写真

氏名
齊藤 剛史 (サイトウ タケシ)
SAITOH Takeshi
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
システム創成情報工学研究系
職名
准教授
研究室住所
(日)福岡県飯塚市川津680-4
(英)680-4 Kawazu Iizuka,Fukuoka,820-8502 Japan
ホームページ
http://www.slab.ces.kyutech.ac.jp/
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)読唇、画像処理、パターン認識
(英)lip reading, image processing, pattern recognition
出身大学
  • 豊橋技術科学大学  工学部  情報工学課程

    大学 、 1999年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 豊橋技術科学大学  工学研究科  情報工学専攻

    修士課程 、 2001年03月 、 修了 、 日本国

  • 豊橋技術科学大学  工学研究科  電子・情報工学専攻

    博士課程 、 2004年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) (Doctor (Engineering)) 、 知覚情報処理・知能ロボティクス (Perception information processing/intelligent robotics) 、 豊橋技術科学大学 (Toyohashi University of Technology) 、 課程 、 2004年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 システム創成情報工学研究系 、 准教授 、 2010年04月 ~ 継続中

    Department of Systems Design and Informatics, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2010.04 -

学外略歴
  • University of Oulu 、 客員研究員 、 2014年09月 ~ 2015年01月

    University of Oulu , Visiting Researcher , 2014.09 - 2015.01

  • 鳥取大学大学院工学研究科 、 助教 、 2008年04月 ~ 2010年03月

  • 鳥取大学工学部 、 助教 、 2007年04月 ~ 2008年03月

  • 鳥取大学工学部 、 助手 、 2004年05月 ~ 2007年03月

  • 豊橋技術科学大学 、 研究員 、 2004年04月

    Electronic and Information Engineering, Toyohashi University of Technology , Researcher , 2004.04

所属学会・委員会
  • 米国電気電子学会(IEEE) 、 2008年04月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. , 2008.04 - , UNITED STATES

  • 電子情報通信学会 、 2000年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The institue of electronics, information and communication engineers (IEICE) , 2000.04 - , JAPAN

  • 電気学会 、 2011年10月 ~ 継続中 、 日本国

  • 計測自動制御学会 、 2005年03月 ~ 継続中 、 日本国

    The Society of Instrument and Control Engineers(SICE) , 2005.03 - , JAPAN

専門分野(科研費分類)
  • 知能情報学 (Intelligent informatics)

  • リハビリテーション科学・福祉工学 (Rehabilitation science/welfare engineering)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Analyzing Public Speaking for EAP Pedagogy: Factors of Better Performance 、 CAES International Conference Faces of English 2 (頁 53) 、 2017年06月 、 Miharu Fuyuno, Rinko Komiya, Takeshi Saitoh

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Two Features Combination with Gated Recurrent Unit for Visual Speech Recognition 、 IAPR International Conference on Machine Vision Applications (頁 300 ~ 303) 、 2017年05月 、 Masaya Iwasaki, Michiko Kubokawa, Takeshi Saitoh

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Concatenated frame image based CNN for visual speech recognition 、 Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 、 10117 LNCS巻 (頁 277 ~ 289) 、 2017年01月 、 Saitoh T., Zhou Z., Zhao G., Pietikäinen M.

    DOI:10.1007/978-3-319-54427-4_21、 国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Head Pose Estimation and Motion Analysis of Public Speaking Videos 、 International Journal of Software Innovation 、 5巻 1号 (頁 57 ~ 71) 、 2017年01月 、 Rinko Komiya, Takeshi Saitoh, Miharu Fuyuno, Yuko Yamashita, and Yoshitaka Nakajima

    DOI:10.4018/IJSI.2017010105、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 LBP-TOP based Facial Expression Recognition using Non Rectangular ROI 、 International Conference on Information and Communication Technology Robotics 、 2016年09月 、 Masaya Iwasaki, Takeshi Saitoh

    国際会議proceedings 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 回路シミュレータ「Qucs」による「電子回路」入門 、 工学社 、 2013年03月 、 齊藤剛史

    単行本(学術書) 、 単著

  • 英語 、 Computer Vision 、 IN-TECH 、 2008年11月 、 Indoor Mobile Robot Navigation by Center Following based on Monocular Vision

    Computer Vision , IN-TECH , 2008.11 ,

    単行本(学術書) 、 共著

総説・解説記事
  • 日本語 、 Kinectを用いた手話認識 、 日本設計工学会誌,Vol.51,No.11,pp.760-764,(2016.11). 齊藤 剛史.画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発,日 、 設計工学 、 51巻 11号 (頁 760 ~ 764) 、 2016年11月 、 齊藤 剛史

    学会誌 、 単著

  • 日本語 、 画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発 、 日刊工業出版 、 画像ラボ (頁 1 ~ 7) 、 2014年05月 、 齊藤剛史

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 書評 はじめてのパターン認識 、 計測自動制御学会 、 計測と制御 、 52巻 7号 (頁 658) 、 2013年07月 、 齊藤 剛史

    学会誌 、 単著

  • 日本語 、 「回路シミュレータQucsによる電子回路入門」(導入編) 、 工学社 、 月刊I/O 、 38巻 6号 (頁 60 ~ 61) 、 2013年06月 、 齊藤 剛史

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 読唇技術の現状と展望 、 電波技術協会 、 電波技術協会報FORN292号 (頁 32 ~ 35) 、 2013年05月 、 齊藤剛史

    商業雑誌 、 単著

全件表示 >>
学術関係受賞
  • Best Poster Award 、 2017年05月10日 、 日本国 、 国際学会・会議・シンポジウム等の賞 、 International Association of Pattern Recognition (IAPR) 、 Masaya Iwasaki, Michiko Kubokawa, Takeshi Saitoh

工業所有権
  • 特許 、 輪郭抽出システム 、 金子豊久,齊藤剛史

    出願番号( 特許出願2004-134642 、 2004年04月28日 ) 公開番号( 特許公開2005-316776 、 2005年11月10日 ) 登録番号( 特許4491714 、 2010年04月16日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 植物認識システム 、 金子豊久,齊藤剛史

    出願番号( 特許出願2000-403201 、 2000年12月28日 ) 公開番号( 特許公開2002-203242 、 2002年07月19日 ) 登録番号( 特許3918143 、 2007年02月23日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 文字列入力装置 、 齊藤 剛史,飯沼 眞紀

    出願番号( 2015-108708 、 2015年05月28日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 コミュニケーション支援システム 、 齊藤剛史

    出願番号( 特願2011-182594 、 2011年08月24日 ) 公開番号( 特開2013-045282 、 2013年03月04日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 ワードスポッティング読唇装置及び方法 、 齊藤剛史

    出願番号( 特願2010-201629 、 2010年09月09日 ) 公開番号( 特開2012-059017 、 2012年03月22日 ) 、 日本国 、

全件表示 >>
研究発表(2006.4~)
  • 第20回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年08月 、 広島国際会議場 、 再帰型ニューラルネットワークを用いたマルチモーダル手話認識 、 ポスター(一般)

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2017(DIA2017) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 くにびきメッセ 、 スピーチ指導のための映像情報を用いた話者の顔解析 、 口頭(一般)

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2017(DIA2017) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 くにびきメッセ 、 Convolutional Neural Networkを用いた頭部姿勢分類 、 ポスター(一般)

  • 火の国情報シンポジウム2017 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 CNNを用いた目画像からの瞳孔検出に関する研究 、 口頭(一般)

  • 火の国情報シンポジウム2017 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年03月 、 CNNを用いた特徴点付画像による魚種識別 、 口頭(一般)

全件表示 >>
講演
  • 第19回知能メカトロニクスワークショップ,

    招待講演 、 機械読唇技術とその応用 、 高野山「宝城院」(和歌山) 、 2014年07月

  • 電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,

    特別講演 、 機械読唇技術 、 東京理科大学(東京) 、 2014年05月

  • 第7回情報技術科学フォーラム イベント企画,

    特別講演 、 唇および口内領域形状に基づくトラジェクトリ特徴量による読唇 、 2008年09月

担当授業科目
  • 2016年度 、 超PBLプロジェクトS 、 2016年10月 ~ 2017年01月 、 兼担

  • 2016年度 、 プログラム設計 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 先端画像処理特論 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 基礎プロジェクト 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 プログラム設計 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

全件表示 >>
教育活動に関する受賞
  • 情報処理学会九州支部奨励賞 、 2016年09月 、 情報処理学会九州支部 、 窪川 美智子

  • Lectures of the Year 、 2016年06月 、 平成27年度九州工業大学情報工学部

  • 平成26年度連合大会講演奨励賞 、 2014年09月 、 電子情報通信学会九州支部 、 川田 健司

  • 平成24年度連合大会講演奨励賞 、 2012年09月 、 電子情報通信学会九州支部 、 岩田 聡大

その他教育活動及び特記事項
  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業 、 2015年06月

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業 、 2014年06月

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業 、 2013年06月

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業 、 2012年08月

学会・委員会等活動
  • なし 、 BMVC2017 workshop on Lip-Reading using deep learning methods (LRDLM2017), Scientific Programme Committee 、 2017年05月 ~ 2017年09月

  • 精密工学会 、 ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2017)プログラム委員 、 2017年04月 ~ 2017年12月

  • サイレント音声認識研究グループ 、 第4回サイレント音声認識ワークショップ、実行委員 、 2017年04月 ~ 2017年09月

  • 電気学会 、 第22回知能メカトロニクスワークショップ、論文委員 、 2017年02月 ~ 2017年08月

  • AVISA (the Auditory-VIsual Speech Association) 、 International Conference on Auditory-Visual Speech Processing (AVSP2017), Scientific Committee 、 2016年11月 ~ 2017年08月

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 飯塚市教育委員会・平成29年度ICT活用教育研修会 、 2017年08月

  • 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめき☆ときめきサイエンス) 、 2017年08月

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~ 、 2017年07月

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~ 、 2017年07月

  • Scratchで学ぼうプログラミング 、 2017年07月

全件表示 >>
受託研究受入実績
  • 注視点推定手法の高度化による新たな医療・福祉・介護支援機器の開発 、 2014年07月 ~ 2014年11月 、 一般受託研究

  • AS242Z03836H患者の意思伝達を支援する口の動きを利用したインターフェイスの開発 、 2012年11月 ~ 2013年10月 、 一般受託研究

  • 発話障害者のコミュニケーション支援のための携帯電話用読唇システムの開発(092108002) 、 2009年04月 ~ 2012年03月 、 一般受託研究

共同研究実施実績
  • 情報提供サービス充実の為の携帯写真で簡単便利な魚種検索機能の開発 、 2014年04月 ~ 2015年02月 、 国内共同研究

  • 画像処理技術を用いたスマートフォン向け魚種同定システムの開発 、 2013年05月 ~ 2014年02月 、 学内共同研究

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(B) 、 2017年04月 ~ 2019年03月 、 マルチモーダル議論マップの開発と議論内容理解に基づく評価支援

    17H01840

  • 基盤研究(B) 、 2016年04月 ~ 2020年03月 、 没入体感型英語スピーチ学習システムの開発と検証:視線方向と音声要素に基づく研究

    16H03079

  • 基盤研究(B) 、 2016年04月 ~ 2019年03月 、 マルチモーダルサイレント音声認識技術に関する研究

    研究課題番号:16H03211

  • 挑戦的萌芽研究 、 2015年04月 ~ 2018年03月 、 英語映像アーカイブのマルチモーダルコーパス化と分析:言語学と工学の融合

    研究課題番号:15K12416

  • 基盤研究(C) 、 2012年04月 ~ 2016年03月 、 視覚障害者に対する情報確保支援のためのソフトウェアの開発

    研究課題番号:24501062
    この研究の目的は,数学的な概念を扱う授業や講義において,視覚に障害を持つ学生に対して必要な情報を提供するために最適な環境を,開発予定のソフトウェアを用いて実現することである.視覚を前提としない情報の伝達を扱う場合,触覚や音声など一度に把握できる情報量が少ない伝達手段が中心となる.従って情報が形作るグラフ構造において,それぞれの情報の要素(節点)や要素間の関係(有向辺)の重要度を正確に把握することに大きな意味がある.そのために,健常者が視覚から何を得ているか,視覚障害者が触覚などからどのような情報を得る可能性があるかを解析し,より重要な情報をより分かりやすい形で伝達するための理論,ノウハウの構築を目指す.

全件表示 >>
その他競争的資金獲得実績
  • 日本損保保険協会交通事故医療に関する一般研究助成 、 2014年09月 ~ 2015年09月 、 眼鏡型カメラを用いたコミュニケーション支援機器の重度頭部・脊髄外傷患者への応用

    日本損保保険協会

  • 飯塚市大学支援補助金 、 2013年07月 ~ 2014年03月 、 地域連携型の携帯端末向け樹木検索システムの研究開発

    地方自治体

2017/08/29 更新