写真

氏名
長谷川 一徳 (ハセガワ カズノリ)
HASEGAWA, Kazunori
所属専攻講座
大学院生命体工学研究科
生体機能応用工学専攻
職名
准教授
研究分野・キーワード
(日)パワーエレクトロニクス
(英)Power Electronics
出身大学
  • 東京都立大学  工学部  電気工学科

    大学 、 2007年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 東京工業大学  理工学研究科  電気電子工学専攻

    博士課程 、 2012年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) 、 電力工学・電気機器工学 (Electric power engineering/electric equipment engineering) 、 東京工業大学 (Tokyo Institute of Technology) 、 課程 、 2012年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻 、 准教授 、 2018年04月 ~ 継続中

    Department of Biological Functions Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2018.04 -

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻 、 助教 、 2014年04月 ~ 2018年03月

    Department of Biological Functions Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2014.04 - 2018.03

  • 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能専攻 、 助教 、 2013年04月 ~ 2014年03月

    Department of Biological Functions and Engineering, Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Assistant Professor, 2013.04 - 2014.03

学外略歴
  • 東京工業大学 、 特任助教 、 2012年06月 ~ 2013年03月

  • 東京工業大学 大学院理工学研究科電気電子工学専攻 、 最先端研究開発支援プログラム研究員 、 2012年04月 ~ 2012年05月

  • 東京工業大学 、 日本学術振興会特別研究員 、 2010年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会
  • IEEE 、 2009年05月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

  • 電気学会 、 2006年10月 ~ 継続中 、 日本国

    The Institute of Electrical Engineers of Japan , 2006.10 - , JAPAN

専門分野(科研費分類)
  • 電力工学・電気機器工学 (Electric power engineering/electric equipment engineering)

専門分野(ReaD分類)
  • 電力機器一般

論文(2006.4~)
  • 英語 、 DC-bias-voltage dependence of degradation of aluminum electrolytic capacitors 、 Microelectronics Reliability 、 83巻 (頁 115 ~ 118) 、 2018年04月 、 Hasegawa K., Tsuzaki K., Nishizawa S.

    DOI:10.1016/j.microrel.2018.02.012、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Clamp type built-in current sensor using PCB in high-voltage power modules 、 Microelectronics Reliability 、 76-77巻 (頁 517 ~ 521) 、 2017年09月 、 Tsukuda M., Nakashima K., Tabata S., Hasegawa K., Omura I.

    DOI:10.1016/j.microrel.2017.06.026、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Modelling of the shoot-through phenomenon introduced by the next generation IGBT in inverter applications 、 Microelectronics Reliability 、 76-77巻 (頁 465 ~ 469) 、 2017年09月 、 Abe S., Hasegawa K., Tsukuda M., Wada K., Omura I., Ninomiya T.

    DOI:10.1016/j.microrel.2017.06.087、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 A new output current measurement method with tiny PCB sensors capable of being embedded in an IGBT module 、 IEEE Transactions on Power Electronics 、 32巻 3号 (頁 1707 ~ 1712) 、 2017年03月 、 Hasegawa K., Takahara S., Tabata S., Tsukuda M., Omura I.

    DOI:10.1109/TPEL.2016.2606111、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 An evaluation circuit for DC-link capacitors used in a single- phase PWM inverter 、 PCIM Europe 2017 - International Exhibition and Conference for Power Electronics, Intelligent Motion, Renewable Energy and Energy Management 、 2017年01月 、 Hasegawa K., Omura I., Nishizawa S.

    DOI:10.1109/SBMicro.2017.7990846、 国際会議proceedings 、 共著

全件表示 >>
学術関係受賞
  • Prize Letter Award for 2017 in the IEEE Transactions on Power Electronics 、 2018年09月 、 アメリカ合衆国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 IEEE Power Electronics Society 、 Kazunori Hasegawa, Satoru Takahara, Shoji Tabata, Masanori Tsukuda, Ichiro Omura

2018/09/19 更新