写真

氏名
大野 瀬津子 (オオノ セツコ)
OHNO Setsuko
所属専攻講座
教養教育院
言語系
職名
准教授
研究分野・キーワード
(日)ウィリアム・フォークナー、南部、アメリカ合衆国のナショナリティ
(英)William Faulkner, the South, and the Nationality of the U.S.
取得学位
  • 文学修士 (Master of Arts) 、 ヨーロッパ語系文学 (European language literature) 、 広島大学 (Hiroshima University) 、 論文 、 2000年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 教養教育院 言語系 、 准教授 、 2016年04月 ~ 継続中

    Department of foreign languages, Institute of Liberal Arts, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2016.04 -

  • 九州工業大学 大学院工学研究院 人間科学系 、 准教授 、 2010年04月 ~ 2016年03月

    Department of Human Sciences, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2010.04 - 2016.03

専門分野(科研費分類)
  • ヨーロッパ語系文学 (European language literature)

論文(2006.4~)
  • 日本語 、 共感するマシーセン――感傷小説研究における『アメリカン・ルネサンス』批判再考―― 、 中・四国アメリカ文学研究53号 (頁 1 ~ 11) 、 2017年06月 、 大野 瀬津子

    Sympathetic Matthiessen : Rethinking the Criticism of American Renaissance in the Studies of Sentimental Novels , Chu-Shikoku Studies in American Literature (53) (p.1 - 11) , 2017.06 , Ohno Setsuko

    学術雑誌 、 単著 、 ヨーロッパ語系文学

  • 日本語 、 キャノンとは何か?―ポール・ラウターとニーナ・ベイムによる1980年代の論文のレトリックを考察する―― 、 中・四国アメリカ研究8号 (頁 157 ~ 170) 、 2017年03月 、 大野 瀬津子

    What Really Is a Canon?: Examining the Rhetoric Used in the Papers by Paul Lauter and Nina Baym in the 1980s , The Chu-Shikoku American Studies (8) (p.157 - 170) , 2017.03 , Setsuko Ohno

    学術雑誌 、 単著 、 ヨーロッパ語系文学

  • 日本語 、 感傷小説研究史とジェンダー―Jane TompkinsのSensational Designsを中心にー 、 Kanazawa English Studies29号 (頁 1 ~ 14) 、 2016年03月 、 大野 瀬津子

    大学紀要 、 単著

  • 日本語 、 男らしいものとセンチメンタルなものの狭間で――The Plastic Age におけるサウンドスケープ―― 、 九州工業大学研究報告(人文・社会科学)62号 (頁 25 ~ 32) 、 2015年03月 、 Setsuko Ohno

    大学紀要 、 単著

  • 日本語 、 Absalom, Absalom!におけるQuentinとShreveの語り――1930年代の米加関係から読み解く―― 、 九州工業大学研究報告(人文・社会科学)62号 (頁 25 ~ 32) 、 2014年03月 、 大野 瀬津子

    The Dynamics of Quentin-Shreve's Narration in Absalom, Absalom! in the Context of US-Canadian Relations in the 1930s , Bulletin of the Kyushu Institute of Technology (62) (p.25 - 32) , 2014.03 , Setsuko Ohno

    大学紀要 、 単著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 アメリカ文学における階級―格差社会の本質を問う 、 英宝社 、 2009年03月 、 田中久男、早瀬博範他

    単行本(学術書) 、 儀礼化された近代/近代化された儀礼―「紅葉」と南部農本主義 、 共著

研究発表(2006.4~)
  • 文芸共和国の会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2016年02月 、 九州工業大学 、 《女子力》のアメリカ文学:感傷小説研究史とジェンダー 、 口頭(一般) 、 各国文学・文学論

  • 日本アメリカ文学会第52回全国大会 、 その他の会議 (査読有り) 、 2013年10月 、 明治学院大学 、 男らしいものとセンチメンタルなものの狭間で――The Plastic Age におけるサウンドスケープ 、 口頭(一般)

  • 中四国アメリカ文学会(シンポジアム) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2009年06月 、 Quentinと学生文化 、 口頭(一般)

  • 2008年度ASLE-Japan 全国大会  、 その他の会議 (査読有り) 、 2008年10月 、 日本 、 Boon Hogganbeckとハンター像の揺らぎ―“The Bear”再考― 、 口頭(一般)

  • 九州アメリカ文学会第53回大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2007年05月 、 Red Leaves”と階級 、 口頭(一般)

その他研究活動
  • 『バラク・オバマの言葉と文学――自伝が語る人種とアメリカ』(書評) 、2013年06月

    書評

  • 一九五〇年代に映画化されたフォークナー(翻訳) 、2013年04月

    その他

担当授業科目
  • 2016年度 、 英語DⅡ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 英語BⅡ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 英語BⅡ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 英語BⅡ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 英語CⅡ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

全件表示 >>

2017/08/23 更新