写真

氏名
高瀬 聡子 (タカセ サトコ)
TAKASE Satoko
所属専攻講座
大学院工学研究院
物質工学研究系
職名
助教
研究分野・キーワード
(日)電極触媒、イオンセンサ、燃料電池
(英)catalyst for electorochimical reaction,ion sensor, fuel cell
出身大学
  • 福岡教育大学  教育学部  特設課程理科化学科

    大学 、 1991年03月 、 卒業 、 日本国

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 物質工学研究系 、 助教 、 2008年04月 ~ 継続中

    Department of Materials Science, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2008.04 -

所属学会・委員会
  • 電気化学会 、 1992年04月 ~ 継続中 、 日本国

  • 日本化学会 、 1992年04月 ~ 継続中 、 日本国

  • 化学センサ研究会 、 2009年04月 ~ 継続中 、 日本国

専門分野(科研費分類)
  • 触媒・資源化学プロセス (Catalyst/resource chemical process)

論文(2006.4~)
  • 英語 、 A thick-film impedancemetric carbon monoxide sensor using layered perovskite-type cuprate 、 Sensors and Actuators, B: Chemical 、 249巻 (頁 667 ~ 672) 、 2017年10月 、 Shimizu Y., Yamamoto S., Takase S.

    DOI:10.1016/j.snb.2017.04.059、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Amperometric nitrite-ion sensor based on electrodeposited Sm-based perovskite-type oxide thick-film electrode 、 Sensors and Materials 、 28巻 7号 (頁 777 ~ 784) 、 2016年01月 、 Yatsunami T., Takase S., Shimizu Y.

    DOI:10.18494/SAM.2016.1237、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Processing of α-Phase Metal?Phthalocyanine Powders by Interface Neutralization Method 、 Chemistry Letters 、 45巻 9号 (頁 1066 ~ 1068) 、 2016年01月 、 Takase S., Aoto Y., Shimizu Y.

    DOI:10.1246/cl.160486、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Carbonate powder mixing calcination method for low-temperature synthesis of perovskite-type SmFeO3 fine powder 、 Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan 、 121巻 1410号 (頁 246 ~ 249) 、 2013年02月 、 Takase S., Suzuki S., Shimizu Y.

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Carbonate Powder Mixing Calcination Method for Low-Temperature Synthesis of Perovskite-Type Smfeo3 Fine Powder 、 Journal of the Ceramic Society of Japan 、 121巻 2号 (頁 246 ~ 249) 、 2013年02月 、 S. Takase, S. Suzuki, Y. Shimizu

    学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
総説・解説記事
  • 日本語 、 理工系女子を増やすには 、 公益社団法人 電気化学会 、 Electrochemistry 、 84巻 3号 (頁 188 ~ 189) 、 2016年01月 、 高瀬 聡子

    DOI:10.5796/electrochemistry.84.188、 学会誌 、 単著

研究発表(2006.4~)
  • 電気化学会第82回大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年03月 、 横浜国立大学 、 金属フタロシアニン触媒の構造制御と酸性溶液中での酸素還元特性 、 口頭(一般)

  • 電気化学会第82回大会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年03月 、 横浜国立大学 、 金属オキソ酸塩/固体電解質デバイスのインピーダンスガス検知特性 、 口頭(一般)

  • 第53回セラミックス基礎科学討論会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年01月 、 京都テルサ 、 固体電解質をトランスデューサとするインピーダンス検出型ガスセンサ 、 口頭(一般)

  • 第53回セラミックス基礎科学討論会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年01月 、 京都テルサ 、 マイクロ波加熱法による固体電解質の湿式合成 、 口頭(一般)

  • 第53回セラミックス基礎科学討論会 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年01月 、 京都テルサ 、 Cu系酸化物を用いたインピーダンス検出型センサのCOx応答特性 、 口頭(一般)

全件表示 >>
講演
  • トークシャワー・イン・九州2013,

    招待講演 、 電極触媒のための元素の配置 、 2013年09月

学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 子供の原子も可能性は無限大 、 2014年11月

  • 高校生燃料電池自動車プロジェクトにおける講師 、 2014年08月

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(C) 、 2014年04月 ~ 2017年03月 、 金属導電性を有する金属フタロシアニン積層体を実用的燃料電池のカソード触媒とする研究

    26410207

  • 基盤研究(C) 、 2008年04月 ~ 2011年03月 、 燃料電池のカソード過電圧低下効果が高いαフタロシアニン触媒層の構築と耐久性の向上

    研究課題番号:20550126

  • 若手研究(B) 、 2005年04月 ~ 2007年03月 、 燃料電池用電極触媒としての無置換フタロシアニン錯体α型積層膜の電気化学的作製

    17750183

2017/07/27 更新