写真

氏名
穴井 謙 (アナイ ケン)
ANAI Ken
所属専攻講座
大学院工学研究院
建設社会工学研究系
職名
准教授
生年月日
1971年09月09日
メールアドレス
メールアドレス
研究分野・キーワード
(日)建築環境, 環境音響, 騒音制御, 照明環境
(英)Architectural environment, Environmental acoustics, Noise control, Lighting environment
出身大学院
  • 九州大学  人間・環境学研究科  空間システム専攻

    博士課程 、 2000年03月 、 修了 、 日本国

取得学位
  • 博士(工学) 、 建築環境・設備 (Architectural environment/equipment) 、 九州大学 (Kyushu University) 、 課程 、 2000年03月

学内職務経歴
  • 九州工業大学 大学院工学研究院 建設社会工学研究系 、 准教授 、 2011年04月 ~ 継続中

    Department of Civil and Architectural Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Associate Professor, 2011.04 -

学外略歴
  • 九州大学 人間環境学研究院 、 助教 、 2007年04月 ~ 2011年03月

    Kyushu University Faculty of Human Environmental Studies , Assistant Professor , 2007.04 - 2011.03

  • 九州大学 人間環境学研究院 、 助手 、 2000年04月 ~ 2007年03月

    Kyushu University Faculty of Human Environmental Studies , Research Associate , 2000.04 - 2007.03

  • 九州大学 人間環境学研究科 、 日本学術振興会特別研究員 、 1997年04月 ~ 2000年03月

    Kyushu University Faculty of Human Environmental Studies , Postdoctoral Fellowships of Japan Society for the Promotion of Science , 1997.04 - 2000.03

所属学会・委員会
  • 福岡県公害審査会 、 2013年01月 ~ 継続中 、 日本国

  • 北九州市 環境影響評価審査会 、 2008年07月 ~ 継続中 、 日本国

  • 佐賀県 環境影響評価審査会 、 2005年07月 ~ 継続中 、 日本国

  • 日本騒音制御工学会 、 2002年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Institute of Noise Control Engineering of Japan , 2002.04 - , JAPAN

  • 日本音響学会 、 2001年04月 ~ 継続中 、 日本国

    Acoustical Society of Japan , 2001.04 - , JAPAN

全件表示 >>
専門分野(科研費分類)
  • 建築環境・設備 (Architectural environment/equipment)

専門分野(ReaD分類)
  • 建築環境

研究経歴
  • 周産期医療空間における音環境の向上 、 2012年04月 ~ 継続中

    NICU 保育器 微細穿孔板 吸音材 、 建築環境・設備 、 建築環境 、 国内共同研究 、 科学研究費補助金

  • 都市における騒音曝露量の調査 、 2009年04月 ~ 2012年03月

    騒音曝露 睡眠影響 HIKE 、 建築環境・設備 、 環境工学一般 、 国内共同研究 、 国立機関公害防止等試験研究費

  • 建物開口部に対するアクティブ騒音制御技術の適用 、 2007年04月 ~ 継続中

    開口部 アクティブ騒音制御 遮音 ニューラルネットワーク 、 建築環境・設備 、 建築環境 、 国内共同研究 、 科学研究費補助金

  • 騒音評価のためのGIS活用 、 2002年04月 ~ 2009年03月

    騒音評価, 騒音マップ, GIS 、 建築環境・設備 、 環境衛生,公害対策一般 、 国内共同研究 、 国立機関公害防止等試験研究費

  • 建物群背後における騒音伝搬予測 、 2000年04月 ~ 継続中

    道路交通騒音, 騒音予測法, 模型実験 、 建築環境・設備 、 環境衛生,公害対策一般 、 国内共同研究 、 科学研究費補助金

論文(2006.4~)
  • 英語 、 Effectiveness characteristics of the neural network as active noise control algorithm against residential ventilation openings 、 Proceedings of the INTER-NOISE 2016 - 45th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering: Towards a Quieter Future (頁 3039 ~ 3045) 、 2016年08月 、 Anai K.

    国際会議proceedings 、 単著

  • 英語 、 Experimental study of control position determination for active noise control of residential slit openings 、 Proc. of Inter-noise 2015152号 (頁 1 ~ 9) 、 2015年08月 、 Ken Anai

    国際会議proceedings 、 単著

  • 英語 、 Experimental study of control position determination for active noise control of residential slit openings 、 INTER-NOISE 2015 - 44th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering 、 2015年01月 、 Anai K.

    国際会議proceedings 、 単著

  • 英語 、 Investigation of noise level in incubators used for perinatal care and improvement of the sound environment with micro perforated panels 、 Proceedings of Forum Acusticum 、 2014-January巻 、 2014年01月 、 Anai K., Mogami Y., Shinkoda H.

    国際会議proceedings 、 共著

  • 英語 、 Suitable control position against road traffic noise for active control technique in residential ventilation openings 、 42nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering 2013, INTER-NOISE 2013: Noise Control for Quality of Life 、 5巻 (頁 3510 ~ 3516) 、 2013年01月 、 Anai K., Suetsugu K., Tsubaki S.

    国際会議proceedings 、 共著

全件表示 >>
総説・解説記事
  • 日本語 、 アクティブ騒音制御技術の住宅換気口への適用 、 日本音響材料協会 、 音響技術164号 (頁 46 ~ 49) 、 2013年12月 、 穴井 謙

    商業雑誌 、 単著

  • 日本語 、 建物換気口からの透過音抑制のためのアクティブ制御手法 、 日本音響材料協会 、 音響技術149号 (頁 58 ~ 62) 、 2010年03月 、 穴井 謙

    商業雑誌 、 単著

学術関係受賞
  • 日本騒音制御工学会 守田栄論文賞 、 2010年05月 、 日本国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 日本騒音制御工学会 、 藤本一壽, 穴井 謙, 山口晃治

  • 日本音響学会 佐藤論文賞 、 2008年03月 、 日本国 、 学会誌・学術雑誌による顕彰 、 日本音響学会 、 藤本一壽, 穴井 謙

  • 日本騒音制御工学会 研究奨励賞 、 2005年05月 、 日本国 、 国内学会・会議・シンポジウム等の賞 、 日本騒音制御工学会 、 穴井 謙

工業所有権
  • 特許 、 遮音板の組み合わせ探索プログラム及びシステム 、 山本健次郎 (日鐵住金建材), 松本敏雄 (小林理学研究所), 穴井 謙

    出願番号( 225095 、 2016年12月28日 ) 、 日本国 、

研究発表(2006.4~)
  • 日本建築学会研究報告. 九州支部. 2, 環境系 、 その他の会議 (査読無し) 、 2016年03月 、 保育器の音環境改善のための微細穿孔板の適用 : 保育器内の児の泣き声の特徴把握と複数の微細穿孔板による吸音性能の広帯域化 (Application of Micro Perforated Panels for Improving the Sound Environment in Incubators : Investigation of Babies Crying Characteristics in incubators and Wider Bandwidth of Sound Absorption Efficiency with Some Kinds of Micro Perforated Panels) 、 口頭(一般)

  • 学術講演梗概集 (Summaries of technical papers of annual meeting) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年09月 、 40135 保育器の音環境改善のための微細穿子し板の適用 : 2種類の微細穿孔板による吸音性能の広帯域化(学校・保育施設の音環境,環境工学I,学術講演会・建築デザイン発表会) (40135 Application of Nlicro Perforated Panels for improving the sound environment in incubatorc : Wider bandwidth of sound absorption efficiency with two kinds of Micro Perforated Panels) 、 口頭(一般)

  • 学術講演梗概集 (Summaries of technical papers of annual meeting) 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年09月 、 40053 紙面とモニターの併用作業における机上面照度と作業効率の関係に関する実験的検討(知的生産環境(1),環境工学I,学術講演会・建築デザイン発表会) (40053 Experimental Investigation of Relationships between Illuminance on Desk Surfaces and Labour Effectiveness in Works with Combiration View of Paper and Screens) 、 口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告. 九州支部. AIJ Kyushu Chapter architectural research meeting. 日本建築学会九州支部 編 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年03月 、 都市の日常生活における騒音曝露レベルに関する事例調査 : 平成26年度の調査に基づく睡眠と就労に着目した検討 (Survey of Noise Exposure Level on Daily Lives in Urban Areas : Investigation Focused on the Exposure Levels in Sleeps and Employments Based on the Researches in FY 2014) 、 口頭(一般)

  • 日本建築学会研究報告. 九州支部. AIJ Kyushu Chapter architectural research meeting. 日本建築学会九州支部 編 、 その他の会議 (査読無し) 、 2015年03月 、 住宅換気口におけるアクティブ騒音制御技術の適用 : スリット状の開口部に対する制御効果の実験的検討 (Application of Active Noise Control Technique for Residential Ventilation Openings : Experimental Investigation of Controlling Effect against Slit Openings) 、 口頭(一般)

全件表示 >>
講演
  • KIT空間情報セミナー,

    招待講演 、 都市環境騒音の予測と評価のための空間情報の活用 、 金沢工業大学 、 2015年07月

担当授業科目
  • 2016年度 、 技術英語Ⅱ 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 建設環境工学 、 2016年10月 ~ 2017年03月 、 専任

  • 2016年度 、 建築環境特論 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2016年度 、 建設設備 、 2016年04月 ~ 2016年09月 、 専任

  • 2015年度 、 建設環境工学 、 2015年10月 ~ 2016年03月 、 専任

全件表示 >>
教育活動に関する受賞
  • 日本建築学会九州支部 支部長賞 、 2016年03月 、 日本建築学会 九州支部 、 山田 麻実

  • 日本建築学会九州支部 支部長賞 、 2013年03月 、 日本建築学会 九州支部 、 伊藤 直喜

  • 日本建築学会九州支部 支部長賞 、 2012年03月 、 日本建築学会 九州支部 、 伊藤 毅

学会・委員会等活動
  • 福岡県公害審査会 、 調停委員 、 2016年02月 ~ 継続中

  • 照明学会 、 九州支部 幹事 、 2014年05月 ~ 継続中

  • 日本音響学会 、 道路交通騒音調査研究委員会・委員 、 2014年04月 ~ 継続中

  • 日本音響学会 、 九州支部 評議員 、 2014年04月 ~ 2017年03月

  • 日本建築学会 、 環境工学委員会 音環境運営委員会 委員 、 2013年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>
学外の社会活動(高大・地域連携等)
  • 環境省面的評価支援システム改良検討委員会・委員 、 2016年11月 ~ 継続中

  • 健康で快適な空間をつくる建築[音]環境学 、 2015年10月

  • 照明学会「照明基礎講座(明視論)」 、 2015年07月

  • 照明学会「照明基礎講座(明視論)」 、 2012年07月

受託研究受入実績
  • 健康リスク解析のための騒音曝露の長期観測データ収集システムの開発と住民参加型データベース構築手法の研究 、 2011年05月 ~ 2012年02月 、 一般受託研究

奨学寄附金等
  • 稲盛財団研究助成 、 2009年05月

  • トステム建材産業振興財団助成 、 2008年12月

  • トステム建材産業振興財団助成 、 2006年12月

科研費(文科省・学振)獲得実績
  • 基盤研究(C) 、 2016年04月 ~ 2019年03月 、 透明な吸音材を用いた静穏性の高い保育器の提案

    課題番号 16K06611

  • 基盤研究(C) 、 2012年04月 ~ 2015年03月 、 スリット状建物開口部のための機械学習型アクティブ騒音制御手法

    研究課題番号:24560719

  • 若手研究(B) 、 2009年04月 ~ 2011年03月 、 建物換気口のためのニューラルネットワークを用いたアクティブ騒音制御手法

    21760451

  • 若手研究(B) 、 2004年04月 ~ 2006年03月 、 建物開口部用アクティブ騒音制御型ルーバーに関する研究

    16760476

  • 特別研究員奨励費 、 1997年04月 ~ 1999年03月 、 天窓を有する建築空間における昼光照明の計算手法に関する研究

    天窓を有する建築空間における昼光照明の計算手法に関する研究

2017/07/28 更新