写真

氏名
井上 創造 (イノウエ ソウゾウ)
INOUE Sozo
所属専攻講座
大学院工学研究院
基礎科学研究系
職名
准教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
ホームページ
http://sozolab.jp/
研究分野・キーワード
(日)データベース, Web/ユビキタスコンピューティング, 人間行動センシング, センサ予防医療
(英)Database, Web/pervasive Computing, Human Activity Recognition, Sensor-based Preventive Healthcare Application
出身大学
  • 九州大学  工学部  情報工学科

    大学 、 1997年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 九州大学  システム情報科学研究科  情報工学専攻

    修士課程 、 1999年03月 、 修了 、 日本国

  • 九州大学  システム情報科学研究科  情報工学専攻

    博士課程 、 2002年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) (Doctor (Engineering)) 、 メディア情報学・データベース (Media informatics/data base) 、 九州大学 (Kyushu University) 、 課程 、 2002年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 基礎科学研究系 、 准教授 、 2009年05月 ~ 継続中

    Department of Basic Sciences, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2009.05 -

学外略歴
  • 九州大学附属図書館 、 助教授 、 2006年10月 ~ 2009年04月

  • 九州大学大学院システム情報科学研究院 、 助手 、 2002年04月 ~ 2006年09月

  • 九州大学システムLSI 研究センター 、 助手 、 2002年04月 ~ 2006年09月

  • 財団法人九州システム情報技術研究所 、 研究助手 、 1999年04月 ~ 2002年03月

所属学会・委員会
  • 電子情報通信学会 、 2009年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The institue of electronics, information and communication engineers (IEICE) , 2009.04 - , JAPAN

  • 情報処理学会 、 2009年04月 ~ 2010年03月 、 日本国

    Information Processing Society of Japan (IPSJ) , 2009.04 - 2010.03 , JAPAN

  • Association for Computing Machinery 、 1999年01月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

    Association for Computing Machinery , 1999.01 - , UNITED STATES

  • 日本データベース学会 、 1999年01月 ~ 継続中 、 日本国

    The Database Society of Japan , 1999.01 - , JAPAN

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers 、 1999年01月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers , 1999.01 - , UNITED STATES

専門分野(科研費分類)
  • メディア情報学・データベース (Media informatics/data base)

  • 計算機システム・ネットワーク (Computer system network)

専門分野(ReaD分類)
  • 計算機ソフトウエア一般

  • 情報工学一般

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Quality Requirements for Electronic Health Record Systems A Japanese-German Information Management Perspective 、 Journal of Methods of Information in Medicine 、 56巻 (頁 92 ~ 104) 、 2017年09月 、 A. Winter, K. Takabayashi, F. Jahn, Eizen Kimura, R. Engelbrecht, R. Haux, M. Honda, U. H. Hubner, 井上 創造, C. D. Kohl, T. Matsumoto, Y. Matsumura, K. Miyo, 中島 直樹, H. -U. Prokosch, M. Staemmler

    学術雑誌 、 共著 、 メディア情報学・データベース

    論文を表示する

  • 日本語 、 介護サービス向上に向けた介護事故事例テキストの分析(Text Analysis of Incident Reports for Preventing Accidents in Caregiving}) 、 情報処理学会論文誌 、 58巻 10号 、 2017年07月 、 峯崎 智裕, 松木 萌, 井上 創造

    学術雑誌 、 共著 、 メディア情報学・データベース

    論文を表示する

  • 日本語 、 携帯センサと近接センサを用いた看護師業務分析 、 情報処理学会論文誌 、 57巻 10号 (頁 2197 ~ 2209) 、 2017年01月 、 磯田 達也, 井上 創造, 花沢 明俊, 野原 康伸, 白水 麻子, 杉山 康彦, 平田 真理, 町田 京子, 中島 直樹

    学術雑誌 、 共著 、 メディア情報学・データベース

    論文を表示する

  • 英語 、 Recognizing and Understanding Nursing Activities for a Whole Day with a Big Dataset 、 Journal of Information Processing 、 24巻 6号 (頁 853 ~ 866) 、 2017年01月 、 井上 創造, 上田 修功, 野原 康伸, 中島 直樹

    学術雑誌 、 共著 、 メディア情報学・データベース

    論文を表示する

  • 英語 、 Supervised and Unsupervised Transfer Learning for Activity Recognition from Simple In-home Sensors 、 International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MobiQuitous) (Acceptance Rate: 30%) (頁 20 ~ 27) 、 2016年11月 、 井上 創造, 潘 新程

    国際会議proceedings 、 共著 、 メディア情報学・データベース

    論文を表示する

全件表示 >>
著書
  • 英語 、 Privacy and Personal Information Protection in RFID Systems 、 RFID Handbook: Application, Technology, Security and Privacy, Syed Ahson and Mohammad Ilyas (Ed.), CRC Press 、 2007年01月 、 野原 康伸, 馬場 謙介, 井上 創造, 安浦 寛人

    Privacy and Personal Information Protection in RFID Systems , RFID Handbook: Application, Technology, Security and Privacy, Syed Ahson and Mohammad Ilyas (Ed.), CRC Press , 2007.01 , Yasunobu Nohara, Kensuke Baba, Sozo Inoue, Hiroto Yasuura

    単行本(学術書) 、 共著 、 メディア情報学・データベース

  • 英語 、 Triage with RFID tags for Massive Incidents 、 RFID Handbook: Application, Technology, Security and Privacy, Syed Ahson and Mohammad Ilyas (Ed.), CRC Press 、 2007年01月 、 井上 創造, 園田 章人, 安浦 寛人

    Triage with RFID tags for Massive Incidents , RFID Handbook: Application, Technology, Security and Privacy, Syed Ahson and Mohammad Ilyas (Ed.), CRC Press , 2007.01 , Sozo Inoue, Akihito Sonoda, Hiroto Yasuura

    単行本(学術書) 、 共著 、 メディア情報学・データベース

総説・解説記事
  • 日本語 、 センサーと医療ビッグデータを活用した医療サービス分析システムの研究開発—業務分析から課題を抽出し改善につなげる 、 看護管理 、 看護管理 、 27巻 8号 (頁 658 ~ 667) 、 2017年06月 、 杉山 康彦, 白水 麻子, 中島 直樹, 井上 創造

    学会誌 、 共著 、 メディア情報学・データベース

  • 日本語 、 ウェアラブルセンサを用いたヒューマンセンシング 、 日本知能情報ファジィ学会誌 、 日本知能情報ファジィ学会誌 (頁 170 ~ 186) 、 2017年01月 、 井上 創造

    学会誌 、 単著 、 メディア情報学・データベース

  • 日本語 、 機械学習で怖い「次元の呪い」手法の選択は適材適所で 、 まるわかり! 人工知能 最前線:日経コンピュータ 、 まるわかり! 人工知能 最前線:日経コンピュータ (頁 98 ~ 193) 、 2016年10月 、 井上 創造

    商業雑誌 、 単著 、 メディア情報学・データベース

  • 日本語 、 機械学習をIoTに応用 人間の行動を認識・予測する 、 日経コンピュータ 、 日経コンピュータ (頁 78 ~ 81) 、 2016年09月 、 井上 創造

    商業雑誌 、 単著 、 メディア情報学・データベース

  • 日本語 、 機械学習をIoTに応用、人間の行動を認識・予測する 、 日経ITPro 、 日経ITPro 、 2016年08月 、 井上 創造

    商業雑誌 、 単著 、 メディア情報学・データベース

全件表示 >>
学術関係受賞
  • 優秀論文賞(介護施設紹介コールセンター記録のアンサンブル学習による傾向分析) 、 2017年06月28日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム 、 松木 萌, 井上 創造, 清田 陽司 (Moe Matsuki, Sozo Inoue, Yoji Kiyota) 、 メディア情報学・データベース

  • 優秀論文賞(近接センサと医療データを用いた看護師と患者の近未来予測と効率化について) 、 2016年08月04日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究報告 、 井上 創造, 磯田 達也, 白水 麻子, 杉山 康彦, 野原 康伸, 中島 直樹 (Sozo Inoue, Tatsuya Isoda, Mako Shirouzu, Yasuhiko Sugiyama, Yasunobu Nohara, Naoki Nakashima) 、 メディア情報学・データベース

  • 山下記念研究賞(家庭内行動センシングにおける機械学習データの家庭間転移について) 、 2016年07月29日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究報告 、 井上 創造, 潘 新程, 花沢 明俊 (Sozo Inoue, Xincheng Pan, Akitoshi Hanazawa) 、 メディア情報学・データベース

  • ヤングリサーチャー賞(照度と電力消費量データおよび単語ベクトルを用いた行動推定の試み) 、 2016年07月08日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム 、 松木 萌, 井上 創造 (Moe Matsuki, Sozo Inoue) 、 メディア情報学・データベース

  • 優秀賞 、 2016年01月20日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 HASCミーティング2015 、 松木 萌 (Moe Matsuki) 、 メディア情報学・データベース

全件表示 >>
工業所有権
  • 特許 、 物品管理システムと物品管理方法 、 井上 創造,安浦寛人,萩原大輔

    出願番号( 2003-270851 、 2003年01月01日 ) 、 日本国 、 なし

  • 特許 、 RFIDタグと監視基地局、タグ管理サーバ、ネームサーバ、物品探索装置、及びRFIDタグ監視システム 、 井上創造,安浦寛人

    出願番号( 2002-259496 、 2002年01月01日 ) 、 日本国 、 なし

  • 特許 、 物理的な鍵の性格を有し安全かつ柔軟な管理可能なソフトウェア鍵とその発行管理システム 、 納富貞嘉,馬場謙介,安浦寛人,石田浩二,井上 創造,浜崎陽一郎

    公開番号( 2006-79402 、 2006年01月01日 ) 、 日本国 、

  • 特許 、 他サービス環境でのIDデバイスのリンク不能性を守るID管理装置と方法 、 井上 創造,安浦寛人,浜崎陽一郎,納富貞嘉,野原康伸,馬場謙介

    公開番号( 2006-246269 、 2006年01月01日 ) 、 日本国 、

研究発表(2006.4~)
  • 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年07月 、 東京 、 シークエンス推定における説明変数の重要度の計算 、 口頭(一般) 、 メディア情報学・データベース

  • マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年06月 、 Sapporo 、 センサデータの可視化におけるユーザ着目点の機械学習 、 口頭(一般) 、 メディア情報学・データベース

  • マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年06月 、 Sapporo 、 複雑なセンサ情報理解におけるディープラーニング 、 口頭(一般) 、 メディア情報学・データベース

  • マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年06月 、 Sapporo 、 介護施設紹介コールセンター記録のアンサンブル学習による傾向分析 、 口頭(一般) 、 メディア情報学・データベース

  • 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究報告 、 その他の会議 (査読無し) 、 2017年05月 、 Kitakyushu 、 介護施設における介護スタッフの行動センシング実験 、 口頭(一般) 、 メディア情報学・データベース

全件表示 >>
講演
  • Kobe University Core-Team Workshop on Cyber-Physical System for Smarter World (CPS-SW 2016),

    招待講演 、 Towards Smarter Life Care Using Sensing and Big Data Analytics 、 Kobe 、 2016年03月

  • 電子情報通信学会総合大会企画セッション(都市と市民のためのCPS(サイバーフィジカルシステム)の姿を描く),

    招待講演 、 モバイル行動認識の研究動向 、 Fukuoka, Japan 、 2016年03月

  • 人間行動センシングミーティング2015,

    その他 、 介護サービス向上のためのテキスト分析とセンシング実験について 、 Tokyo, Japan 、 2016年01月

  • The 47th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (SSS),

    招待講演 、 Understanding Nursing Activities with Long-term Mobile Activity Recognition with Big Dataset 、 Hawaii, USA 、 2015年12月

  • IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing,

    基調講演 、 (Keynote) Pervasive Sensing and Healthcare Applications 、 Fukuoka 、 2015年09月

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 データ科学特論 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 情報PBL 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 情報PBL 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 アルゴリズムとデータ構造 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 情報処理基礎 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

全件表示 >>
学内委員会等
  • 工学府学務委員 、 2015年04月 ~ 2017年03月

  • 工学部PBL教育推進副室長 、 2012年04月 ~ 2013年03月

学会・委員会等活動
  • 情報処理学会 、 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会幹事 、 2015年04月 ~ 2016年03月

  • 情報処理学会 、 情報処理学会誌「ウェルネスのためのIT」特集ゲストエディタ 、 2015年02月

  • 情報処理学会 、 情報処理学会論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム(IV)」特集号幹事 、 2015年01月

  • その他 、 International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS)Local Arrangement Vice Chair 、 2014年12月

  • その他 、 Ubicomp Workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA)Organizer 、 2014年09月

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 切っても切れない情報社会-スマートフォンから予防医療まで- 、 2013年07月

  • 切っても切れない情報社会-スマートフォンから予防医療まで- 、 2012年10月

  • 切っても切れない情報社会-スマートフォンから予防医療まで- 、 2012年09月

  • 工大祭学科展 、 2011年11月

  • サイエンスイベント「世界一行ってみたい科学広場in宗像」デモ 、 2011年08月

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 挑戦的萌芽研究 、 2016年04月 ~ 2018年03月 、 eテストのためのクラウドソーシング技術

    研究課題番号:16K12559

  • 基盤研究(B) 、 2014年04月 ~ 2019年03月 、 物理層と意味層の2階層からなるセンサコンテキスト推定技術

    研究課題番号:26280041

  • 挑戦的萌芽研究 、 2013年04月 ~ 2016年03月 、 プロジェクト型学習における自動相互評価方式

    研究課題番号:25540164

  • 基盤研究(A) 、 2011年04月 ~ 継続中 、 人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築

    研究課題番号:23240014

  • 若手研究(A) 、 2009年04月 ~ 2013年03月 、 ユビキタス環境におけるコンテキスト適応トレーサビリティの研究

    研究課題番号:21680009

全件表示 >>
提供可能な資源
  • 行動加速度センサデータ

    スマートフォンにより人間の行動を計測した加速度データ.

    http://alkan.jp/

    3D accelerometer data of human activities with smartphones.

    http://alkan.jp/

企業・学生向けPR
  • 企業向けPR

    人の行動を,地球規模で / 未来の病気を、治す技術 、かっこいいシュートを決める、楽器を演奏する、畑に肥料をやる、花に水をやる、製品を試作する、お年寄りを介護する、医者が手術をする・・・ここに共通するのは、人の「行動」です。人の行動を自動的に把握できれば、ここにあげたような行動を、コンピュータが支援したり、新しいサービスをしたりできるようになります。スポーツや楽器のようなエンターテイメントだけではなく、農業や医療といった、人間にとってなくてはならない分野にも活用できるのです。私たちの研究室では、コンピュータサイエンスを活用し、iPhoneやアンドロイド携帯といった、スマートフォンの加速度センサ情報を、地球規模で簡単に集めるシステムを開発し、その情報から行動を自動的に認識し様々なサービスに活用する技術を研究しています。これまでに、250人の約4万件の行動という、世界に類を見ない規模のデータを集め、海外からも注目を集めている研究です。


    今、国民の医療費の増大が大変な問題となっています。数年後に労働力となる若者には、今より数万円多い税負担が毎年のしかかってくる恐れがあります。 これをさけるには、病気になる前に、しかも病院に行かずに、医療を受けるという、「予防医療」が重要となってきます。 私たちの研究室では、コンピュータサイエンスを活用し、患者の生体情報や行動情報、健康情報をモニターし、それを予防医療に生かすしくみを、東京大学や九州大学、そして病院や健康診断事業者といっしょに研究しています。 これまでに、300名近くの被験者に参加してもらい、得られた情報に高度なデータ解析を行い、適切なタイミングで患者にフィードバックすることによって、健康・運動の増進や、危険の早期発見といった効果が新聞でも紹介されました。 情報科学技術は、高度なデータ解析と活用技術によって、薬剤にも勝るともおとらない、「情報薬」になることができるのです。

  • 学生向けPR

    人の行動を,地球規模で/未来の病気を、治す技術 、高校生のみなさんへ

    本研究室は、主に総合システム工学科の学生を受け入れています。総合システム工学科では、PBL: Project-Based Learningを積極的に取り入れており,学生は自ら考え、生き生きと勉強しています。


    学部生のみなさんへ

    本研究室では、社会に役立つユビキタス情報システムを研究しています.
    1.行動力がある人、
    2.理論が好きな人、
    3.プログラミングが好きな人、
    大歓迎します。
    本研究室は,ProST:プロジェクトリーダー型博士技術者養成プログラムに参加しています。 大学院進学時にProSTおよびB課程を選択すれば、授業料などの優遇措置があります。

2017/09/04 更新