写真

氏名
倉田 博之 (クラタ ヒロユキ)
KURATA Hiroyuki
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
生命情報工学研究系
職名
教授
研究室住所
(日)福岡県飯塚市川津680-4
(英)680-4 Kawazu Iizuka, Fukuoka, 820-8502 Japan
ホームページ
http://www.bio.kyutech.ac.jp/~kurata/
研究分野・キーワード
(日)システム生物学,バイオインフォマティクス,生物化学工学,設計,シミュレーション,ロバストネス
(英)Systems Biology, Bioinformatics, Biochemical Engineering, Design, Simulation, Robustness
出身大学
  • 東京大学  工学部  化学工学科

    大学 、 1988年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 東京大学  工学系研究科  化学工学専攻

    博士課程 、 1993年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) (PhD) 、 化工物性・移動操作・単位操作 (Chemical engineering materials properties/transfer operation/unit operation) 、 東京大学 (The University of Tokyo) 、 課程 、 1993年04月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 バイオメディカルインフォマティクス研究開発センター 、 センター長 、 2012年04月 ~ 継続中

    ,

  • 九州工業大学 情報工学部 、 生命情報工学科長 、 2011年04月 ~ 2012年03月

    ,

  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系 、 教授 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Bioscience and Bioinformatics, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2008.04 -

  • 九州工業大学 情報工学部 、 教授 、 2006年04月 ~ 2008年03月

    School of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2006.04 - 2008.03

  • 九州工業大学 情報工学部 、 助教授 、 2000年10月 ~ 2006年03月

    School of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2000.10 - 2006.03

学外略歴
  • カリフォルニア大学デービス校 植物病理学科 、 日本学術振興会特別研究員 、 1994年04月 ~ 1996年03月

  • 東京大学 工学系研究科化学生命工学専攻 、 助手 、 1993年04月 ~ 2000年09月

所属学会・委員会
  • 情報処理学会 、 2009年04月 ~ 継続中 、 日本国

  • 日本バイオインフォマティクス学会 、 2002年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Japanese Society of Bioinformatics , 2002.04 - , JAPAN

  • 日本生物工学会 、 2002年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The Society for Biotechnology, Japan , 2002.04 - , JAPAN

  • 日本分子生物学会 、 2002年04月 ~ 2009年03月 、 日本国

    The Molecular Biology Society of Japan , 2002.04 - 2009.03 , JAPAN

  • 化学工学会 、 1990年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The Society of Chemical Engineers , 1990.04 - , JAPAN

専門分野(科研費分類)
  • 生体生命情報学 (Biological/living body informatics)

  • 医用システム (Medical systems)

  • 生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

専門分野(ReaD分類)
  • 生体系モデル

  • システム工学一般

  • 情報工学一般

研究経歴
  • 生物システムの設計原理解明のための情報・システム工学技術を開発し、医療と環境工学に貢献する 、 2008年04月 ~ 継続中

    Computer-Aided rational Design of a Biological System for Medicine and Environmental Science , 2008.04 -

    未設定 、 その他 、 その他 、 未設定 、 (選択しない)

  • 生命システムがロバストネスを生み出すメカニズムの解明 、 2008年04月 ~ 継続中

    未設定 、 その他 、 その他 、 未設定 、 (選択しない)

  • バイオメディカルインフォマティクスに関する研究 、 2012年04月 ~ 継続中

    バイオメディカルインフォマティクス 、 生体生命情報学 、 情報システム工学 、 機関内共同研究 、 その他の研究制度

    情報工学を基軸にした研究開発を活発化させて、アジアにおけるバイオメディカルインフォマティクスのトップレベルの教育研究拠点・産学官連携拠点を構築します。日本発の医療イノベーションを実現し、それを担うグローバル・エンジニアを持続的に養成して、人類の健康と福祉に貢献します。
    究極の目標として、分子、細胞、臓器、全身の各階層を統合するヒトのコンピュータモデル(Virtual Physiological Human、疾病予測シミュレータ)を開発します。一方、そこで培った情報工学技術(シーズ)を用いて、医学部、病院、企業のニーズに応え、コンピュータ支援による診断、予防、治療、介護、医薬品開発システムを提供します。

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Mathematical comparison of memory functions between mutual activation and repression networks in a stochastic environment 、 Journal of Theoretical Biology 、 427巻 (頁 28 ~ 40) 、 2017年08月 、 Hasan A., Kurata H.

    DOI:10.1016/j.jtbi.2017.05.036、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Modeling and simulation of the redox regualation of the metabolism in Escherichia coli at different oxygen concentrations 、 Biotechnology for Biofules 、 2017年08月 、 Matsuoka Y. Kurata H.

    DOI:10.1186/s13068-017-0867-0、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Robustness analysis of the detailed kinetic model of an ErbB signaling network by using dynamic sensitivity 、 PLoS ONE 、 12巻 5号 、 2017年05月 、 Masunaga H., Sugimoto Y., Magi S., Itasaki R., Okada-Hatakeyama M., Okada-Hatakeyama M., Kurata H., Kurata H.

    DOI:10.1371/journal.pone.0178250、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Metabolic analysis of antibody producing Chinese hamster ovary cell culture under different stresses conditions 、 Journal of bioscience and bioengineering 、 122巻 1号 (頁 117 ~ 124) 、 2016年07月 、 Badsha M., Kurata H., Onitsuka M., Oga T., Omasa T.

    DOI:10.1016/j.jbiosc.2015.12.013、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Development of an accurate kinetic model for the central carbon metabolism of Escherichia coli 、 Microbial Cell Factories 、 15巻 1号 、 2016年06月 、 Jahan N., Maeda K., Maeda K., Matsuoka Y., Sugimoto Y., Kurata H., Kurata H.

    DOI:10.1186/s12934-016-0511-x、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 バイオデザイン日本語版 、 バイオの杜 、 2015年10月 、 倉田博之、多数

    BIODESIGN , 2015.10

    教科書 、 共著 、 公衆衛生学・健康科学 、 医用システム

  • 日本語 、 システム工学的アプローチを用いた細胞モデリング,In 抗体医薬における細胞構築・培養・ダウンストリームのすべて(ファインケミカルシリーズ) 、 シーエムシー出版 、 2015年04月 、 倉田博之

    単行本(学術書) 、 共編著 、 生体生命情報学 、 生物機能・バイオプロセス

  • 英語 、 Modularity of biochemical networks, Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applicationsm. In: Biomedical Engineering and Cognitive Neuroscience for Healthcare: Interdisciplinary Applications 、 IGI Global 、 2012年04月 、 Hiroyuki Kurata

    Modularity of biochemical networks, Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applicationsm. In: Biomedical Engineering and Cognitive Neuroscience for Healthcare: Interdisciplinary Applications , 2012.04

    単行本(学術書) 、 共著

  • 日本語 、 システム工学的アプローチを用いた細胞設計,In 抗体医薬のための細胞構築と培養技術(ファインケミカルシリーズ),監修:大政健史 、 シーエムシー出版 、 2010年04月 、 倉田博之

    単行本(学術書) 、 共著

  • 日本語 、 コンピュータエイデッドなバイオシステムの構築, In: バイオプロセスシステム 、 シーエムシー出版 、 2009年04月 、 倉田博之

    単行本(学術書) 、 共著

全件表示 >>
工業所有権
  • 特許 、 Simulator, Method and Recording Medium For Simulating a Biological System (Simulator, Method and Recording Medium For Simulating a Biological System) 、 Kurata Hiroyuki (Kurata Hiroyuki)

    出願番号( "09/727 699 、 2000年12月18日 ) 、 アメリカ合衆国 、

  • 特許 、 生命システムシミュレータ及び生命システムシミュレーション方法並びに記録媒体 、 倉田博之

    出願番号( '2000-106295 、 2000年04月25日 ) 、 日本国 、

研究発表(2006.4~)
  • 化学工学会第47回秋季大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年09月 、 北海道大学 、 抗体生産強化のためのCHO細胞メタボロームの統計解析 、 口頭(一般) 、 生体生命情報学 、 医用システム 、 生物機能・バイオプロセス

  • 化学工学第80回年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年03月 、 芝浦工業大学 、 アンモニア同化システムの詳細なダイナミックモデル 、 口頭(一般) 、 生体生命情報学 、 医用システム 、 生物機能・バイオプロセス

  • 生命情報科学若手の会第6回研究会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2014年10月 、 神戸 、 マルチパラメータ感度を用いたネガティブフィードバック振動子のロバストネス解析 、 口頭(一般) 、 生体生命情報学 、 医用システム 、 生物機能・バイオプロセス

  • 化学工学会第46回秋季大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2014年09月 、 九州大学 、 生物システムの合理的設計を支援するBioFNetデータベース 、 口頭(一般) 、 生体生命情報学 、 医用システム 、 生物機能・バイオプロセス

  • 化学工学会第79年会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2014年03月 、 岐阜大学 、 生物学的基本ネットワークの組み立てによるダイナミックモデルの合理的設計 、 口頭(一般) 、 生体生命情報学 、 医用システム 、 生物機能・バイオプロセス

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 生命情報工学特論 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 バイオメディカルデザイン演習Ⅱ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 バイオシミュレーション 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 バイオシミュレーション特論 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 プログラム設計 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

全件表示 >>
学内委員会等
  • バイオメディカルインフォマティクス研究開発センターセンター長 、 2012年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 州工業大学大学院情報工学府バイオメディカルデザインコースのキックオフミーティング 、 2015年03月

  • 第27回 BMIRC研究会 、 2014年12月

  • 生命情報工学研究系セミナー (第26回 BMIRC研究会) 、 2014年12月

  • 第25回 BMIRC研究会 、 2014年11月

  • 第24回 BMIRC研究会 、 2014年10月

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2016年04月 ~ 2018年03月 、 ゲノムスケールヒト代謝のdFBAモデル開発と多剤併用療法への応用

    研究課題番号:16H02898

  • 新学術領域研究 、 2014年04月 ~ 2017年03月 、 ノイズが引き起こす確率的挙動を考慮した生体分子ネットワークの実用的設計

    研究課題番号:26119716

  • 基盤研究(B) 、 2013年04月 ~ 2016年03月 、 バーチャルメタボリズム:代謝システムの標準ダイナミックモデル開発

    研究課題番号:25280107

  • 新学術領域研究 、 2011年04月 ~ 2013年03月 、 メタボロームを代謝ネットワークへ統合する数理モデルの開発

    研究課題番号:23134506

  • 基盤研究(B) 、 2010年04月 ~ 2013年03月 、 生物回路の設計原理に基づく合成生物学

    研究課題番号:22300101

全件表示 >>
その他競争的資金獲得実績
  • 次世代バイオ医薬品製造技術開発研究組合「個別化医療に向けた次世代医薬品創出基盤技術開発 、 2013年04月 ~ 継続中 、 翻訳後・分泌プロセスを含む生化学ネットワークに基づく抗体生産モデルの開発

    経済産業省

  • シーズ発掘試験 、 2007年04月 ~ 2008年03月 、 癌細胞統合シミュレータの開発

    独立行政法人 科学技術振興機構

提供可能な資源
  • CADLIVE生命設計支援システム

    CADLIVE生命設計支援システム

    CADLIVE:Computer-Aided Design of Living Systems

おすすめURL
  • バイオメディカルインフォマティクス研究開発センター

    http://www.bmirc.kyutech.ac.jp/

    その他の工業

  • 生物学的機能ネットワークデータベース

    BioFNet Database

    http://kurata22.bio.kyutech.ac.jp/db/pub/pub_main.php?Ver=3.6

    科学技術一般領域

  • 倉田研究室ホームページ

    http://www.bio.kyutech.ac.jp/~kurata

    その他の工業

  • CADLIVEのホームページ

    http://www.cadlive.jp

    その他の工業

2017/07/27 更新