写真

氏名
鎌田 裕之 (カマダ ヒロユキ)
KAMADA Hiroyuki
所属専攻講座
大学院工学研究院
基礎科学研究系
職名
教授
研究室住所
(日)福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
(英)1-1 Sensui-cho,Tobata-ku, Kitakyushu,Fukuoka,804-8550 Japan
研究室電話
(日)093-884-3421
(英)+81-93-844-3421
研究室FAX
(日)093-884-3421
(英)+81-93-844-3421
ホームページ
http://www.mns.kyutech.ac.jp/~kamada/
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)少数多体系、ファデーフ3体散乱理論、3体力、相対論、ハイパー原子核
(英)Few-Body Systems, Faddeev theory, Nuclear Physics, Three-body foce, Relativity, Hyperon, Interaction
出身大学
  • 東京理科大学  理工学部  物理学科

    大学 、 1982年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 東京理科大学  理工学研究科  物理学

    博士課程 、 1988年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 理学博士 (Science Doctorate Ph. D) 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 (Elementary particle/atomic nucleus/cosmic ray/space physics) 、 東京理科大学 (Tokyo University of Science) 、 課程 、 1988年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 基礎科学研究系 、 教授 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Basic Sciences, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Professor, 2008.04 -

専門分野(科研費分類)
  • 原子核物理学(理論) (Theoretical Nuclear Physics)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Muon Capture on <sup>3</sup> H 、 Few-Body Systems 、 58巻 1号 、 2017年01月 、 Golak J., Skibiński R., Witała H., Topolnicki K., Kamada H., Nogga A., Marcucci L., Marcucci L.

    DOI:10.1007/s00601-016-1162-5、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Role of the Total Isospin 3/2 Component in Three-Nucleon Reactions 、 Few-Body Systems 、 57巻 12号 (頁 1213 ~ 1225) 、 2016年12月 、 Witała H., Golak J., Skibiński R., Topolnicki K., Epelbaum E., Hebeler K., Hebeler K., Kamada H., Krebs H., Meißner U., Meißner U., Nogga A.

    DOI:10.1007/s00601-016-1156-3、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Muon capture on H 3 、 Physical Review C 、 94巻 3号 、 2016年09月 、 Golak J., Skibiński R., Witała H., Topolnicki K., Kamada H., Nogga A., Marcucci L.

    DOI:10.1103/PhysRevC.94.034002、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Testing semilocal chiral two-nucleon interaction in selected electroweak processes 、 Physical Review C 、 93巻 6号 、 2016年06月 、 Skibiński R., Golak J., Topolnicki K., Witała H., Epelbaum E., Krebs H., Kamada H., Meißner U., Meißner U., Meißner U., Nogga A., Nogga A.

    DOI:10.1103/PhysRevC.93.064002、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Few-nucleon systems with state-of-the-art chiral nucleon-nucleon forces 、 Physical Review C 、 93巻 (頁 044002 ~ ) 、 2016年04月 、 S. Binder, A. Calci, E. Epelbaum, R. J. Furnstahl, J. Golak, K. Hebeler, H. Kamada, H. Krebs, J. Langhammer, S. Liebig, P. Maris, Ulf-G. Meißner, D. Minossi, A. Nogga, H. Potter, R. Roth, R. Skibiński, K. Topolnicki, J. P. Vary, and H. Witała

    DOI:10.1103/PhysRevC.93.044002、 学術雑誌 、 共著 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

全件表示 >>
総説・解説記事
  • 日本語 、 Erratum: Break-up channels in muon capture on He 3 (Physical Review C - Nuclear Physics (2014) 90 (024001)) 、 Physical Review C - Nuclear Physics 、 Physical Review C - Nuclear Physics 、 90巻 2号 、 2014年08月 、 Golak J., Skibiński R., Witała H., Topolnicki K., Elmeshneb A., Kamada H., Nogga A., Marcucci L.

    DOI:10.1103/PhysRevC.90.029904、 大学紀要 、 共著

研究発表(2006.4~)
  • 日本物理学会第71回年次大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2016年03月 、 6ΛΛHeのαΛΛ模型における部分波展開によらないFaddeev3体計算 II 、 口頭(招待・特別) 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

  • 日本物理学会2015年秋季大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年09月 、 6ΛΛHeのαΛΛ模型における部分波展開によらないFaddeev3体計算 、 口頭(招待・特別) 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

  • 日本物理学会第70回年次大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年03月 、 東京都新宿区 、 ハイパートリトンのΛnnモデル(T=1)のファデーエフ計算 、 口頭(招待・特別) 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

  • 日本物理学会第69回年次大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2014年03月 、 神奈川県平塚 、 質量の異なる粒子間に働くポテンシャルのローレンツブースト法 、 口頭(招待・特別) 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

  • 日本物理学会第68回年次大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2013年03月 、 広島県広島市 、 核子間ポテンシャルおけるクーロン変換の複素解析接続法 、 口頭(招待・特別) 、 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

全件表示 >>
担当授業科目
  • 2016年度 、 解析力学・剛体力学 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 解析力学・剛体力学 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 量子力学特論 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 物理学Ⅰ 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 物質科学Ⅱ 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 相対性理論と4次元時空間-アインシュタインが目指したもの- 、 2015年09月

  • 宇宙とは何か?時間とは何か?人間とは何か? 、 2015年08月

  • 宇宙とは何か?時間とは何か?人間とは何か? 、 2015年07月

  • 宇宙とは何か?時間とは何か?人間とは何か? 、 2013年08月

  • 相対性理論と4次元時空間-アインシュタインが目指したもの- 、 2013年01月

全件表示 >>

2017/07/12 更新