写真

氏名
大竹 博 (オオタケ ヒロシ)
OHTAKE Hiroshi
所属専攻講座
大学院情報工学研究院
機械情報工学研究系
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)飛行ロボット,生体情報解析,知的制御
(英)Flying Robot, biological information analysis, intelligent control
出身大学
  • 長岡工業高等専門学校  電子制御工学科

    高等専門学校 、 1997年03月 、 卒業 、 日本国

  • 電気通信大学  電気通信学部  機械制御工学科

    大学 、 2000年03月 、 卒業 、 日本国

出身大学院
  • 電気通信大学  電気通信学研究科  機械制御工学専攻

    博士課程 、 2004年03月 、 中退 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) 、 未設定 (Machine mechanics/control) 、 電気通信大学 (The University of Electro-Communications) 、 論文 、 2006年03月

  • 修士(工学) 、 機械力学・制御 (Machine mechanics/control) 、 電気通信大学 (The University of Electro-Communications) 、 課程 、 2002年03月

  • 学士(工学) 、 機械力学・制御 (Machine mechanics/control) 、 電気通信大学 (The University of Electro-Communications) 、 課程 、 2000年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院情報工学研究院 機械情報工学研究系 、 准教授 、 2011年04月 ~ 継続中

    Department of Mechanical Information Science and Technology, Faculty of Computer Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2011.04 -

学外略歴
  • 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 、 助教 、 2010年04月 ~ 2011年03月

    University of Electro-Communications Faculty of Informatics and Engineering , Assistant Professor , 2010.04 - 2011.03

  • 電気通信大学 電気通信学部 、 助教 、 2007年04月 ~ 2010年03月

    University of Electro-Communications Faculty of Electro-Communications , Assistant Professor , 2007.04 - 2010.03

  • 電気通信大学 電気通信学部 、 助手 、 2004年04月 ~ 2007年03月

    University of Electro-Communications Faculty of Electro-Communications , Research Associate , 2004.04 - 2007.03

所属学会・委員会
  • 日本生体医工学会 、 2016年02月 ~ 継続中 、 日本国

    Japanese Society for Medical and Biological Engineering , 2016.02 - , JAPAN

  • 日本ロボット学会 、 2010年11月 ~ 継続中 、 日本国

    The Robotics Society of Japan , 2010.11 - , JAPAN

  • 日本機械学会 、 2004年04月 ~ 継続中 、 日本国

    The Japan Society of Mechanical Engineers , 2004.04 - , JAPAN

  • IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers) 、 2001年07月 ~ 継続中 、 アメリカ合衆国

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers , 2001.07 - , UNITED STATES

  • 計測自動制御学会 、 2001年05月 ~ 継続中 、 日本国

    The Society of Instrument and Control Engineers , 2001.05 - , JAPAN

全件表示 >>
専門分野(科研費分類)
  • 機械力学・制御 (Machine mechanics/control)

  • 知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

専門分野(ReaD分類)
  • ロボット工学

  • 制御工学一般

  • 人間機械系

研究経歴
  • 5つの翼運動と脚による短距離離着陸を実現する羽ばたき飛行ロボットの開発 、 2015年04月 ~ 2018年03月

    羽ばたき飛行ロボット,飛行制御 、 機械力学・制御 、 知能機械学・機械システム 、 ロボット工学 、 制御応用 、 個人研究 、 科学研究費補助金

  • グリーン溶媒抽出成分が脳波に及ぼす影響に関する先行研究 、 2015年01月 ~ 2015年03月

    脳波 、 知覚情報処理・知能ロボティクス 、 パターン認識 、 国内共同研究 、 共同研究

  • 鳥類の羽ばたき動作を模した飛行ロボットの実現とその自律飛行制御手法の開発 、 2010年04月 ~ 2013年03月

    羽ばたき飛行ロボット,飛行制御 、 機械力学・制御 、 知能機械学・機械システム 、 ロボット工学 、 制御応用 、 個人研究 、 科学研究費補助金

  • 動的可変構造モデリング手法の開発と生物型羽ばたき飛行ロボットの自律飛行制御の実現 、 2007年04月 ~ 2010年03月

    動的可変構造モデリング,羽ばたき飛行ロボット 、 機械力学・制御 、 知能機械学・機械システム 、 システム・制御理論 、 ロボット工学 、 個人研究 、 科学研究費補助金

  • 動的な構造変化を伴う機械システムのための制御法開発と生物型飛行ロボットへの適用 、 2005年04月 ~ 2007年03月

    動的可変構造モデル,生物型飛行ロボット 、 機械力学・制御 、 知能機械学・機械システム 、 システム・制御理論 、 ロボット工学 、 個人研究 、 科学研究費補助金

論文(2006.4~)
  • 英語 、 A Simple, Natural and Effective Framework of Nonlinear Systems Control and Its Application to Aerial Robots(共著) 、 Journal of Robotics and Mechatronics 、 26巻 2号 (頁 140 ~ 147) 、 2014年04月 、 Motoyasu Tanaka, Hiroshi Ohtake, Kazuo Tanaka

    学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Relaxed Stabilization Criterion for T-S Fuzzy Systems by Minimum-type Piecewise Lyapunov Function Based Switching Fuzzy Controller (共著) 、 IEEE Transactions on Fuzzy Systems 、 20巻 6号 (頁 1166 ~ 1173) 、 2012年12月 、 Ying-Jen Chen, Hirsohi Ohtake, Kazuo Tanaka, Wen-June Wang, Hua O. Wang

    DOI:10.1109/TFUZZ.2012.2196049、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Polynomial Fuzzy Observer Designs:A Sum of Squares Approach (共著) 、 IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics 、 42巻 5号 (頁 1330 ~ 1342) 、 2012年10月 、 Kazuo Tanaka, Hiroshi Ohtake, Toshiaki Seo, Motoyasu Tanaka, Hua O. Wang

    DOI:10.1109/TSMCB.2012.2190277、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Relaxed Stabilization Criterion for Discrete T-S Fuzzy Systems by Minimum Type Piecewise Non-quadratic Lyapunov Function (共著) 、 IET Control Theory & Applications 、 6巻 12号 (頁 1918 ~ 1925) 、 2012年08月 、 Ying-Jen Chen, Hirsohi Ohtake, Kazuo Tanaka, Wen-June Wang, Hua O. Wang

    DOI:10.1049/iet-cta.2010.0697、 学術雑誌 、 共著

  • 英語 、 Shared Nonlinear Control in Wireless-Based Remote Stabilization:A Theoretical Approach 、 IEEE/ASME Transactions on Mechatronics 、 17巻 3号 (頁 443 ~ 453) 、 2012年06月 、 Kazuo Tanaka, Motoyasu Tanaka, Hiroshi Ohtake, and Hua O. Wang

    DOI:10.1109/TMECH.2012.2187303、 学術雑誌 、 共著

全件表示 >>
著書
  • 日本語 、 制御の辞典 、 朝倉書店 、 2015年07月 、 野波健蔵ほか

    Encyclopedia of Control Systems , Asakura Publishing , 2015.07 , Kenzo Nonami et. al.

    事典・辞書 、 ファジィ制御 pp.257-261 、 共著

総説・解説記事
  • 日本語 、 「飛行ロボット研究の最前線Ⅰ」特集について 、 一般社団法人日本ロボット学会 、 日本ロボット学会誌 、 34巻 1号 (頁 1) 、 2016年01月 、 大竹 博,藤川太郎

    DOI:10.7210/jrsj.34.1、 学術雑誌 、 共著

  • 日本語 、 鳥型羽ばたき飛行系ロボティクス 、 一般社団法人日本ロボット学会 、 日本ロボット学会誌 、 34巻 1号 (頁 14 ~ 18) 、 2016年01月 、 大竹 博

    Robotics on Bird-like Flapping Flight , Robotics Society of Japan , Journal of the Robotics Society of Japan , vol.34 (1) (p.14 - 18) , 2016.01 , Hiroshi Ohtake

    DOI:10.7210/jrsj.34.14、 学術雑誌 、 単著

学術関係受賞
  • 日本知能情報ファジィ学会貢献賞 、 2015年09月03日 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 日本知能情報ファジィ学会 、 SCIS&ISIS2014実行委員会

  • Best Paper Selection 、 2005年06月 、 アメリカ合衆国 、 国際学会・会議・シンポジウム等の賞 、 IEEE 、 Hiroshi Ohtake

  • ベストプレゼンテーション賞 、 2004年10月 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 日本知能情報ファジィ学会 、 大竹 博

  • 日本知能情報ファジィ学会奨励賞 、 2003年09月 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 日本知能情報ファジィ学会 、 大竹 博

  • Outstanding Student Paper Award 、 2001年07月 、 カナダ 、 国際学会・会議・シンポジウム等の賞 、 North American Fuzzy Information Processing Society, International Fuzzy Systems Association 、 Hiroshi Ohtake

研究発表(2006.4~)
  • 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2015 (The 16th SICE System Integration Division Annual Conference) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年12月 、 名古屋国際会議場 、 マルチコプタを用いた環境地図の生成 (An Environmental Map Generation utilising Multicopter) 、 口頭(一般)

  • 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2015 (The 16th SICE System Integration Division Annual Conference) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年12月 、 名古屋国際会議場 、 ホバリング可能な羽ばたき飛行ロボットの開発 (A Study on Flapping Wing Robot for Wind-Hovering Flight) 、 口頭(一般)

  • ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年05月 、 みやこめっせ 、 サーボモータの揺動制御による羽ばたき飛行の実現 、 口頭(一般)

  • ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年05月 、 2A1-N06 ロボコンプロデュース2014 (2A1-N06 Robot Contest Produce Competition 2014) 、 ポスター(一般)

  • ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年05月 、 2A2-G10 サーボモータの揺動制御による羽ばたき飛行の実現 (2A2-G10 Development of a Flapping Wing Robot with Oscillating Controlled RC Servomotors) 、 ポスター(一般)

全件表示 >>
講演
  • 第79回e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会,

    その他 、 「若き研究者 “夢”を語る」 、 2011年11月

  • 電気通信大学 魅力ある大学院教育イニシアティブ 「メカノインフォマティクス・カデット教育」講演会,

    その他 、 ファジィモデルに基づく制御への誘い ~基礎から応用まで~ 、 電気通信大学 、 2011年09月

担当授業科目
  • 2016年度 、 知的ロボット制御特論 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 組込みシステム II 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 総合エンジニアリング II 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 総合エンジニアリング I 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 情報通信ネットワーク 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

全件表示 >>
学内委員会等
  • 教職課程運営委員会 、 2015年04月 ~ 継続中

  • 環境改善委員会 、 2015年04月 ~ 継続中

  • 学生募集委員 、 2011年04月 ~ 継続中

  • 情報工学部広報委員会委員 、 2011年04月 ~ 2015年03月

学会・委員会等活動
  • 日本生体医工学会 、 九州支部 事務担当幹事 、 2016年02月 ~ 2018年01月

  • 計測自動制御学会 、 九州支部 庶務幹事 、 2016年01月 ~ 2017年12月

  • 日本知能情報ファジィ学会 、 九州支部 庶務幹事 、 2013年04月 ~ 2015年03月

  • IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers) 、 Transactions on Fuzzy Systems, Associate Editor 、 2013年01月 ~ 継続中

  • 日本ロボット学会 、 会誌編集委員・論文査読小委員会委員 、 2012年04月 ~ 2014年03月

全件表示 >>
科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(C) 、 2015年04月 ~ 2018年03月 、 5つの翼運動と脚による短距離離着陸を実現する羽ばたき飛行ロボットの開発

    研究課題番号:15K05901
    鳥類が行っている5つの翼運動を実現し,羽ばたき飛行,滑空飛行,旋回,ホバリングなどの様々な飛行形態や短距離の離着陸を実現できる生物規範型飛行ロボットを開発する.

  • 若手研究(B) 、 2010年04月 ~ 2013年03月 、 鳥類の羽ばたき動作を模した飛行ロボットの実現とその自律飛行制御手法の開発

    研究課題番号:22760168
    羽ばたき飛行ロボットのシミュレーションモデルの構築,羽ばたき飛行ロボットの設計,飛行制御手法の開発を行い,羽ばたき飛行ロボットの自律飛行制御を実現する.

  • 若手研究(B) 、 2007年04月 ~ 2010年03月 、 動的可変構造モデリング手法の開発と生物型羽ばたき飛行ロボットの自律飛行制御の実現

    研究課題番号:19760151
    1.動的可変構造システムモデルを構築するためのシステム同定手法の開発
    2.本同定手法を用いた羽ばたき飛行ロボットの数式モデルの構築
    3.羽ばたき飛行ロボットの自律飛行制御の実現

  • 若手研究(B) 、 2005年04月 ~ 2007年03月 、 動的な構造変化を伴う機械システムのための制御法開発と生物飛行ロボットへの適用

    研究課題番号:17760179
    生物の動きの中には,関節が可動範囲に限界値を持つという特性を活かし,運動を行うものがある.本研究では,腕や脚,鳥の翼のように自由度が異なるシステムが切り替わりながら運動する動的な構造変化を伴う機械システムのための制御手法を開発する.

2017/10/16 更新