写真

氏名
藤井 聡 (フジイ サトシ)
FUJII Satoshi
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
生命情報工学研究系
職名
助教
ホームページ
http://gibk26.bio.kyutech.ac.jp/jouhou/website/index.htm
研究分野・キーワード
(日)生物物理、バイオインフォマティクス、分析化学
(英)Biophysics, Bioinformatic, Analytical chemistry
出身大学
  • 九州大学  工学部  物質科学工学科

    大学 、 2001年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 九州大学  工学研究科  化学システム工学専攻

    博士課程 、 2006年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) (Doctor of Engineering) 、 生物物理・化学物理 (Living organism physics/chemical physics) 、 九州大学 (Kyushu University) 、 課程 、 2006年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系 、 助教 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Bioscience and Bioinformatics, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2008.04 -

所属学会・委員会
  • 生物物理学会 、 2004年07月 ~ 継続中 、 日本国

専門分野(科研費分類)
  • 生物物理・化学物理 (Living organism physics/chemical physics)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Identification of aryl hydrocarbon receptor signaling pathways altered in TCDD-treated red seabream embryos by transcriptome analysis 、 Aquatic Toxicology 、 177巻 (頁 156 ~ 170) 、 2016年08月 、 Iida M., Iida M., Fujii S., Uchida M., Nakamura H., Kagami Y., Agusa T., Hirano M., Bak S., Kim E., Iwata H.

    DOI:10.1016/j.aquatox.2016.05.014、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Rapid and efficient analysis of gene function using CRISPR-Cas9 in Xenopus tropicalis founders 、 Genes to Cells 、 21巻 7号 (頁 755 ~ 771) 、 2016年07月 、 Shigeta M., Sakane Y., Iida M., Suzuki M., Kashiwagi K., Kashiwagi A., Fujii S., Yamamoto T., Suzuki K.

    DOI:10.1111/gtc.12379、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 SMARCAD1 is an ATP-dependent stimulator of nucleosomal H2A acetylation via CBP, resulting in transcriptional regulation 、 Scientific Reports 、 6巻 (頁 20179 ~ ) 、 2016年02月 、 M. Doiguchi, T. Nakagawa T, Y. Imamura, M. Yoneda, M. Higashi, K Kubota, S. Yamashita, H. Asahara, M. Iida, S. Fujii, T. Ikura, Z. Liu, T. Nandu, WL. Kraus, H. Ueda, T. Ito

    DOI:10.1038/srep20179、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Diagnosis of Periodontal Disease from Saliva Samples Using Fourier Transform Infrared Microscopy Coupled with Partial Least Squares Discriminant Analysis 、 Analytical Sciences 、 32巻 2号 (頁 225 ~ 231) 、 2016年02月 、 S. Fujii, S Sato, K. Fukuda, T. Okinaga, W. Ariyoshi, M. Usui, K. Nakashima, T. Nishihara, S. Takenaka

    DOI:10.2116/analsci.32.225、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Dzip3 regulates developmental genes in mouse embryonic stem cells by reorganizing 3D chromatin conformation 、 Scientific Reports 、 5巻 (頁 16567 ~ ) 、 2015年11月 、 D. Inoue, H. Aihara, T. Sato, H. Mizusaki, M. Doiguchi, M. Higashi, Y. Imamura, M. Yoneda, T. Miyanishi, S. Fujii, A. Okuda, T. Nakagawa, T. Ito

    DOI:10.1038/srep16567、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • NGS現場の会第四回研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年07月 、 つくば国際会議場 、 プール型shRNAシークエンス(shRNA-seq)スクリーニングデータ解析法の開発 、 口頭(招待・特別)

  • 2010年日本バイオインフォマティクス学会年会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2010年12月 、 The gene regulation by the combination of transcription factors: analysis of co-occurrence of small maf family and the other transcription factors 、 ポスター(一般)

  • 第48回日本生物物理学会年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2010年09月 、 東北大学川内キャンパス 、 The difference of the A-B form transition of DNA between the different sequences and environments studied by molecular dynamics simulations 、 ポスター(一般)

  • 第47回日本生物物理学会年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2009年10月 、 アスティ徳島 、 The effect of environment on the conformational transition of DNA studied by molecular dynamics simulations 、 口頭(一般)

  • 第46回日本生物物理学会年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2008年12月 、 福岡国際会議場 、 The conformational transition of DNA by the environment in molecular dynamics simulation 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 分子設計基礎 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 データベース演習 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 分子設計基礎 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

  • 2015年度 、 データベース演習 、 2015年04月 ~ 2015年09月 、 専任

  • 2014年度 、 分子設計基礎 、 2014年10月 ~ 2015年03月 、 専任

全件表示 >>

2017/07/10 更新