写真

氏名
青木 俊介 (アオキ シュンスケ)
AOKI Shunsuke
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
生命情報工学研究系
職名
教授
生年月日
1968年08月12日
研究室住所
(日)福岡県飯塚市川津680-4
(英)680-4 Kawazu Iizuka,Fukuoka,820-8502 Japan
研究室電話
(日)0948-29-7819
(英)+81-948-29-7819
ホームページ
http://aokilab.boy.jp/
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)神経工学,幹細胞,in silico 薬剤設計,タンパク質構造,神経再生
(英)neuronal technology,stem cells,in silico drug design,protein structure,nerve regeneration
取得学位
  • 博士 (Ph. D.) 、 分子生物学 (Molecular biology) 、 大阪大学 (Osaka University) 、 課程 、 1998年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系 、 教授 、 2015年07月 ~ 継続中

    Department of Bioscience and Bioinformatics, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2015.07 -

  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系 、 准教授 、 2008年04月 ~ 2015年06月

    Department of Bioscience and Bioinformatics, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2008.04 - 2015.06

専門分野(科研費分類)
  • 生体生命情報学 (Biological/living body informatics)

  • 細胞生物学 (Cell biology)

  • 神経化学・神経薬理学 (Neurochemistry/neuropharmacology)

論文(2006.4~)
  • 日本語 、 ケモインフォマティクス手法を用いた精油構成化学成分における抗菌作用機序の予測 、 アロマテラピー学雑誌 、 16巻 、 2016年03月 、 角崎丈司, 三重野雄貴, 浜出百合菜, 青木俊介

    Prediction of antimicrobial action mechanism on chemical compounds of essential oils using chemoinformatics methods , vol.16 , 2016.03

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Identification of novel antimycobacterial chemical agents through the in silico multi-conformational structure-based drug screening of a large-scale chemical library 、 Eur J Med Chem60号 (頁 333 ~ 339) 、 2013年02月 、 Koseki Y, Kinjo T, Kobayashi M, Aoki S

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Aberrant structures of Parkinson’s disease-associated ubiquitin C-terminal hydrolase L1 predicted by molecular dynamics. 、 Chem Phys let535号 (頁 163 ~ 168) 、 2012年04月 、 Koseki Y, Kinjyo T, Kuroki M, Aoki S.

    DOI:10.1016/j.cplett.2012.03.083、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Surgical anatomy of the swine face. 、 Lab Anim. 、 44巻 4号 (頁 359 ~ 363) 、 2010年08月 、 Sasaki R,Watanabe Y,Yamato M,Aoki S,Okano T,Ando T.

    DOI:10.1258/la.2010.009127、 学術雑誌 、 研究指導、論文作成指導、研究立案 、 共著 、 神経科学一般 、 神経解剖学・神経病理学

  • 英語 、 A protocol for immunofluorescence staining of floating neurospheres. 、 Neurosci Lett. 、 479巻 2号 (頁 126 ~ 127) 、 2010年04月 、 Sasaki R,Aoki S,Yamato M,Uchiyama H,Wada K,Ogiuchi H,Okano T,Ando T

    DOI:10.1016/j.neulet.2010.05.042、 学術雑誌 、 企画、立案、研究指導 、 共著 、 神経科学一般

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • CBI/JSBi/Omix 2012合同大会 生命医薬情報学連合大会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2012年10月 、 東京 、 Identification of novel chemical inhibitors for hepatocyte growth factor by in silico structure-based drug screening. 、 ポスター(一般)

  • 第30回バイオ情報学研究会 (SIG-BIO) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2012年08月 、 福岡 、 Identification of novel potential antibiotics for Staphylococcus by Structure-Based Drug Screening (Identification of novel potential antibiotics for Staphylococcus by Structure-Based Drug Screening) 、 口頭(一般)

  • 第30回バイオ情報学研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2012年08月 、 福岡 、 分子動力学計算によるUCH-L1変異体の構造変化予測 、 口頭(一般)

  • in silico structure-based drug screening手法を用いたMycobacteriumに対する新規抗菌作用化合物の同定 、 その他の会議 (査読無し) 、 2012年08月 、 福岡 、 in silico structure-based drug screening手法を用いたMycobacteriumに対する新規抗菌作用化合物の同定 、 口頭(一般)

  • 日本生物物理学会 九州支部例会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2011年12月 、 福岡 、 ドッキングシュミレーション手法を用いたスタフィロコッカス属細菌に対する新規抗菌薬同定の試み 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
共同研究希望テーマ
  • in silico でのタンパク質結合化合物の同定の受託 (in silico drug screening) 、 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する 、 共同研究

担当授業科目
  • 2016年度 、 計算機システムⅡ-2 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 計算機システムⅡ-1 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 細胞情報伝達特論 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 生体情報学 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 科学技術英語Ⅰ 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿- 、 2014年11月

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿- 、 2014年10月

  • 情報工学のもたらす新世界探訪-情報工学部の可能性は∞- 、 2014年09月

  • 情報工学のもたらす新世界探訪-情報工学部の可能性は∞- 、 2014年07月

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿- 、 2014年07月

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(C) 、 2014年04月 ~ 2017年03月 、 テーラーメード構造ライブラリからの新規トリクロサン類縁抗結核化合物の有機合成展開

    研究課題番号:26460145

  • 基盤研究(C) 、 2007年04月 ~ 2010年03月 、 初期-後期エンドソーム移行による神経突起伸長制御機構の解明

    研究課題番号:19500338

2017/07/27 更新