

    School of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2007.04 - 2008.03

  • 九州工業大学 工学部 、 助教授 、 2005年04月 ~ 2007年03月

    School of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2005.04 - 2007.03

学外略歴
  • 徳山工業高等専門学校 機械電気工学科 、 助手 、 2003年04月 ~ 2005年03月

    Tokuyama College of Technology , Research Associate , 2003.04 - 2005.03

  • ブリティッシュコロンビア大学 電子情報工学科 、 Visiting Associate Professor 、 2011年06月 ~ 2011年12月

    The University of British Columbia Department of Electrical & Computer Engineering , Visiting Associate Professor , 2011.06 - 2011.12

  • 香港科技大学 機械工学科 、 博士研究員 、 2001年04月 ~ 2002年10月

    Hong Kong University of Science and Technology Department of Mechanical Engineering , Postdoctoral Researcher , 2001.04 - 2002.10

所属学会・委員会
  • 日本伝熱学会 、 2004年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The Heat Transfer Society of Japan , 2004.04 - , JAPAN

  • 日本機械学会 、 2004年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The Japan Society of Mechanical Engineers , 2004.04 - , JAPAN

  • アメリカ機械学会 、 2007年04月 ~ 2015年09月 、 アメリカ合衆国

    ASME , 2007.04 - 2015.09 , UNITED STATES

専門分野(科研費分類)
  • 熱工学 (Thermal engineering)

  • マイクロ・ナノデバイス (Micro/nanodevice)

  • ナノ構造科学 (Nano structural science)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Scale Effect of Slip Boundary Condition at Solid-Liquid Interface 、 Scientific Reports 、 7巻 43125号 (頁 1 ~ 8) 、 2017年03月 、 Gyoko Nagayama,Takenori Matsumoto, Kohei Fukushima and Takaharu Tsuruta

    DOI:10.1038/srep43125、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Molecular dynamics study on condensation/evaporation coefficients of chain molecules at liquid-vapor interface 、 The Journal of Chemical Physics 、 143巻 1号 (頁 014706-1 ~ 014706-9) 、 2015年07月 、 Gyoko Nagayama, Masaki Takematsu, Hirotaka Mizuguchi and Takaharu Tsuruta

    DOI:10.1063/1.4923261、 学術雑誌 、 共著

    論文を表示する

  • 英語 、 Effects of nano/microstructures on performance of Si-based microfuel cells 、 Applied Thermal Engineering 、 72巻 (頁 298 ~ 303) 、 2014年07月 、 Gyoko Nagayama, Aakihiro Kuromaru, Masashi Kaneda and Takaharu Tsuruta

    DOI:10.1016/j.applthermaleng.2014.07.006、 学術雑誌 、 共著

    論文を表示する

  • 英語 、 Effect of Surface Wettability on Electrochemical Impedance Behavior 、 Proceedings of the 6th International Symposium on Micro and Nano Technology2148号 (頁 1 ~ 7) 、 2017年03月 、 Dejian Zhang, Gyoko Nagayama and Takaharu Tsuruta

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Scale Effect of Boundary Condition at Solid-Liquid Interface 、 Proceedings of the 27th International Symposium on Transport Phenomena196号 (頁 1 ~ 7) 、 2016年09月 、 Gyoko Nagayama, Takenori Matsumoto, Kohei Fukushima and Takaharu Tsuruta

    国際会議proceedings 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 ナノ・マイクロスケール熱物性ハンドブック 、 養賢堂 、 2014年06月 、 日本熱物性学会編

    Nano/Microscale Thermophysical Properties Handbook , 2014.06

    単行本(学術書) 、 第5章第2.2節「ナノバブルの表面張力」 、 共著

総説・解説記事
  • 日本語 、 固液界面の境界条件とマイクロ伝熱機構 、 日本伝熱学会 、 伝熱 、 50巻 211号 (頁 29 ~ 36) 、 2011年04月 、 長山 暁子

    学会誌 、 単著

  • 日本語 、 分子動力学的視点からみた固液界面の濡れ機構 、 日本伝熱学会 、 伝熱 、 46巻 194号 (頁 12 ~ 19) 、 2007年01月 、 長山 暁子,鶴田隆治

    Wetting Behavior of the Solid-Liquid Interface Based on Molecular Dynamics Studies , Journal of Heat Transfer Society of Japan , vol.46 (194) (p.12 - 19) , 2007.01

    学会誌 、 共著

研究発表(2006.4~)
  • The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology (The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology) 、 国際会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 福岡 、 Molecular Dynamics Simulations on Thermos-responsive Polymers in Water 、 口頭(一般)

  • The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology (The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology) 、 国際会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 福岡 、 Size Dependence of Contact Angle for Nanodroplets on a Solid Surface 、 口頭(一般)

  • The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology (The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology) 、 国際会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 福岡 、 Experimental Investigation of Capillary Performance in Open Converging Microchannel 、 口頭(一般)

  • KIT-CWNU Joint Conference (KIT-CWNU Joint Conference) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年01月 、 Absorption and Desorption of Water in N-isopropylacrylamide based on Molecular Dynamics Simulation 、 口頭(一般)

  • KIT-CWNU Joint Conference (KIT-CWNU Joint Conference) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年01月 、 Experimental Investigation of Capillary performance in Open Converging Microchannel 、 口頭(一般)

全件表示 >>
講演
  • 研究交流,

    特別講演 、 Wetting and phase change phenomena & those application in thermal engineering area 、 青島理工大学 、 2015年09月

  • 第1回理工系女性研究者国際シンポジウム,

    招待講演 、 Wetting and Phase Change Phenomena and Those Application in Thermal Engineering Area 、 九州工業大学 、 2015年07月

  • International workshop on phase change and wetting phenomena,

    招待講演 、 A microscopic view on solid-liquid-vapor three-phase contact area 、 fukuoka 、 2015年06月

  • SeMiNar,

    特別講演 、 Microscopic wetting and its effects on microscale heat and mass transfer 、 University of British Columbia 、 2011年08月

担当授業科目
  • 2015年度 、 熱力学Ⅱ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 応用熱事象学特論 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 伝熱学 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 応用熱事象学特論 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

  • 2015年度 、 熱力学Ⅱ 、 2015年04月 ~ 2016年03月 、 専任

全件表示 >>
学会・委員会等活動
  • 日本伝熱学会 、 評議員 、 2016年04月 ~ 2018年03月

  • 日本機械学会 、 LAJ(Ladies' Association of JSME) オブザーバー 、 2011年04月 ~ 継続中

  • 日本伝熱学会 、 評議員 、 2011年04月 ~ 2013年03月

  • 日本機械学会 、 熱工学部門広報委員会 委員 、 2009年04月 ~ 2010年03月

  • 日本伝熱学会 、 評議員 、 2006年04月 ~ 2008年03月

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 挑戦的萌芽研究 、 2014年04月 ~ 2017年03月 、 ナノキャビティによる沸騰伝熱促進メカニズムの究明

    研究課題番号:26630068

  • 学振 特定国派遣研究者  、 2011年06月 ~ 2011年12月 、 感温性ゲルを用いたマイクロ・ナノデバイスのインテリジェントな表面機能制御

    University of British Columbia

  • 挑戦的萌芽研究 、 2011年04月 ~ 2014年03月 、 ナノ気泡・液滴の界面特異性の学理探求

    研究課題番号:23656155

  • 基盤研究(B) 、 2009年04月 ~ 2013年03月 、 ナノ構造面における固液気三相接触のミクロ機構の究明と高機能化の探索

    研究課題番号:21360099

  • 基盤研究(C) 、 2007年04月 ~ 2009年03月 、 ナノ構造による固液界面の熱物性制御

    研究課題番号:19560207

全件表示 >>

2017/07/28 更新